1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. アニメ・声優
  4. 特集
  5. イケメン祭り!あなたの推しは誰?テニスの王子様の魅力

【特集】イケメン祭り!あなたの推しは誰?テニスの王子様の魅力

2001年から2005年までテレビ東京系列で放送されていた『テニスの王子様』は、漫画でも無事に完結を迎えています。現在は『新テニスの王子様』として連載中です。今も女性人気が高い『テニスの王子様』の魅力を見ていきましょう。

2019年3月10日


この記事の目次
  1. ・テニスの王子様とは
  2. ・青春学園/越前 リョーマ
  3. ・青春学園/手塚 国光
  4. ・氷帝学園/跡部 景吾 
  5. ・テニスの王子様と新テニスの王子様の違い
  6. ・テニスの王子様
  7. ・新テニスの王子様
  8. ・テニスの王子様の魅力
  9. ・テニスの王子様オススメOP
  10. ・Make You Free
  11. ・future
  12. ・Flower-咲乱華-
  13. ・テニスの王子様オススメED
  14. ・You got game?
  15. ・Dear Prince~テニスの王子様達へ~
  16. ・Wonderful Days
  17. ・LITTLE SKY
  18. ・キャラソンも大人気!
  19. ・女性の圧倒的支持が支えるテニスの王子様
  20. ・最新情報はココでチェック!
  21. ・こちらの記事も要チェック!

テニスの王子様とは

『テニプリ』の愛称で今も親しまれている『テニスの王子様』は、連載開始から20周年を迎えようとしています。作者は、許斐剛。週刊少年ジャンプで連載されていました。『テニスの王子様』は、全42巻、全379話のストーリーです。

 画像引用元 (Amazon)

また、アニメ『テニスの王子様』は、原作を忠実に再現しながらも、アニメオリジナルストーリを交えながらのストーリー展開をしていきます。テニスの試合の後半では、竜巻を起こしたり、瞬間移動をするなどのバトルアニメのように描かれることが多くなりました。現在の『新テニスの王子様』は、ジャンプスクエアで連載をされています。

アニメ『テニスの王子様』の声優は、たくさんのキャラクターがいますのでとても豪華な顔ぶれがそろっています。また、『テニスの王子様』で有名になった声優も多数います。

越前 リョーマ<青学1年>(えちぜん リョーマ) 声優:皆川純子
手塚 国光<青学3年>(てづか くにみつ) 声優:置鮎龍太郎
大石 秀一郎<青学3年>(おおいし しゅういちろう) 声優:近藤孝行
不二 周助<青学3年>(ふじ しゅうすけ) 声優:甲斐田ゆき
菊丸 英二<青学3年>(きくまる えいじ) 声優:高橋広樹
乾 貞治<青学3年>(いぬい さだはる) 声優:津田健次郎
河村 隆<青学3年>(かわむら たかし) 声優:川本成
桃城 武<青学2年>(ももしろ たけし) 声優:小野坂昌也
海堂 薫<青学2年>(かいどう かおる) 声優:喜安浩平
跡部 景吾<氷帝3年>(あとべ けいご) 声優:諏訪部順一
切原 赤也<立海2年>(きりはら あかや) 声優:森久保祥太郎
竜崎 桜乃(りゅうざき さくの) 声優:高橋美佳子


青春学園/越前 リョーマ

父親譲りのテニスの才能を持っています。左利き、オールラウンダーです。アメリカJr大会を4連続優勝をして日本に帰国し、青春学園中等部に入学をしました。口癖は「まだまだだね」

青春学園/手塚 国光

テニス部の部長を務めています。中学だけでなく、高校テニス界も注目をしている逸材。リョーマの才能にいち早く気づき、リョーマを奮い立たせるために試合をして「青学の柱」を託します。口癖は「油断せずに行こう」


氷帝学園/跡部 景吾 

名門氷帝学園のテニス部の部長。得意技は、「破滅への輪舞曲」や「眼力」があります。決め台詞は「俺様の美技に酔いな」です。『テニスの王子様』に登場するキャラクターではファンが圧倒的に多いとも 言われています。


テニスの王子様と新テニスの王子様の違い

テニスの王子様

『テニスの王子様』は、主人公:越前リョーマが、アメリカから帰国して、テニスの名門校「青春学園中等部(青学)」のテニス部に入部します。負けず嫌いな性格を持ち味として、1年生ながらに見事レギュラー入りをします。全国大会制覇の目標を掲げ「青学テニス部」のメンバーと共に切磋琢磨し、他校のライバルたちと戦いながらメンバーの全員が強くなっていきます。

新テニスの王子様

『新テニスの王子様』は、全国大会で優勝をした青学から、突然姿を消した越前リョーマが日本に戻って来きます。

そして、U-17に選抜大会に出場するためにかつてのライバルたちが集められます。中学生と高校生たちがU-17に選抜大会の出場メンバーに選ばれるために競い合い、成長していく物語です。

