1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. 洋楽
  4. どぶろっく
  5. フィリップ・フィリップスの大ヒット曲を歌ネタ芸人どぶろっくが日本語カヴァー!!遂に歌手活動に専念か!?!

フィリップ・フィリップスの大ヒット曲を歌ネタ芸人どぶろっくが日本語カヴァー!!遂に歌手活動に専念か!?!



アメリカの超人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」のシーズン11で優勝の栄冠を手にし、8月19日にとうとう日本デビューを果たす24歳のシンガー・ソングライター、フィリップ・フィリップス。
掲載歌詞の一覧へJUMP

250万枚売り上げた彼の大ヒット曲「ゴーン・ゴーン・ゴーン〜ずっと君のために」を"もしかしてだけど~"のフレーズでお馴染みの歌ネタ芸人、どぶろっくが日本語カヴァーしたことが明らかとなった。

今回の日本語カヴァーは、レコード会社が彼の楽曲の持つ温もりをもっと日本のリスナーに伝えるべく、おなじみのネタでも歌とギターを熱く奏でて、最近ではギター芸人の一組としても大注目のどぶろっくに白羽の矢を立てたことから実現。

既にCDを何枚かリリースしている彼らが洋楽のカバーをする仕事は初だということもあり気合の入った現場となった。

どぶろっくの2人も今回のカヴァーには「歌い手としてのオファーは驚いた、芸人としてではなく。ドッキリかと思った。

今までやったことない仕事で、僕らを通して紹介するということを聞きプレッシャーはあったけど、もともと聞いた曲ではあったし耳に非常に残っていた。この仕事を受けて奥さんの前で歌っていたら家庭愛が深まったのは良いことだと思った。撮影もとても楽しめた。

動画を見た方は是非とも真似して歌ってみて欲しい。来日の際は、共演も狙いたい。日本での広報大使だから兄弟みたいなもんでしょ」とコメント。

一方、どぶろっくの日本語カヴァーに対して、フィリップ・フィリップスは以下のようにコメント「言葉の壁を取り去って、この歌の持っている“広い意味での愛”を伝えてくれてありがとう。今後、日本に行った時には是非とも生で聴かせてほしいね。」

なお、「ゴーン、ゴーン、ゴーン~ずっと君のために」は、毎週土曜の朝を賑やかに彩る人ABC・テレビ朝日系全国ネット『朝だ!生です旅サラダ』の7~9月のエンディングテーマに決定している。


【動画】
フィリップ・フィリップス「ゴーン・ゴーン・ゴーン〜ずっと君のために」日本語カヴァー by どぶろっく


●商品情報
・フィリップ・フィリップス『フィリップ・フィリップス/The World from the Side of the Moon』

2015年8月19日 日本デビュー(UICS-1298 ¥2,200+税)
01マン・オン・ザ・ムーン/ ManOnTheMoon

02ホーム/ Home ・・・1stシングル

03ゴーン、ゴーン、ゴーン~ずっと君のために/ Gone,Gone,Gone ・・・2ndシングル

04ホールド・オン/ HoldOn

05テル・ミー・ア・ストーリー/ TellMeAStory

06ゲット・アップ・ゲット・ダウン/ GetUpGetDown

07ホエア・ウィ・ケイム・フロム/ WhereWeCameFrom

08ドライヴ・ミー/ DriveMe

09ウォンテッド・イズ・ラヴ/ WantedIsLove

10キャント・ゴー・ロング/ Can'tGoWrong

11ア・フールズ・ダンス/ AFool'sDance

12ヘイゼル/ Hazel

13ウィッキド・ゲーム/ WickedGame

14レイジング・ファイア/ RagingFire

15シッケスト/ Thicket

16アンパック・ユア・ハート/ UnpackYourHeart

17サーチ・ライト/ Searchlight

18ホーム (ライヴ)/ Home (Live)

19ゴーン、ゴーン、ゴーン~(ライヴ)/ Gone,Gone,GoneLiveFromSaratogaSprings,NY

・デジタル好評配信中 
https://itunes.apple.com/jp/album/world-from-side-moon/id575739051

※シングル「ゴーン、ゴーン、ゴーン~ずっと君のために」が今だけプライスダウン中!
●フィリップ・フィリップス リンク
フィリップ・フィリップス 日本公式サイト
http://www.universal-music.co.jp/phillip-phillips

●フィリップ・フィリップス バイオグラフィ
アメリカ、ジョージア出身の24才。

全米デビュー作の『ザ・ワールド・フロム・ザ・サイド・オブ・ザ・ムーン』は、2012年にビルボードのアルバム・チャートでデビュー当時から4位にランクイン、100万枚以上を売り上げたプラチナム・アルバムとして記録された。

シングル曲でもある「ホーム」は500万枚以上を売り上げるスマッシュ・ヒットとなった。その後のツアーでは、マッチボックス・トゥエンティやジョン・メイヤーのツアーに参加したり、ブルース・スプリングスティーンと2013年のロック・イン・リオ・フェスティバルでステージを共有など、ライヴでの多くの経験をすることによって腕に磨きがかかっている。

彼が、初めてのバンドを組んだのは、10代の頃にジョージアのリーズバーグに済んでいた頃。2011年の夏、彼の家族と友達からのたくさんの励ましと共に、当時20歳だったフィリップスは仕事を休んで第11シーズンのアメリカン・アイドルのオーディションへ向かった。アメリカン・アイドルのステージで、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバルやウィルソン・ピケットのようなアーティストの曲を全力の大声で歌い切り、ステージを駆け抜けたフィリップスはそのシーズンの優勝者となった。勝利を得たのと同じ日に、シングル「ホーム」はそれまでのアメリカン・アイドルの優勝者の中で最も成功した戴冠ソングとなった。

それだけでなく、ビルボード・デジタル・ソングチャートにおいて278,000ダウンロードという、今までで最も高数字でデビューを飾ったのだ。また、セカンド・シングル「ゴーン、ゴーン、ゴーン」は、映画『アメイジング・スパイダーマン2』の劇中歌としても、印象的な場面で使用され、大きな反響を得ている。



【Gone,gone,gone】の歌詞ページ

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

戦後70年の節目に名曲「さとうきび畑」…

ケラケラ がんばるママへ「たまひよ」コ…