1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. アニメ・声優
  4. アニメ・声優&特集
  5. 恋愛は戦!『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』とは?

【特集】恋愛は戦!『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』とは?

2019年1月12日にMBS、TOKYO MXで放送開始したアニメ『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』。 原作はシリーズ累計発行部数400万部を記録した人気ラブコメ! 今回はその面白さを物語、主題歌などを通してご紹介します!

公開日:2019年2月14日 更新日:2019年2月14日


この記事の目次 []
  1. ・かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜とは?
  2. ・1話は必見!あらすじは?
  3. ・エリートなのにぬけている?個性的なキャラクター達
  4. ・恋は戦!クオリティの高いオープニングテーマ!
  5. ・かぐやの本心に迫るエンディングテーマ!
  6. ・大反響!可愛いチカダンス!!
  7. ・まとめ
  8. ・最新情報はこちらから
画像引用元 (Amazon)

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜とは?


画像引用元 (Amazon)

人を好きになり、告白し、結ばれる。
それはとても素晴らしい事だと誰もがいう。

だが、それは間違いである!
恋人達の間にも明確な力が存在する!

搾取する側とされる側
尽くす側と尽くされる側
勝者と敗者!!

もし貴殿が気高く生きようというのなら
決して敗者になってはならない!

恋愛は戦である!!


というナレーションで始まるこのアニメ。

原作者の赤坂アカ先生は連載当初から『かぐや様は告らせたい』のアニメ化を目指していたそうです。

赤坂先生は、心の中ではお互いを意識しているのに“相手から告白してほしい"という気持ちが両者にある展開を考案。

駆け引きを吹き出しではなく、ナレーションや心の声を多用して面白く描いています!

1話は必見!あらすじは?

この物語の舞台は、貴族、財閥、政治家の家系など超エリートが集う名門校、私立秀知院学園。

生徒会副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行は
全校生徒の憧れ。

ふたりはお互いに惹かれ合っていますが、お互いプライドが高く告白できません。

そうこうしているうちに半年経過!

やがてふたりは告白を相手に主導権を奪われることだと思うようになり、「いかにして相手に告白させるか」ばかりを考えるようになりました。

映画に誘われたいかぐやは、友人で書記の藤原千花の家の郵便受けに恋愛映画のペアチケットを入れ、懸賞に当たったと錯覚させ、千花にかぐやと白銀で見に行くように仕向けます。

どケチな白銀は映画のチケットに興味津々。

「だったら四宮と俺たちで...」と、白銀が言い掛けた瞬間、その映画を見た男女は、必ず結ばれるというジンクスがあることを千花が教えます。

かぐやをその恋愛映画に誘うことは告白同然!

恋愛関係において“告白した方が負け"が絶対のルールだと思うふたりは思考を読み合い、相手からの誘いを待ちます!

白銀はさりげなく、かぐやの意見を求める戦法!

そこをかぐやは情熱的に誘ってほしいと純真な演技で攻めて優位に!

しかし、千花は他にも映画のチケットがあると言い出し、ふたりの頭は大混乱!

頭を動かす糖分が欲しいふたり!

生徒会室にある唯一の糖分、お饅頭を賭けてバトルが!
しかし、千花がパクリ!

相手から告白されたいふたりが必死に策を講じる様やそこに割って入る千花が面白く盛り上げる、つい笑みがこぼれるラブコメアニメです!

エリートなのにぬけている?個性的なキャラクター達

この物語の面白さを彩るのは、エリートなのにどこか親しめるキャラクター達!

主人公の四宮かぐやは才色兼備な総資産200兆円を誇る巨大財閥のお嬢様。

しかし、白銀と千花が楽しく話していると心の中でやきもち。

白銀が作ってきたお弁当のたこさんウィンナーが食べたくても、プライドが邪魔して言えない恥ずかしがり屋な一面もあります。

生徒会長の白銀御幸は、学業成績で生徒会長に上り詰めた努力家。

弁当は自分で作ったり自転車通学したりとお金を節約する一面も。

恋愛経験ゼロでも、生徒会長のプライドのために恋愛相談に応じる自信家です。


その2人を翻弄する、生徒会書記の藤原千花はかぐやの親友で天然キャラ。

白銀を異性として意識せず、お弁当のたこさんウィンナーをもらったり、お弁当を作ってもらったり、かぐやにできないことを平然としてしまいます。
1話でもふたりの頭脳戦に介入して、思考をかき乱すなど物語の盛り上げ役です!

そして、かぐやの世話係の早坂愛は、かぐやの恋愛感情を見抜いており、御幸に電話をかけるなどかぐやを後押しします!


キャストには、
四宮かぐや役に『天使の3P』の金城そら役の古賀葵、
白銀御幸役に『ワンパンマン』のサイタマ役の古川慎、
藤原千花役に『スター☆トゥインクルプリキュア』のキュアミルキー/羽衣ララ役として出演中の小原好美。
早坂愛役に、『ゆるキャン△』の各務原なでしこ役の花守ゆみり

と、若手実力派声優揃い!

