1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. 洋楽
  4. Phillip Phillips
  5. フィリップ・フィリップスが初来日記念ライブを敢行!「ニホン、サイコウ!」 日本語カヴァーした”どぶろっく”がサプライズでお祝い‼

フィリップ・フィリップスが初来日記念ライブを敢行!「ニホン、サイコウ!」 日本語カヴァーした”どぶろっく”がサプライズでお祝い‼



アメリカの人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」のシーズン11で優勝の栄冠を手にし、全米シングル、アルバム、いずれのチャートでもトップ10入り果たして、一躍トップ・アーティストの仲間入りを果たしたフィリップ・フィリップス。
掲載歌詞の一覧へJUMP

そんな彼が、8月19日の日本デビューに先駆けて、プロモーションのために初来日。7月27日(月)に原宿アストロホールにて日本のファンの前で初となるショーケースライブを行った。

日本について知っていたのは“お寿司だけ”だった、というフィリップ・フィリップスは、初めての日本に「地元より暑くないから暑さは全然大丈夫だよ!」と好印象だそうで、「日本食は美味しいよね。」とすでに日本を満喫している様子。

250万枚売り上げた彼の大ヒット曲「ゴーン、ゴーン、ゴーン〜ずっと君のために」や「アメリカン・アイドル」で優勝を勝ち取った際に披露した楽曲「ホーム」など計5曲を披露し、観客を沸かせた。

「日本のオーディエンスはとっても最高だね。今回はアコースティックライブだったんだけど、次はフルセットのライブをみせたいよ」と次の来日を示唆する場面も。

さらに、ショーケースには「ゴーン、ゴーン、ゴーン〜ずっと君のために」を日本語カヴァーした歌ネタ芸人、どぶろっくがサプライズでお祝いに駆けつけ、初来日を祝福した。
フィリップ・フィリップスは、7月28日には日本テレビ系「スッキリ!!」に生出演し「ゴーン、ゴーン、ゴーン〜ずっと君のために」を日本初披露する予定。(※生放送のため、予告なしに急遽番組内容を変更する場合がございます。)




●商品情報
・フィリップ・フィリップス『フィリップ・フィリップス/The World from the Side of the Moon』

2015年8月19日 日本デビュー(UICS-1298 ¥2,200+税)

01.マン・オン・ザ・ムーン/ ManOnTheMoon

02.ホーム/ Home ・・・1stシングル

03.ゴーン、ゴーン、ゴーン~ずっと君のために/ Gone,Gone,Gone ・・・2ndシングル

04.ホールド・オン/ HoldOn

05.テル・ミー・ア・ストーリー/ TellMeAStory

06.ゲット・アップ・ゲット・ダウン/ GetUpGetDown

07.ホエア・ウィ・ケイム・フロム/ WhereWeCameFrom

08.ドライヴ・ミー/ DriveMe

09.ウォンテッド・イズ・ラヴ/ WantedIsLove

10.キャント・ゴー・ロング/ Can'tGoWrong

11.ア・フールズ・ダンス/ AFool'sDance

12.ヘイゼル/ Hazel

13.ウィキッド・ゲーム/ WickedGame

14.レイジング・ファイア/ RagingFire

15.シケット/ Thicket

16.アンパック・ユア・ハート/ UnpackYourHeart

17.サーチ・ライト/ Searchlight

18.ホーム (ライヴ)/ Home (Live)

19.ゴーン、ゴーン、ゴーン~(ライヴ)/ Gone,Gone,GoneLiveFromSaratogaSprings,NY
・デジタル好評配信
https://itunes.apple.com/jp/album/world-from-side-moon/id575739051?app=itunes&at=10I3LI

●リンク
フィリップ・フィリップス 日本公式サイト http://www.universal-music.co.jp/phillip-phillips

「ゴーン、ゴーン、ゴーン〜ずっと君のために」ミュージック・ビデオ


「ゴーン、ゴーン、ゴーン〜ずっと君のために」日本語カヴァー by どぶろっく


●フィリップ・フィリップス バイオグラフィ

アメリカ、ジョージア出身の24才。

全米デビュー・アルバムは、2012年にビルボードのアルバム・チャートでデビュー当時から4位にランクイン、100万枚以上を売り上げたプラチナム・アルバムとして記録された。シングル曲でもある「ホーム」は500万枚以上を売り上げるスマッシュ・ヒットとなった。その後のツアーでは、マッチボックス・トゥエンティやジョン・メイヤーのツアーに参加したり、ブルース・スプリングスティーンと2013年のロック・イン・リオ・フェスティバルでステージを共有など、ライヴでの多くの経験をすることによって腕に磨きがかかっている。

彼が、初めてのバンドを組んだのは、10代の頃にジョージアのリーズバーグに済んでいた頃。2011年の夏、彼の家族と友達からのたくさんの励ましと共に、当時20歳だったフィリップスは仕事を休んで第11シーズンのアメリカン・アイドルのオーディションへ向かった。アメリカン・アイドルのステージで、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバルやウィルソン・ピケットのようなアーティストの曲を全力の大声で歌い切り、ステージを駆け抜けたフィリップスはそのシーズンの優勝者となった。勝利を得たのと同じ日に、シングル「ホーム」はそれまでのアメリカン・アイドルの優勝者の中で最も成功した戴冠ソングとなった。それだけでなく、ビルボード・デジタル・ソングチャートにおいて278,000ダウンロードという、今までの最高数字でデビューを飾ったのだ。また、セカンド・シングル「ゴーン、ゴーン、ゴーン~ずっと君のために」は、映画『アメイジング・スパイダーマン2』の劇中歌としても、印象的な場面で使用され、大きな反響を得ている。

【Gone,gone,gone】の歌詞ページ

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

筋肉少女帯、アニメタイアップシングルに…

aiko、ツアー東京公演にて8月30日…