1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. バンド&特集
  5. クリープハイプ
  6. ファンの心を惹きつける!クリープハイプの楽曲の魅力をご紹介

【特集】ファンの心を惹きつける!クリープハイプの楽曲の魅力をご紹介

このアーティストの関連記事をチェック

クリープハイプ「鬼」で暴かれた!優しい…

カオスなMVに負けない歌詞!クリープハ…

ボーカルの尾崎世界観の個性と唯一無二の表現力と、バンドの圧倒的な演奏技術。時には激しく、時には切なく、時には美しく、時には醜い。いろんな顔を見せてくれるクリープハイプの楽曲は、1度はまるとどっぷりと引き込まれてしまう中毒性を持っています。確かな実力を持ち、多方面で評価されるバンド、クリープハイプの楽曲の魅力をご紹介していきます!

公開日:2019年5月11日 更新日:2019年5月11日


この記事の目次 []
  1. ・クリープハイプについて
  2. ・どん底の心に寄り添うクリープの楽曲
  3. ・HE IS MINE
  4. ・社会の窓
  5. ・おやすみ泣き声、さよなら歌姫
  6. ・傷つける
  7. ・ABCDC
  8. ・儚く激しい、クリープハイプの楽曲
  9. ・クリープハイプ 最新情報
  10. ・リリース情報
  11. ・クリープハイプ Profile

クリープハイプについて


2012年にメジャーデビューを果たし、日本の音楽界の革命児的存在となったクリープハイプ。

多方面で取り上げられ多くのファンを抱えている一方で、ボーカルである尾崎世界観の声の印象だけでクリープハイプというバンドを評価している方もいるのではないでしょうか。

しかし、クリープハイプの楽曲は聴けば聴くほど、そのかっこよさに思わず引き込まれる魅力を持っています。

今回は、ぜひ聴き込んで欲しいクリープハイプの世界を楽しめる楽曲をご紹介していきたいと思います!

どん底の心に寄り添うクリープの楽曲

HE IS MINE


----------------
みっつ数えて彼女になって よっつ数えて大人になったよ
今度会ったら何をしようか もうこれで終わりかもな
みっつ数えて冷たくなって よっつ数えて元に戻ったよ
なんか君がわかんなくなった もうこれで終わりかもな

愛・・・・してない訳 無い・・・・けどさ
愛・・・・してない訳 無い・・・・けどさ
≪HE IS MINE 歌詞より抜粋≫
----------------

クリープハイプのキラーチューンとも言える『HE IS MINE』。

ボーカルである尾崎世界観の色気を抜群に味わえる楽曲です。単調にも感じさせる歌詞の見た目からは予想できない、高ぶる感情をぶつけられます。

渋いイントロ、艶美なAメロからの激しいサビへの起伏が聴き手の気持ちをまんまと弄ぶようで、聴いていてまさに快感、という言葉が浮かびます。

社会の窓


----------------
感情の波を掻き分けて愛憎の海を泳いでる
凄く大好きだったのにあのバンドのメジャーデビューシングルが
オリコン初登場7位その瞬間にあのバンドは終わった
だってあたしのこの気持ちは絶対シングルカット出来ないし
≪社会の窓 歌詞より抜粋≫
----------------

クリープハイプの音楽の魅力の1つが、「くそくらえ」な感情を見事に歌い上げた楽曲です。

怒涛のような言葉の羅列でありながら、すんなり体に入ってくるようなところに言葉のチョイスのセンスを感じさせられます。吐き捨てるような歌詞とメロディーは、一度聴いたら離れない中毒性を持っています。

----------------
曲も演奏も凄く良いのになんかあの声が受け付けない
もっと普通の声で歌えばいいのにもっと普通の恋を歌えばいいのに
でもどうしてもあんな声しか出せないからあんな声で歌ってるんなら
可哀想だからもう少し我慢して聴いてあげようかなって 余計なお世話だよ
≪社会の窓 歌詞より抜粋≫
----------------

