1. 歌詞検索UtaTen
  2. コラム&特集
  3. J-POP
  4. Vaundy

Vaundy「不可幸力」世の中の生きづらさと幸せを描く歌詞の意味を考察!

新進気鋭のマルチアーティストVaundyの2ndシングル『不可幸力』は社会に垣間見える闇と幸福感の両面を描いた楽曲です。独特な世界観を持つ表現が癖になる歌詞の意味を徹底解釈していきます。

「不可幸力」の歌詞を考察すると生きづらい世間を代弁している

Vaundy(バウンディ)は、2019年に1stシングル『東京フラッシュ』で一瞬にして世間の注目をさらったシンガーソングライターです。

自身で作詞作曲、アレンジや映像までこなす才能と豊かな歌声を持つ彼が、2020年1月22日にリリースした2ndシングルが『不可幸力』です。

▲不可幸力 / Vaundy :MUSIC VIDEO

楽曲配信と同時にMVがYouTubeで公開されると、わずか1ヶ月で100万回再生を突破し、Spotify Premiumの全国地上波放送CM「Spotify Town」編に起用されました。

その後、各種の最新ヒットチャートで1位、Spotify Japan急上昇チャートでは最高4位にランクインした大人気楽曲です。

『不可幸力』とは本来「不可抗力」と書き、人の力ではどうにもならない大きな力を意味します。

タイトルに込められた思いや、歌詞から見えるメッセージの意味を考察していきましょう。

----------------
どこにいっても
行き詰まり そして息道理を
そのままどっかに 出すくだり
そんな劣等も葛藤もみんな持ってる
その理由は同じ
え?
≪不可幸力 歌詞より抜粋≫
----------------

ラップ調で始まる冒頭は、閉鎖的な社会の様子を描いています。

「息道理」とは、行き詰まりながらも呼吸を続けて生きている現状と、そんな世の中への「憤り」を表しているのでしょう。

溜まるフラストレーションを解消しようと、自分以外の誰かを攻撃する社会の闇の部分をシンプルに表現しています。


----------------
Ah
なんでもかんでも欲しがる世界じゃない?
また回る世界に飲まれている
それも理由は同じ
膨らんだ、妄想、幻想、真相を、いやあれを探してる
≪不可幸力 歌詞より抜粋≫
----------------

人間は欲望に忠実です。

何もかもを欲しがっては何も得られず、手に入れてもまた別のものへの欲求が湧いてきて、なかなか満たされません。

「妄想、幻想」が膨らみすぎて本当に大切なことを見失っているため、自身の欲望や世の中の風潮に翻弄され、人々は息苦しさを感じています。

その一方で、生きづらさから抜け出す方法が別のところにあることにも気づいています。主人公が「あれ」と指すものがその答えです。

----------------
あれ、なに、わからないよ
それ、なに、甘い理想に
落ちる
≪不可幸力 歌詞より抜粋≫
----------------

とはいえ、自分でも「あれ」の正体は分かっていないようです。

何が大切で、自分が何を求めているか分からず、結局また欲望に負けてしまいます。

「Welcome to the dirty night」に込められた意味とは?


----------------
welcome to the dirty night
みんな心の中までイカレちまっている
welcome to the dirty night
そんな世界にみんなで寄り添いあっている
welcome to the dirty night
みんな心の中から弱って朽ちていく
welcome to the dirty night
そんな世界だから皆慰めあっている
≪不可幸力 歌詞より抜粋≫
----------------

「Welcome to the dirty night」を訳すと「ようこそ醜い世界へ」となります。これは、生きづらい世の中を皮肉を込めて象徴した言葉と言えそうです。

