1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. J-POP&特集
  5. 倖田來未
  6. 倖田來未が歌う三つの"愛"「運命」「愛証」「愛を止めないで」

【特集】倖田來未が歌う三つの"愛"「運命」「愛証」「愛を止めないで」

2000年のデビュー以来現在まで第一線で活躍し続けるDIVA・倖田來未。彼女のファッションやライフスタイルに憧れる女性は多数。その圧倒的人気の奥には彼女が歌う"愛"に秘密があるのではないでしょうか?今回は3曲をピックアップして徹底検証してみました!

公開日:2019年5月18日 更新日:2019年5月18日

Editor

時雨


この記事の目次
  1. ・作詞はすべて倖田來未が担当
  2. ・「愛証」
  3. ・「運命」
  4. ・「愛を止めないで」
  5. ・女性の強い味方"倖田來未"
  6. ・倖田來未 最新情報
  7. ・リリース情報
  8. ・倖田來未 Profile
TOP画像引用元 (Amazon)


作詞はすべて倖田來未が担当

画像引用元 (Amazon)


ご紹介する3曲はすべて倖田來未の作詞による楽曲です。

彼女の書く詞はどれももちろん女性目線で描かれます。

深くその世界観に入り込んでいくと、女性なら皆共感してしまう言葉がたんくさん織り込まれていることがわかるでしょう。

今、恋をしている女性達は彼女の歌を聴きながら、自分の恋愛を重ね合わせていきます。

"そうそう、今の私はこんな気持ち♡"というように。

そして、その時その時の印象深い彼女の楽曲が思い出となって心の中に残っていくのです。

"あぁ…あの時の私はこんな恋愛をしていたな"みたいに…。

倖田來未が世の女性から圧倒的な支持を得ているのは、こんな女性なら誰でも経験する"愛する気持ち"を代弁して、歌い上げてくれるところにあります。

「愛証」

画像引用元 (Amazon)


この楽曲は原作が長編小説の、映画化・ドラマ化された"愛の流刑地"の主題歌でした。

倖田來未の『愛証』はドラマ化された方の主題歌となりました。

ちなみに、映画化された方の主題歌を担当したのは平井堅です。
『哀歌(エレジー)』という楽曲でした。

----------------
乾いた唇 潤すあなたの愛で
あなたの愛から 逃れられるはずは無い
寂しい夜には 必ず耳元から
吐息まじりの言葉 私だけに…
離れることなど出来ないの
もっと
≪愛証 歌詞より抜粋≫
----------------

冒頭から激しめな言葉が並んでいます。

それもそのはず…この楽曲はドラマ"愛の流刑地"のストーリーに寄り添い、書き下ろされた楽曲だからなんです。

夫がいながら他の男性を愛してしまう。

主婦と一人の女という立場の狭間で苦しみ、最終的には"自分を殺して欲しい"と懇願し、本当に愛人である男性に殺される…。

とてもショッキングな、子供は観てはいけない内容のドラマです。(笑)

ストーリーはざっくりとこのようになっていますが、大きくテーマに掲げられているのは"真実の愛と何か?"ということなんです。

----------------
誰にもきっと わからないだろう
私とあなたの深い愛を
入り込めないほど
あなたの愛にまた
深く溺れてしまっていく
≪愛証 歌詞より抜粋≫
----------------

世界観を紐解いていくと、やはり"道ならぬ愛"が感じとれます。
実際にこのような恋愛を経験する女性は少数派。

"しかし、人間とは危うい生き物…。一つ間違ったら自分も…。"

そんな想像をしながらこのドラマを鑑賞し主題歌である『愛証』に心打たれる…そんな女性はたくさんいたことでしょう。

----------------
混じり合いたい あなたの鼓動に埋もれ
眠れないほど ギュッと抱きしめて
許していく 体と体交わる
舌を這わせ
私を呼んで
もっと呼んで

愛は死なないから
≪愛証 歌詞より抜粋≫
----------------

許されない関係だからこそ離れられない。

この楽曲からは、そんな激しくも刹那的な愛を感じてしまいます。

「運命」

画像引用元 (Amazon)


この楽曲も『愛証』同様、タイアップ曲です。

映画"大奥"の主題歌となりました。

皆さんご存知のとおり、大奥のシリーズは女同士の愛憎渦巻くドロドロしたストーリーです。

その中でも、これは大奥最大のスキャンダルといわれた"絵島生島事件"という事件にスポットを当てた映画でした。

タイアップ曲なので、もちろん倖田來未の書き下ろしです。

大奥の世界観や時代背景などがとても目に浮かぶ楽曲です。

----------------
季節が巡る時間が
きっと誰よりも長くて
会いたい気持ちとは切なく
運命は変えられなかったんだ

遠くにいても
支えたいと
心からそう想うから
≪運命 歌詞より抜粋≫
----------------

映画もご覧になった方はご存知のことでしょう。
これは悲恋の歌です。

イントロでアコギの音色が切なく響きます。

----------------
寂しいと想う夜に
雪となり 空から舞い降り
君のこと包み込み
今すぐ抱きしめるから
忘れないで
ふたり過ごした時間を・・・
≪運命 歌詞より抜粋≫
----------------