自身のコンプレックスまで剥き出しにして吐き出す歌詞。

音楽に自分自身のすべてを音楽に賭ける。クリープハイプの音楽のかっこよさは、そんなところからも生まれているのではないでしょうか。

おやすみ泣き声、さよなら歌姫


----------------
さよなら歌姫 最後の曲だね 君の歌が本当に好きだ
今夜も歌姫 凄く綺麗だね 君の事が本当に好きだ

さよなら歌姫 アンコールはどうする 君の事だからきっと無いね
それなら歌姫 アルコールはどうする 僕は全然飲めないけど

歌声 歌声 でも君は泣いていたんだね
泣き声 泣き声 僕は気づけなかった
≪おやすみ泣き声、さよなら歌姫 歌詞より抜粋≫
----------------

キレイで切なくて心地よい。夜中、なんとなく寂しい気持ちを弄んでベッドで1人寝転んでいるようなときに聞きたくなります。

先ほどご紹介した『HE IS MINE』や『社会の窓』のような刺々しさを感じさせる楽曲もあれば、こんなに優しさや温かさを感じさせられる楽曲もあるのか、とクリープハイプの音楽の違った魅力をしっかり感じさせてくれる楽曲です。

人を好きになることの尊さや切なさをひしひしと感じさせてくれます。

自分の感情による苦しさをリアルに歌った、まさにクリープハイプにしか表現できない音楽です。

傷つける


----------------
インク出なくて愛は掠れちゃって
結局何も見えないな
インク出過ぎて 愛が滲んじゃって
結局何も読めないな だから

口頭で言ってみて 冒頭でつまづいた
適当にごまかして 相当な馬鹿だな
繋いでも無駄だよ なんとなく振り払う
あの手は熱いから なんかいつも恥ずかしくなる
≪傷つける 歌詞より抜粋≫
----------------

尾崎世界観の歌詞のセンスを改めて見せ付けられる楽曲です。

彼ならではの表現力で、優しく語りかけるような歌詞とメロディーは、心に弱った部分にピンポイントで寄り添ってくれます。

誰かを愛することは幸せで、でもそこにあるどうしようもない虚しさまで、この歌は表現しています。1本の映画のような作品性が感じられる楽曲です。

ABCDC


----------------
眠れない夜の事 Aメロにもならない人生ぶらさげて
瞼の中ではね あの頃の君が笑ってる
≪ABCDC 歌詞より抜粋≫
----------------

人生を1曲の歌に重ね合わせた『ABCDC』。

哀愁ややるせなさ、せわしなさを感じさせるこの楽曲は、毎日を生きていくことをリアルに描いています。

----------------
頭の中引っ掻き回して やっと見つけた言葉は
サビにしてはちょっと地味で歌えなかった
引き出しの中引っ掻き回して やっと見つけた言葉は
手紙にしてはちょっと地味で何気ない2人の
その距離が愛しい

音階並べてわかってる様な顔して それをメロディーとか呼んじゃって
退屈並べてわかってる様な顔して 日常を切り取ったとか思っちゃって
≪ABCDC 歌詞より抜粋≫
----------------

「がんばれ」と歌っているわけではないのに、辛くてうつむいてしまった気持ちに寄り添ってくれることで、そっと背中を押してくれるような楽曲です。

儚く激しい、クリープハイプの楽曲


いかがでしたでしょうか。

クリープハイプのロックから感じられる感情は、音楽好きの心を突き動かす熱量を持っています。

尾崎世界観の、情緒をそのまま吐き出して表現したような不安定さと、それをしっかり支える演奏の安定感。まさに、バンドというものの化学反応を見せ付けてくれるのがクリープハイプの音楽です。

クリープハイプにしか表現できない、生々しい感情や切なさ、美しさや醜さ。

でもそれは、人間誰しもが持っている部分であり、だからこそ多くの人の心を打ち、評価されるバンドとなっているのではないでしょうか。

TEXT ぽんつ

クリープハイプは、2001年に結成した、尾崎世界観(ボーカル・ギター)、小川幸慈(ギター)、長谷川カオナシ(ベース・コーラス)、小泉拓(ドラムス)の4人からなるロックバンドである。2006年8月、1stミニアルバム「ねがいり」を発売。その後メンバーの変遷を繰り返し、2009年に現体制となる。20···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

フジファブリック2年ぶりのニューアルバ…

『Flamingo』に棲む、米津玄師と…