特に上品で時に冷淡に笑うかぐや様を演じる古賀葵の演技にゾクッときます!
小原好美も『魔法陣グルグル(3作目)』のククリなど可愛い系の天然キャラが板についていて、千花にぴったりです。

恋は戦!クオリティの高いオープニングテーマ!

オープニングテーマ『ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花』を歌うのは、『夢で逢えたら』が有名なラブソング界の重鎮、鈴木雅之!


画像引用元 (Amazon)

作詞・作曲はいきものがかりのリーダーとして数々の楽曲を生み出した水野良樹です。

鈴木雅之をアニメソングで起用するのは今回が初めて!

彼のムード感漂う丁寧な歌い方から気品が漂います。

テレビサイズのオープニング映像で体感してみて下さい。




鈴木雅之の深みのある歌声と作品とリンクした歌詞、そして2019年1月に歌手デビューした、女優の伊原六花のコーラスが絶妙にマッチした楽曲です。

では、歌詞をご紹介します!


OH LOVE ME
MISTER OH MISTER
夢じゃないなら聴かせて
ねえ MISTER もうMISTER
焦らされるほど切ない

想いだけが暴れだす
その視線に負けそうになる
ふたりだけの 危ないGAME

Love is War
Love is War
Love is War


歌詞の“思いだけが暴れだす"という表現も、お互いにキュンとしていても、クールな顔や冷ややかな笑顔で平常心を保とうとする2人にぴったりです。

“その視線に負けそうになる"というのも、かぐやの時に見せる頬を赤らめる表情にときめいてしまう御幸を表しているようです!

“Love is War"の繰り返しも歌いやすく印象に残ります。

お互いの思考を読み、いかに相手に好きと言わせるかを考え続けている2人を表現した歌詞だと思います。

かぐやの本心に迫るエンディングテーマ!

エンディングテーマ、『センチメンタルクライシス』を歌うのはhalca。



halcaさんは2018年に『オタクに恋は難しい』のエンディングテーマ、『キミの隣』でデビュー。

他に『逆転裁判 その“真実"、異議あり!』のエンディングテーマ『スターティングブルー』も歌い、恋心を丁寧に描いた歌詞が持ち味のアーティストです。

テレビサイズの動画はこちら!

かぐやが夢見た御幸とロマンティックなシチュエーションに注目です。



映像の天使の羽が生えたかぐやが飛行機に乗った御幸と幸せそうに手を取るシーンは、お互い素直になってロマンティックな恋がしたいかぐやの本心が表現されています。

歌詞にある
「後にはもう引けないから
仕掛けてあげる」


からは、カップルの主導権をめぐる両者譲れないプライドの戦いに正々堂々と立ち向かうかぐやの意志を感じます。

そして、
さあ、かかってみせて 戸惑ってみせて
そして最後に伝えてみせて 「好きだ」って

からは、事前に御幸の行動をリサーチし根回しする、冷淡な笑みや清楚な笑みなど表情で惑わすなど徹底的に御幸を告白させようと仕掛けるかぐやらしい印象を感じさせます。

爽やかなメロディーと恋するかぐやの気持ちを丁寧に描いた楽曲です!


大反響!可愛いチカダンス!!

アニメ第3話では、藤原千花が可愛く歌って踊るキャラクターソング「チカっとチカ千花っ♡」がエンディングテーマとして使われています。

かぐやと白銀が一緒に自転車に乗って学校へ向かうロマンティックなラストの後、突如流れたこの曲に驚く人も!

また、アニプレックス公式YouTubeで歌詞テロップ入り動画も大好評配信中です!





ベースの効いた音楽に、
"しゅきしゅきしょきしょき ちゅきちゅきどきどき"
“IQ3でもまかせなさーい"
など遊び心満載歌詞と、原画枚数845枚で作られた丁寧なダンスアニメーションが話題になっています!

アニメBlu-ray2巻ではフルサイズのCDが特典に付きます!
こちらも是非チェックして下さい。

まとめ

眼光が鋭い御幸と冷ややかな笑みが得意なかぐやが、本心をさらけ出さず、心の中で叫びながら駆け引きする展開が面白いアニメです。

不器用で素直になれない気持ちは天才でなくても、恋していなくても、人と素直に話すことが難しいと感じる人であれば、誰でも納得して楽しめます!

2人の世界に千花など、他のキャラクターが割って入ってかき乱す展開が面白い2019年冬のイチオシアニメです。


最新情報はこちらから

・twitterアカウント
・公式ホームページ

TEXT Asakura Mika

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

絶望から生まれた奇跡の歌声を持つ 謎多…

ましのみ「聴いてくれる人をエスコートし…