まともに生きているように見える人たちも、心の中は狂っているのかもしれません。

思うように生きられない日々に心をすり減らしている様子は、まさに「弱って朽ちていく」という表現の通りです。

それでも人は「みんなで寄り添い」「慰めあって」います。

満たされない心を分かち合いながら、何とか生き抜こうと支え合っている事実は、この世界の美しさと言えるでしょう。

----------------
あれ、なに、わからないよ
それ、なに、辛い日々に
沈む
≪不可幸力 歌詞より抜粋≫
----------------

主人公はまだ「あれ」を探しています。

求めても見つからない答えを追う毎日がつらく、気持ちが沈むような感覚に苦しんでいるようです。

しかし、やがてその答えを見つけ出します。


----------------
愛で
揺れる世界の中で僕達は
キスをしあって生きている
揺れる世界の中を僕達は
手を取り合っている
≪不可幸力 歌詞より抜粋≫
----------------

大サビから、メロディは一気にポップに。その歌詞には、求めていたものが「」だとはっきり記されています。

キスや手を取り合うという行動は愛から生まれるもので、愛がなければできないことです。

つまり、愛があればこの生きづらい世の中も何とか生きていけるということでしょう。

とはいえ「愛で揺れる世界」という言葉に注目すると、前半の歌詞で綴られた生きづらさの原因も愛だと捉えているようです。

メロディが一変したことも踏まえれば、音楽が様々な側面を持つように、愛も良い面と悪い面の表裏一体であることを示していると考えられます。

タイトル「不可幸力」の意味


----------------
なぁ、なんて美しい世界だ
僕ら何度裏切りあっていても
まぁ、なんとか手を取り合うんだ
まるで恋愛映画のラストシーンのような
≪不可幸力 歌詞より抜粋≫
----------------

愛によって生まれる問題があるとしても、愛にあふれた世界は誰の目にも美しいでしょう。

「恋愛映画のラストシーン」というフレーズは、幸福感で満たされたラブストーリーの和やかな雰囲気を想像させますね。

裏切り裏切られても、少し経てばまた「手を取り合う」。

過去のいざこざや未来への不安は尽きませんが、それらを抱えながらも支え合えることが愛の素晴らしさなのではないでしょうか。

----------------
「愛で」
靡く世界の中で僕達は
キスをしあって生きている
靡く世界の中を僕達は
目を合わせあって生きる
≪不可幸力 歌詞より抜粋≫
----------------

風など他の力によって揺らめく様子を意味する「靡く」の表現は、人の心の不安定さを示しているのかもしれません。

人生は決して楽ではないものの、他の人と互いの存在を確かめ合いながら生きてさえいれば、夢見る幸せな将来もきっと見えてくるはずです。

タイトルの『不可幸力』とは、おそらく「幸せになる力には抗えない」と意味だと考えられます。そのように想定すると、愛という力の偉大さと美しさが感じられますね。

同じ読み方でも、一文字変わるだけで意味がまったく変わります。

同じように、つらい状況も少し見方を変えれば希望が見えてくる。そんな前向きな気持ちを与えてくれる楽曲です。

Vaundy「不可幸力」は愛の力を感じられるジャンルレスソング


CMソングやドラマ主題歌に起用され大人気のVaundyですが、彼が『不可幸力』で歌うのはうまくいかずに悩む人の等身大の心情です。

生きづらい世界を劇的に変えることはできなくても、愛を持ち続けてさえいれば、幸せを感じる日もあるでしょう。

誰もが忘れてはならない大切なものに、音楽を通して改めて気づかされるはずです。

『不可幸力』を収録した1stアルバム『strobo』には、底知れないVaundyの魅力がふんだんに詰まっています。

他の楽曲との違いも楽しみながら、歌詞をじっくり聴いてみてくださいね。


TEXT MarSali

Vaundy(バウンディ)。現役大学生 21歳。 作詞、作曲、アレンジを全て自分でこなし、デザインや映像のディレクション、セルフプロデュースも手掛けるマルチアーティスト。 2019年春頃からYouTubeに楽曲を投稿開始。 現在サブスクリプション、YouTube、トータル再生数は15億回以上。 リ···

この特集へのレビュー

女性

シャヲ

2022/04/16 12:28

「ようこそ。憎い世界へ」という意味だったなんて。怖いよおおおお。
ラップなのか、歌なのかわかんないねーーーー。
この曲好きーー。

みんなのレビューをもっとみる

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約