とても愛している人がいるけれど、その人には会うことができない。

せめてこの想いだけでも伝えたい…。

雪になって君を包みたいなんて、なんてロマンティックなんでしょうか。

悲恋な上に会うことも許されない関係なんですね。

ストレートな愛を表現する彼女の楽曲の中でも、ありそうでなかったいい意味で"らしくない"歌のような気がします。

----------------
守るべきものを
やっと見つけたのに
近くにいるのに守れない
夢と現実 交差する
≪運命 歌詞より抜粋≫
----------------

会うこともままならなくて、やっと会えても結ばれることはない。
それもこれもすべて『運命』。

そんな悲しい恋愛を歌っています。

曲のアレンジもイントロ・アウトロでいい感じにアコギが使われ、切なさが増しているのですが、キーはメジャーです。

悲恋をそれ以上悲しく歌わず、メジャーなキー運びによってちょっと希望が見えるようなアレンジになっている印象を受けます。

「愛を止めないで」

画像引用元 (Amazon)


決して狙っているわけではありませんが…この楽曲もタイアップ曲です。(笑)

映画"セカンドバージン"の主題歌ですね。
NHKで先にドラマが放送され話題となり、ちょっとした社会現象にもなりました。

その後映画化もされましたが、どちらの"セカンドバージン"も主題歌は倖田來未が担当。

ちなみにNHKドラマ"セカンドバージン"は『好きで、好きで、好きで。』のカップリング『あなただけが』が起用されました。

----------------
時の流れは無常で
あなたと私を引き離す
愛を何度 叫んでも
想い出だけは
置き去りのまま
≪愛を止めないで 歌詞より抜粋≫
----------------

この歌も悲しい情景が浮かびます。

やはり"セカンドバージン"のストーリーに添った歌詞になっています。

"不倫"がテーマのこのストーリーを、倖田來未の楽曲がよりドラマティックに仕立て上げます。

----------------
誰よりもずっと 誰よりもずっと
愛してる あなたごと 全部
送り続ける 揺るぎない愛を全て
愛を止めないで
もう一度だけ もう一度だけ
遅すぎない 出会いをください
愛しい人よ いつまでも笑顔のまま
愛を止めないで
お願い 愛を止めないで
≪愛を止めないで 歌詞より抜粋≫
----------------

もう少し出会いが早かったら…そんなことを考える主人公がいます。

愛しても愛しても報われない愛だからこそ、より強く燃え上がる。
そんな情熱がこの歌詞から読み取れます。

人を愛することは自由、でも愛してはいけない人を愛してしまったという自責の念が「愛を止めないで」という言葉になって表されています。

女性の強い味方"倖田來未"

画像引用元 (Amazon)


昨今の女性の肉食化…これには倖田來未の楽曲の力が加わっているのではないかと強く感じてしまうんです。

"愛する"という気持ちを隠さずストレートに歌う倖田來未。

本心は隠して…みたいな乙女も可愛いけれど、やっぱりこれからの時代は女性も言いたいことはバシッと伝えるべきです!

ですから、まだまだ彼女には世の女性の強い味方として、第一線を突っ走っていってもらいたい!

我々の道しるべが無くならないように…。


TEXT 時雨

倖田來未は1982年11月13日京都府出身。avex所属。夫はBACK-ONのボーカルKENJI03、妹にはアーティストのmisonoがいる。妹とは2010年に倖田來未の43枚目のシングル『It’s all Love』でコラボレーションをしている。週間オリコンランキングでは堂々の1位に輝いた。 2000年11月に『TAKE BACK』にて全米···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

倖田來未 最新情報

リリース情報

●2019年2月20日(水)リリース
NEW ALBUM
『Driving Hit’s 9 -Special Edition-』

★AL3枚組
価格:3,900円(税抜)
品番:RZCD-86775~7

★AL3枚組+グッズ
価格:6,000円(税抜)
品番:RZC1-86778~80
※グッズ:マルチポケットポーチ
※倖田組/playroom/イベント会場/mu-moショップ 限定商品。




●2019年3月20日(水)リリース
NEW DVD『DNA LIVE DVD』


★DVD
価格:5,832円(税込)
品番:RZBD-86808
※自身の誕生日である11月13日に行われた神奈川県民ホールでのバースデイライヴを収録

★Blu-ray
価格:6,696円(税込)
品番:RZXD-86809
※自身の誕生日である11月13日に行われた神奈川県民ホールでのバースデイライヴを収録

★4DVD 
価格:15,120円(税込)
品番:RZB1-86810〜3

【倖田組、playroom限定商品】
初回生産限定盤、特殊パッケージ仕様+フォトブック
自身の誕生日である11月13日に行われた神奈川県民ホールでのバースデイライヴに加え、8月にZepp Diver Cityで行われた"Koda Kumi Fanclub Tour ~AND~"の映像を含めた超豪華DVD4枚組

▷J BALVIN Official HP

才能の化学反応を魅せるバンド、L’Ar…

ボブ・ディラン(25歳)が振られた理由…