1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. バンド
  4. RADWIMPS
  5. RADWIMPS 約1年ぶりのアジアツアー決定!新曲「カタルシスト」の 最新ビジュアル、トレーラーも公開中!

RADWIMPS 約1年ぶりのアジアツアー決定!新曲「カタルシスト」の 最新ビジュアル、トレーラーも公開中!



RADWIMPS 約1年ぶりのアジアツアーが決定

昨年アジア6都市を巡り、大きな反響があった RADWIMPS。
圧倒的なライブ・パフォーマンスを見たファンからの熱いラブコールを受け、前回よりも更に大きな規模で、約1年ぶりのアジアツアーが決定した。

今回は、前回の6都市に加え、初めて北京と成都でも公演を行う。アジア8都市、延べ4万人動員、バンド史上最大規模の海外ツアーとなる。

また6月6日(水)に発売になる RADWIMPS のニューシングル「カタルシスト」の最新バンド・ビジュアル、通常盤ジャケット、更にトレーラーも公開中。
美しく煌めく透明な滴が意味するものは、汗なのか雨なのか、それとも涙なのか。勝敗を競うためだけでなく、生きる喜びや他者との共鳴、夢、祈り、すべてを包みこむ「スポーツ」というテーマを表現した RADWIMPS の新曲に期待が集まっている。



同曲は、2018フジテレビ系サッカーテーマ曲に決定しており、6月に開幕を控えている「FIFA ワールドカップロシア大会」のフジテレビ系の関連番組で、使用される。

RADWIMPS(野田洋次郎)新曲に関するコメント

この度、フジテレビ系サッカー中継のテーマソングを作らせて頂きました。最初にお話を頂いた時、そういえば『スポーツ』というテーマで曲を作ったことがなかったなと漠然と思い、イメージを膨らませていきました。
学生時代ずっと音楽と部活をがむしゃらにやっていたものとして、スポーツの感動に日々刺激を受けるものとして絶対この曲を形にしたいと思い、是非やらせてくださいとお受けしました。
あらゆる境界線をとり払い人々を一つに繋いでくれるサッカーという競技と、この曲が一緒に皆さんのもとに届いたら幸せに思います。そして大会でどんな歴史的瞬間が生まれるのか、今から楽しみでなりません。

日本でのライブツアーも決定

日本では、6月にライブツアー「Road to Catharsis Tour 2018」が行われる。初上陸となる三重県での公演からスタートし、1ヶ月間という短期間の中でアリーナ会場6箇所11公演をめぐる濃密なツアーを予定している。

ニューシングル、ライブスケジュールの詳細はオフィシャルHPをチェック。

RADWIMPS 最新情報

イベント情報

<放送概要>
日本全国の18歳世代と奇跡のステージ
「RADWIMPS 18祭(フェス)」
NHK 総合テレビ
2018年10月8日(月)22:00~23:15
http://www.nhk.or.jp/tokyo2020/18fes/

NHKワールドプレミアム(日本語)
2018年10月8日(月)22:00~23:15 (※同日・同時刻スルー発信)

※「NHKワールド・プレミアム」…
在外邦人向けに日本語で放送されています。NHKのニュース・情報番組に加え、娯楽番組、こども向け番組、スポーツ、文化・芸能など、さまざまな番組を各国のケーブルテレビ局、衛星放送局、ホテルなどを通じて、また、北米では「テレビジャパン」、欧州では「JSTV」のサービスを通じて、NHKの番組が日本語でご覧になれます。北米ではNCMA社、欧州ではNCME社が現地の生活時間に合わせた編成をして放送しています。
http://nhkworldpremium.com

■プレミアムが視聴できる地域 …約100の国と地域
<アジア地域> インドネシア,韓国,カンボジア,シンガポール,タイ,台湾,中国,香港,
マカオ,フィリピン,ブルネイ,マレーシア,ミャンマー,モンゴル
<太平洋地域> オーストラリア,北マリアナ諸島連邦,グアム,フランス領ポリネシア,
ニュージーランド,パプアニューギニア,パラオ共和国,マーシャル諸島共和国
<中南米地域> アルゼンチン,アルバ,ウルグアイ,エクアドル,エルサルバドル,キュラソー,
グアテマラ,コスタリカ,コロンビア,チリ,ドミニカ共和国,
トリニダード・トバゴ,ニカラグア,パナマ,パラグアイ,ブラジル,
ベネズエラ,ペルー,ボリビア,ホンジュラス,メキシコ

<NHKの関連会社を通じてNHK番組を視聴できる地域>
【北米 地域】(テレビジャパン(NCMA社)のサービス地域)※www.tvjapan.net/
       ・・・アメリカ合衆国、カナダ
【欧州 地域】(JSTV(NCME社)のサービス地域)※www.jstv.co.uk/
       ・・・欧州全域、ロシアおよび中東・アフリカの一部

