1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 加藤登紀子
  5. フランシス・レイの訃報に際して加藤登紀子が追悼メッセージ

フランシス・レイの訃報に際して加藤登紀子が追悼メッセージ



とってもユニークなシャンソン

映画『男と女』『ある愛の詩』などの主題曲で知られるフランスの作曲家、フランシス・レイの訃報が先頃伝えられたが、レイと親交のあった歌手の加藤登紀子が自身のブログ上で追悼メッセージを寄せた。

【歌詞をみる】名曲・ある愛の詩


加藤登紀子追悼メッセージ


また巨星の訃報です。フランシス・レイさんが亡くなりました。本当にショックです。一昨年の2月にパリでお会いした時、とってもお元気で、作曲活動も続けていらっしゃると聞いていたので…。(中略)私は1989年から90年にかけてフランスでレコーディングした「シパンゴ」というアルバムの中に、3曲書き下ろしの曲をフランシス・レイさんからいただきました。

アルバムタイトル曲の「シパンゴ」と「ショソン・ドゥ・スワ(絹の靴)」、そして壮大な曲想の「オペラ」。
一曲ずつ全く違うアプローチで、3曲とも、とってもユニークなシャンソンでした。
(加藤登紀子公式ブログ「Tokiko Now」より)


【ニュースをみる】加藤登紀子半生を歌で綴る

加藤登紀子は11月16日より毎年恒例の「ほろ酔いコンサートツアー」を全国9都市で10公演行う。フランシス・レイ提供曲の「オペラ」も披露される予定。




加藤登紀子プロフィール 1943年、満州・ハルビン生まれ。1965年、東京大学在学中に第2回日本アマチュアシャンソンコンクールに優勝し歌手デビュー。1966年「赤い風船」で日本レコード大賞新人賞。「ひとり寝の子守唄」「知床旅情」「百万本のバラ」等多くのヒット曲と80枚以上のアルバムを発表。映···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

眩暈SIREN、最新EPよりリードトラ…

EXILE AKIRAオリジナルプロジ…