1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. andymori
  6. 願いは誰かに繋がり生きる、andymori「革命」の意味とは?

【歌詞コラム】願いは誰かに繋がり生きる、andymori「革命」の意味とは?

2014年に解散したロックバンド、andymori。その3rdアルバムに収録された「革命」。この曲は「自らの人生を変えたい」という強い願いは叶わずとも、その想いが誰かの心に影響を与え、繋がり続けることを歌っている。

公開日:2019年9月24日 更新日:2019年9月24日


この記事の目次
  1. ・革命を起こそう
  2. ・いつか誰かの為
  3. ・誰かに、自分に、繋がる

革命を起こそう

小山田壮平(Vo/Gt)、藤原寛(Ba)、後藤大樹(Dr)によって2007年に結成されたオルタナティヴロックバンド、andymori。



2010年に後藤が脱退し、同年、岡山健二(Dr)が加入し、2014年に解散した。彼らの楽曲は、ユーモラスな世界観と現実感が入り混じる個性的な歌詞が魅力である。今回は、彼らの3rdアルバム「革命」に収録されたリードトラック「革命」の世界を見ていく。

----------------
革命を起こすんだ 夢を見るんだと誰もが今夜祈るわけは
革命を起こすんだ 風を待つんだと誰もが胸踊らせるわけは
リンリンリンと電話が鳴って 呼んでるんだ 熱が騒ぐんだ
≪革命 歌詞より抜粋≫
----------------

もしも、何も変化のない日常を変えられるなら。もしも、現在いる場所から遠い見たこともない場所にいけるのなら。何もない日常の中で、夢や理想を考えてしまう夜があるだろう。

イマを変える。理想の姿を手に入れる。といった“革命”を起こしたいと、イマを想う全ての人が考える。

その期待が、心の中で電話のように鳴り続ける。その騒ぎの熱はエネルギーに代わり、自分という人間を動かす原動力になる。

イマを変えたいと願うエネルギーは、少し先の世界へ繋ぐ力になる。

いつか誰かの為

----------------
100回 1000回 10000回叫んだって
伝わらない 届かない想いは
100日 1000日 10000日たった後で
きっと誰かの心に風を吹かせるんだ
≪革命 歌詞より抜粋≫
----------------

しかし、革命の想いだけで、イマを変えられる保証はない。



現実世界で持った願いのエネルギーだけでは、理想の姿に届かない可能性がある。

努力や気合いだけで変わる世界もあるかもしれないが、だいたいはそこに、現状の境遇やその瞬間の運なども加味され、望ましくない未来にしかたどり着けないものだ。

“100回 1000回 10000回”の革命の声が何処にも届かず、世間に流れる現実の風に流されて消えていく。その光景は、決して珍しいものではなく、むしろ、ほとんどの人間が持つ、現在の姿なのである。

だが、だからといって革命の音が無駄になることはない。

風に流された革命の音が、今じゃないいつか、自分の知らない第三者の心を動かすきっかけになるかもしれない。

その考えや想いが、誰かの心の中で意識すらしていなかった夢の端に触れ、その夢を動かすエネルギーになることもある。そしてそのまま誰かが、理想の姿にたどり着くかもしれない。

その可能性を考えるだけで、自分自身では叶えてあげられなかった夢と、それを動かそうとした革命の音が無駄になることはない。

自分の夢が自分だけでは繋げられずとも、誰かの人生へ繋げて変えることはできる。それも一つの“革命”なのであろう。

誰かに、自分に、繋がる

----------------
100回 1000回 10000回くり返して
伝わらない 届かない想いは
100日 1000日 10000日たった後で
夜明けを待つ心に風を吹かせるんだ
≪革命 歌詞より抜粋≫
----------------

“届くことのなかった革命の想いを、途絶えさせず表し続ければ、きっと無駄にならない。その想いが届いた誰かの夢へと繋げることができる。”

そういった想いに対する希望を感じるだけで、逆に自分の願いを持ち続ける力になっていく。

その力を心の中に貯めておけば、やがて、困難が訪れた際、未来へと繋げていけるエネルギーとして利用することができるのだ。

それが夢や理想とは関係のない困難でも、必ず何処かで力になることは間違いない。



叶えられずとも鳴らし続けた革命の音は、いつか来る”夜”を”朝”に導いてくれる力を、遠回りかもしれないが、与えて人生を繋いでくれる。

イマを想い、未来を繋いでいきたい全ての人は、”革命を起こすんだ”と、いつかの為、そして自分を含めた誰かの為に、この言葉を今夜も響かせ続けよう。

TEXT 京極亮友

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

甲子園を目指す少女たちの熱い夏!『八月…

ヒロインたちの魅力が強すぎる、ぼくたち…