テニスの王子様の魅力

『テニスの王子様』の魅力は、「必ず自分好みのキャラクターに出会える」ことや「カッコいいテニスのシーン」などがあります。『テニスの王子様』を全く知らない人が読んでも、ストーリーが分かりやすく、続きがどんどん読みたくなります。そして、アニメのテニスシーンでは、テニスコートに穴が空いたり、テニスで流血、アクロバットすぎる動きなどがキャラクターの個性と共に描かれているのも魅力の一つです。

テニスというスポーツの漫画で、笑いあり、青春ありのストーリーでどんな世代も一度は読みたくなる漫画の1つだといえます。最近の『テニスの王子様』では、テニスの技などが、現実のテニスとかけ離れた技があって面白いと話題を呼んでいます。

 画像引用元 (Amazon)

また、バレンタインが近づくと、『テニスの王子様』に登場するキャラクター宛にたくさんのバレンタインチョコが送られてきます。このイベントが始まったのは、2001年頃からのようです。年を追うごとに、バレンタインチョコが送られてくる個数も増えていっています。2018年が最も多く、総数45万個を超えているそうです。

2018年は、『新テニスの王子様』に登場するキャラのランクインもありました。この年の1位を獲得したのは、越前リョーマでした。苦節17年。今までの最高順位は2位でした。魅力的なキャラクターが多数存在しているので、主人公であっても1位になるのは難しいようです。

テニスの王子様オススメOP

 画像引用元 (Amazon)

Make You Free

『Make You Free』は、『テニスの王子様』の第54話から第75話で使われていた3つ目のOPです。男性版をKimeruが歌唱し、女性版をhisocaが担当していました。アニメは、交互に放送されていました。

男性版と女性版で、楽曲、歌詞も同じですが違う印象を持っています。

『Make You Free』のサビの歌詞を見てみましょう。
----------------
make you free 風向きを
make you free 変えるのさ
shake your soul 思うままに
遠い朝よりも 強い陽射し達を 引き寄せて
追い越すのさ 彷徨う昨日の影を
≪Make You Free 歌詞より抜粋≫
----------------

歌詞の中に「追い越すのさ 彷徨(さまよ)う昨日の影を」とありますが、手塚に、青学の柱を託されたリョーマの心情がここで表れているような歌詞になっています。「影」は、リョーマの父を表しているのでしょう。父のプレースタイルに似ているリョーマが追い越さなくてはいけないのは父の存在、手塚もその一人だといえます。

future

次にオススメする楽曲は、『テニスの王子様』の第1話から第26話で使われていた初代OPの『future』です。歌唱アーティストは、HIRO-Xです。越前リョーマもこの楽曲をソロでカバーしています。

皆さんも一度は聴いたことがあるのではないでしょうか?一度聴くと、耳に残るメロディーが特徴的です。サビの歌詞も印象的です。
----------------
まだ見ぬ世界へ 限界を越えて行きたい
体中でこの夢が あふれ出すまま
新しい時代を映す 鮮やかな朝日のように
強い輝きで咲いた 想いを胸に
≪future 歌詞より抜粋≫
----------------

Flower-咲乱華-

次にオススメする楽曲は、『テニスの王子様OVA 全国大会篇』第1期のOPになっている『Flower-咲乱華-』です。歌唱アーティストは、GIGSです。『GIGS』は、越前リョーマ、手塚国光、跡部景吾、真田弦一郎らのユニットです。

GIGSは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターからなるユニットです。リョーマのライバル関係にあるキャラクターが集まっています。リョーマから見ると、一番のライバルは、手塚とも言えます。

リョーマ以外の声優は、男性です。男性が歌うキーにしては少し高いのが特徴的な楽曲です。イントロからかっこよさが滲み出ています。ライバル関係にあるユニットの曲なので全国大会篇のスタートを切るに相応しくかっこいい楽曲に仕上がっています。


テニスの王子様オススメED

You got game?

 画像引用元 (Amazon)


第1話から第26話で使われていた初代ED『You got game?』は、kimeruが担当しています。サビから始まるこの楽曲は、疾走感があるカッコいいメロディーです。『テニスの王子様』のテニスに対するキャラクターの思いが伝わってくる感じがあります。今でも、『テニスの王子様』中で人気のあるEDテーマの一つです。

さらに、2018年に越前リョーマのソロ曲としてカバーされました。越前リョーマが歌う『You got game?』は、『テニスの王子様 BEST GAMES!! 手塚VS跡部』のEDとして使用されています。

----------------
You got game? どんな スピードの中も 時間は変わらないリズムを刻んで
Drive my heart! 例え 遠く離れていても みんな同じ空の下 いるから
≪You got game? 歌詞より抜粋≫
----------------

Dear Prince~テニスの王子様達へ~

 画像引用元 (Amazon)

次にオススメする楽曲は、『テニスの王子様OVA 全国大会篇 Final』のEDテーマになっている『Dear Prince~テニスの王子様達へ~』です。この楽曲の作詞は、作者の許斐剛、歌唱アーティストは、イケメン侍です。『イケメン侍』は、越前リョーマ、手塚国光、跡部景吾、幸村精市、真田弦一郎、木手永四郎、白石蔵ノ介らのユニットです。

テニスの勝負を超えた、良いライバル関係であることが分かる歌詞です。テニスが大好きなキャラクターたちの心情も描かれています。そして、ファンの人に対してのメッセージも込められている優しいメロディーの楽曲です。

