1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. バンド
  4. GLAY
  5. GLAY、5年ぶりの函館2days大型野外ライブを完遂!

GLAY、5年ぶりの函館2days大型野外ライブを完遂!



ステージは黒船 SEと共にGLAYのメンバーが函館に襲来!

8月25日(土)、26日(日)と平成最後の夏に台風をはねのけGLAYが地元函館で5年ぶり2度目となる大型野外ライブ「GLAY × HOKKAIDO 150 GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.3」を行った。
しかし5年前、1度目の函館野外ライブは雨の中で行われ、今回は2つの台風が開催日に向けて接近。初日25日、前日までに接近してた台風は温帯低気圧にかわり、朝は曇天で時々雨が降る不安定な天気であったが、ライブが始まればファンの願いが届いたのか雨は止み、ライブが進むにつれて雲から太陽が顔を覗かせた。


この日は代表曲『HOWEVER』など20曲以上を披露し、まさに「晴れ男TERU健在!」と言わんばかりに、雨を吹き飛ばしたライブとなった。
続いて2日目の26日、この日の函館の空は朝から快晴で、ゲートオープンの10時から多くのファンが緑の島に集合。
このライブは北海道命名150年の冠を背負っており、グッズ販売エリアではオフィシャルグッズ販売の他に様々な北海道・函館名物を楽しめるブースが設けられていた。
そしていよいよ最終日のライブがスタート。
この日はステージ後ろに函館山がくっきりと見え、5年前から待ち望んだ“景色”が広がっていた。
ステージは黒船を模しており、SEと共にGLAYのメンバーが函館に襲来!



1曲目は『君が見つめた海』、海に囲まれたステージでもあり、曲と共に心地良い潮風が会場に流れた。
ライブ序盤ではTERUが「もっと熱く行こうぜ!」と声をあげ、GLAYの代表的ロックナンバー『誘惑』を披露。イントロのドラムが鳴った瞬間、函館の気温を上げるが如く会場のボルテージは急上昇。まさに“野外ロックライブ ”と言えるステージである。



5年前の野外ライブでは初日が小雨、2日目は豪雨、今回のライブでは初日は台風での突風、ようやく晴れになった事を受けてTERUは「今日は晴れていて函館山もちゃんと見える。この景色がずっと皆んなに見せたかった!」と語り、5年前からの思いを果たした事に喜びを感じていた。そして「次の曲は1つの夢を叶えた曲です!」とTERUのMCから6thシングル『Yes,Summerdays』を披露!その後も懐かしいナンバーなどが披露された。



ライブを進めて行く中でステージからTAKUROは「よく函館に来てくれました。そしてGLAYとファンをいつも暖かく迎え入れてくれる函館のみなさん、本当にありがとう!たくさんの人に感謝を込めてこの曲を送ります」と 語り『BOLOVED』を会場に向けて送った。
ライブ終盤は『彼女の“Modern⋯”』、『XYZ』とライブ定番のロックナンバーを投下していき、本編最後にTERUは「GLAYは函館で育ち、数々の曲もここ函館で生まれました。ここでこんな大きなライブが出来る事を本当に幸せに思います!僕たちもいろいろな困難を経験して来たけど、この4人で夢を語りながら乗り越えて来ました。だからこそこれからも僕たちは夢を語って行く!だから夢を皆んなもあきらめないね」と熱い想いを込めて『SAY YOUR DREAM』を披露。この曲にはそんなGLAYの熱い想いが込められており、ここで聞くからこそ彼らの地元に対する“愛”を強く感じさせられた。



勿論熱気冷めやらぬ会場。アンコールの声が響く中メンバーが再登場し、大ヒットナンバーであり、そして函館の冬の寒さを思い制作された「Winter,again」からアンコールはスタート。続いてGLAYの新曲、TERU作詞・作曲のナンバーで、スペシャルオリンピックス日本のオフィシャル応援ソング「YOUR SONG」が披露された。みんなで歌える曲をイメージして作られたということで、曲中の「Oh Doo-bee Doo-wop 」という掛け合い一節を演奏前に練習。実際の演奏中に客席の大合唱が函館に響くこととなった。

そしてアンコール最後は彼らの原点と言えるインディーズアルバム「灰とダイヤモンド」に収録されている『BURST』を披露。ライブの最後もTERUは「来てくれた人、支えてくれた人、全ての人にありがとう!」と熱く感謝の気持ちを叫び、平成最後の夏、GLAYが台風を吹き飛ばして故郷函館を盛り上げた。



そしてライブが終わると突如モニターからサプライズ発表!
なんとモニターに突如ニューシングルを11月に発売することが告知された。
約1年ぶりとなるシングル、どんな新しい可能性を聞かせてくれるのか今から楽しみである。



そして5年振りとなるGLAY MOBILE会員限定ライブツアー『GLAY MOBILE Presents 10th Anniv. Tour「平成最後のGLAYとChristmas 2018 〜SURVIVAL〜」』開催と、TAKUROのソロプロジェクト “Journey without a map”の公演が12月にMotion Blue yokohamaで2Days計4ステージの開催が決定したことも発表。



まず「平成最後のGLAYとChristmas 2018 〜SURVIVAL〜」は、今年で10周年を迎えたGLAY MOBILE待望の会員限定ライブである。またSURVIVALというタイトルは1999年7月31日に千葉・幕張メッセ駐車場特設ステージにて開催されたGLAY EXP0’99 SURVIVALの由来となっておりライブの内容も過去に開催されたGLAY EXPOで披露された楽曲が中心となる予定だ。

また、GLAY MOBILE10周年を記念した写真集『GLAY MOBILE MAGAZINE COLLECTION—2012〜2018』の発売が決定など盛りだくさんの情報となっているので、是非公式HPにてチェックしてほしい。

次に “Journey without a map”はTAKUROによるジャジーなインストライブであり、去年同様ムード満点のMotion Blue yokohamaにて平成最後のクリスマスに開催される。
「お酒の進む音楽」として定評のあるTAKUROソロプロジェクト、是非こちらもチェック。

平成最後の夏を大成功させたGLAYだが、彼らは来年のデビュー25周年に向け、2018年も全力疾走して行く。

Photo by 岡田裕介/田辺佳子

GLAY(グレイ)は、TAKURO(Gt)、TERU(Vo)、HISASHI(Gt)、JIRO(Ba)の4人からなるヴィジュアル系ロックバンドである。旧メンバーとしてドラムスが数名関わっており、1990年から1992年まではSHINGO(Baも)、1992年はISO、1992年から1994年まではAKIRA、1994年から1995年まではNOBUMASAがとも···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

東方神起、4年ぶりにa-nationの…

TUBE 通算30回目となる記念すべき…