■「RADWIMPS 18祭(フェス)」 概要
1,000人の全国の18歳世代(17~19歳)と一緒に1回限りのステージを作り上げる「RADWIMPS18祭(フェス)の開催が決定。日本全国の18歳世代(17~19歳)からさまざまな熱い想いがこめられた動画を募集し、RADWIMPSがその想いを受けて楽曲を制作。共演当日、動画事前選考を通過した1,000人の18歳世代との1回限りの奇跡のステージを目指す。


リリース情報

RADWIMPS
Single「カタルシスト」発売中

<収録曲>
1. カタルシスト
2. HINOMARU
◇完全生産限定盤(CD+GOODS 特殊仕様) / UPCH-89375 / ¥2,593(+ tax)
  RADWIMPSオリジナルバンダナ(53×53センチ)附属
◇通常盤(CDのみ)/ UPCH-80489 / ¥1,000(+ tax)

■RADWIMPS 「カタルシスト」 iTunes、レコチョク他 主要サイトで配信中!
・iTunes: http://po.st/itCatharsistbd
・レコチョク: http://po.st/reCatharsistbd

■Blu-ray&DVD「君の名は。」オーケストラコンサート 
発売中
【CAST&STAFF】
出演:RADWIMPS
指揮:栗田博文
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
オーケストラアレンジ : 徳澤青弦
◆[Blu-ray]
価格:¥6,800+税 品番:TBR28176D 
収録時間:本編約121分+映像特典15分
仕様:カラー/16:9/2層(BD50G)/
MPEG4 AVC /2.0ch リニアPCM
◆[DVD]
価格:¥5,800+税 品番:TDV28177D 
収録時間:本編約121分+映像特典15分
仕様:カラー/16:9 LB/片面2層/
MPEG2/2.0ch ドルビーデジタル

【映像特典】
・「君の名は。」オーケストラコンサート ドキュメンタリー
リハーサルや本番前、アンコールの様子をおさめたドキュメンタリー
【封入特典】
・44ページブックレット
 ステージ写真に加え、栗田博文(指揮)インタビュー、
 徳澤青弦(オーケストラアレンジ)インタビューなど充実のライナーノーツ
・前前前世(movie edit.)フルスコア
※仕様・内容は予告なく変更になる場合があります。

RADWIMPS Profile

野田洋次郎(vo/gt/pf), 桑原 彰(gt), 武田祐介(ba)
(Dr 山口智史は持病の悪化のため活動休止中)
2001年結成、2005年メジャー・デビュー。ジャンルという既存の枠組みに捉われない音楽性、恋愛から死生観までを哲学的に、ロマンティックに描いた歌詞で、思春期を過ごす世代を中心に大きな支持を受けている。

2016年夏公開の、アニメ映画 『君の名は。』の音楽全般を担当し、バンドサウンドのみならず劇伴音楽でも多彩な作曲性を発揮し、非常に高い評価を得た(同作にて2017年日本アカデミー賞最優秀音楽賞を授賞)。同年11月23日、最新アルバム「人間開花 」をリリース。2017年は全国ツアー「Human Bloom Tour 2017」(全国12ヶ所21公演)を敢行、その後6月から7月にかけて6都市(シンガポール、ソウル、香港、バンコク、台北、上海)、8公演のアジアツアーに発展。大成功をおさめる。5月には最新シングル「サイハテアイニ /洗脳 」をリリース、夏 にはFUJI ROCK FESTIVALをはじめとする数々のフェスへ出演し、各地を沸かせた。

2018年2月に劇場公開されたチェン・カイコー監督作品・日中共同製作映画『空海−KU-KAI−美しき王妃の謎』の主題歌/日本公開版挿入歌を書き下ろし、注目を集めた。
2018年4月には東京フィルハーモニー交響楽団とともに出演した「君の名は。オーケストラコンサート」Blu-ray&DVD、6月には最新シングルとしてフジテレビ系サッカーテーマソング「カタルシスト」をリリース。同月に1ヶ月間という短期間の中でアリーナ会場6箇所11公演をめぐる濃密なツアーを敢行、7月からは約1年ぶりとなるアジアツアー『RADWIMPS Asia Live Tour 2018』がスタート。前回の6都市に加え、初めて北京と成都でも公演を行い、8都市で延べ4万人を動員する、バンド史上最大規模の海外ツアーとなった。

■RADWIMPS Official HP http://radwimps.jp/

THE BAWDIES キャリア初のベ…

Yasei Collective 全曲…