そして、この歌詞のサビ部分を縦読みすると「ありがとうテニプリ」となっています。
----------------
Get ready 会いに行くよ Get ready 理由はいらない
Get ready 頑張ってる Get ready トコロが大好きさ
Ready,go! 手をつなごう Ready,go! 逃げ腰なキミへの
Ready,go! プレゼントだから Ready,go! 立派にやれるさ
≪Dear Prince~テニスの王子様達へ~ 歌詞より抜粋≫
----------------

Wonderful Days

次にオススメする楽曲は、『テニスの王子様』の第142話から第165話で使われていたED『wonderful days』です。『テニスの王子様』のキャラクターユニットのプルタブと缶。メンバーは、跡部景吾、忍足侑士、真田弦一郎、千石清純、切原赤也、伊武深司、神尾アキラです。青学のライバル校のメンバーです。

弾むようなメロディーとポップな印象が強い楽曲です。何度も聴いていると、頭から離れなくなる中毒性の高いメロディーと歌詞になっています。ラップ調のメロディーで歌詞も韻を踏んでいるような印象があります。青空が浮かんでくるような情景の楽曲です。

----------------
眩しい午後 窓を開ける
わけもなく駆ける日陰の小道
肩で息を吸い込んで目を閉じ
思い描いた明日からのステージ
イメージしてる新しいページ
真っ白いキャンパスに描く
向い風もお構い無しで切り開く
≪Wonderful Days 歌詞より抜粋≫
----------------

LITTLE SKY

次にオススメする楽曲は、『テニスの王子様』の第166話から最終回まで使われていたED『LITTLE SKY』です。歌唱アーティストは、福士健太郎です。

アニメ版の最終回までのストーリーにぴったりな歌詞になっています。アニメでは、青学メンバーの全国大会に向けた3年生にとっては、ラストの校内選抜のトーナメント戦や、リョーマのアメリカ行きに悩む心の葛藤などが描かれています。静かなメロディーの楽曲でカッコいいです。一度聴いたら、メロディーも歌詞も頭から離れなくなるような印象です。

----------------
Fly どこまでも 果てしない空に 覚悟をあずけたなら
駆け出して行くだけさ どんなときも
Yes 教科書に 書かれてるような 約束ならゴメンさ
それぞれのフレーム 見つけたら
胸騒ぎかきたてるような 未来へ羽ばたこう
≪LITTLE SKY 歌詞より抜粋≫
----------------


皆さんも、『テニスの王子様』シリーズのオススメOP・EDに挙げた楽曲を一度は聴いたことがある人も多いのではないでしょうか?懐かしい楽曲もありますので、もう一度この機会に聴いてみてはいかがですか?

キャラソンも大人気!

 画像引用元 (Amazon)

『テニスの王子様』は、アニメや漫画での人気からたくさんのキャラクターソングも生まれています。2016年時点で、800曲あったそうです。今でも、定期的に新しいキャラソンが誕生しています。大きく分けて「デュエット」「ユニット」「ソロ」の三種類の構成になっています。学校の垣根を超えた「ユニット」もあります。

「ソロ」では人気キャラクター達が、国生さゆりの楽曲『バレンタイン・キッス』をカバーしています。

800曲以上の楽曲がありますので皆さんもぜひ、推しているキャラクターのキャラソンを見つけてみてください!必ず自分好みの楽曲に出会えますよ!

女性の圧倒的支持が支えるテニスの王子様


2001年にテレビアニメ『テニスの王子様』が放送されてから18年が経過した今も、まだまだ大人気の作品です。『テニスの王子様』は、『新テニスの王子様』になった今も声優が変わることなく演じ続けています。

そして、過去の試合も『テニスの王子様 BEST GAMES!!』としてリメイクされてファンの心を掴んでいます。

いつか完結するストーリーだと思いますが、その最後の時まで皆さんで応援していきましょう。どのような結末をキャラクターたちが迎えるのか楽しみです!

最新情報はココでチェック!



『テニスの王子様』は、現在『新テニスの王子様』として連載中です。また、リョーマが主体となった『リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』が2020年の春ごろに公開予定です。

『テニスの王子様 BEST GAMES!!』の発売も決定しています。さらに連載20周年記念全国ツアーも2019年8月6日から決定しています!まだまだ、熱く続いている『テニスの王子様』の今後に注目です!

公式ツイッター:@shintenianime
公式ホームページ:http://tenipuri.jp/
ジャンプSQ公式サイト:https://jumpsq.shueisha.co.jp/rensai/shintennisnooujisama/


こちらの記事も要チェック!

平成の30年間の間には、たくさんのアニメが放送されました。2000年代以降はアニメの黄金期といってもいいでしょう。以下のリンクから、他の平成アニメ記事をぜひご覧ください!

【特集】2020年に劇場版も公開!水泳アニメ「Free!」の魅力に迫る!
https://utaten.com/specialArticle/index/3305

TEXT pooh_nm77

三代目 Jsoul Brothers …

主人公は脱力系?!『田中くんはいつもけ…