1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. w-inds.
  6. w-inds.が20周年を記念しベストアルバムをリリース!彼らの歩みを名曲と共に辿る

w-inds.が20周年を記念しベストアルバムをリリース!彼らの歩みを名曲と共に辿る

ぎゅっとまとめ
  • 2021年は『w-inds.』がデビュー20周年を迎えるアニバーサリーイヤー
  • ベストアルバム『20XX“THE BEST”』は全シングル47曲を収録
  • フォトアルバムやライブDVDもセットになっており見逃せない
ダンス&ボーカルユニット『w-inds.』。栄誉ある賞の受賞やメンバーの脱退など様々な出来事を乗り越えた彼らが、結成20周年を記念するベストアルバム『20XX“THE BEST”』をリリースします。これまでの歴史や名曲を振り返りましょう。

公開日:2021年3月10日 更新日:2021年3月10日


この記事の目次 []
  1. ・祝!20周年アニバーサリー
  2. ・「20XX“THE BEST”」は全47曲収録
  3. ・ベストアルバムから6曲をPICK UP!
  4. ・Forever Memories
  5. ・Paradox
  6. ・NEW PARADISE
  7. ・キレイだ
  8. ・DoU
  9. ・Beautiful Now
  10. ・まだまだ走り続けるw-inds.に注目!

祝!20周年アニバーサリー

w-inds.』は、2000年に結成し翌年デビューを果たしたダンス&ボーカルユニットです。

レベルの高いダンスパフォーマンスと歌唱力が話題になり、デビューした年に『Paradox』で日本有線大賞と日本レコード大賞の最優秀新人賞を受賞。

その後は日本国内にとどまらず、香港やベトナムなどアジアを股に掛けて活動してきました。

そんな彼らが2021年、ついにデビュー20周年を迎えます

アニバーサリーイヤーを記念し、2021年3月14日にはベストアルバム『20XX“THE BEST”』のリリースが決定。

まずはとても豪華な収録内容をご紹介します。

「20XX“THE BEST”」は全47曲収録

『20XX“THE BEST”』は、デビュー曲『Forever Memories』から最新曲『Beautiful now』までの47曲を収録した3枚に加え、音楽配信サイトで再生回数の多い人気曲をまとめた1枚がセットになっています。(※DISC4は初回限定盤、PCSC盤のみ)

シングル以外の楽曲もたっぷり聴ける上、人気曲が収録されているのでw-inds.全てがこもっているようで素敵ですね。

しかし、ベストアルバム『20XX“THE BEST”』はこれだけではありません。

なんと全ライブツアーからメンバーがベストアクトを厳選しまとめたDVDや、80ページに渡る撮り下ろしフォトブックもセットに。(※DVDは初回限定盤、PCSC盤のみ/フォトブックはPCSC盤のみ)

w-inds.の大辞典と言わんばかりの豪華な内容なのです。

ベストアルバムから6曲をPICK UP!

全47曲が収録されたベストアルバムの中から、w-inds.の記念すべき楽曲やターニングポイントになった楽曲など6曲を厳選してご紹介します。

Forever Memories

▲Forever Memories(MUSIC VIDEO Full ver.) / w-inds.
Forever Memories』は、2001年3月にリリースされたw-inds.のデビューシングル

デビュー以前から路上ライブ等で披露されており、ファンには最も馴染みがあると言っても過言ではない楽曲かもしれませんね。

オリコンランキングでは最高12位でしたが、その後23週に渡ってランクインし続けたロングヒット作でもあります。

切ない失恋を歌った歌詞に自分を重ね、涙したという思い出がある方も多いのではないでしょうか?

----------------
何よりも大切だった
誰よりも愛してた
この恋を守りたかった
いつも夢を見ていた
たとえ離れて暮らしても
あの瞬間の二人は
いつまでも輝いたまま
今日の日を照らすよ
≪Forever Memories 歌詞より抜粋≫
----------------

今から20年前の楽曲なので、ボーカル・橘慶太はまだ声変わり前。

透き通るような中性的な声が印象的ですね。

Paradox

▲Paradox(MUSIC VIDEO Full ver.) / w-inds.

Paradox』は、2001年10月にリリースされた3枚目のシングル。

第43回日本レコード大賞最優秀新人賞、第39回ゴールデン・アロー賞音楽新人賞、第16回日本ゴールドディスク大賞2部門など新人賞を総なめしたw-inds.最大のヒット作です。

映画の主題歌にも起用されており、w-inds.の存在を世に知らしめた一曲とも言えるでしょう。

当時の彼らは15~16歳でしたが、楽曲は次のような大人びたフレーズから始まります。

----------------
いつからか思ってた
時々 気付いてた
他の人を理解ることって
きっと難しいね
≪Paradox 歌詞より抜粋≫
----------------

パラドックス」とは、「逆説」「矛盾」といった意味を持つ単語

そんなタイトルが表している通り、楽曲では冒頭で多くの人が抱える葛藤や、その中で大切な人と向き合おうとする気持ちが歌われています。

様々な矛盾に直面する若い彼らが歌うからこそ、多くの人に響いたのかもしれませんね。

NEW PARADISE

▲NEW PARADISE(MUSIC VIDEO Full ver.) / w-inds.

NEW PARADISE』は、2002年11月にリリースされた7枚目のシングル。

オリコンランキングにて初登場2位を記録したヒット作です。

同曲でw-inds.は第53回NHK紅白歌合戦に初出場。

白組のトップバッターとしてパフォーマンスを披露しました。

----------------
Somebody is crying
in the sky
Somebody is lost
in this night
どうすれば あの空を
掴めるんだろう
決められた答えもない
順序もない
この道が続く場所は
New paradise?
≪NEW PARADISE 歌詞より抜粋≫
----------------

こちらは楽曲のサビの歌詞です。

ラテン調のメロディーに乗せて心地よく韻が踏まれています。

また、この楽曲はメンバー・千葉涼平が初めてソロラップを務めた楽曲でもあります。

クールなラップパートもぜひチェックしてくださいね。

キレイだ

▲キレイだ(MUSIC VIDEO Full ver.) / w-inds.

キレイだ』は2004年6月にリリースされた12枚目のシングルです。

ガムのCMソングに起用されていたので、聞いたことがあるという方も多いかもしれませんね。

同曲はシングル曲では自身初となる日本語タイトルの楽曲

作詞作曲を音楽ユニット『スキマスイッチ』が務めたことでも知られています。

楽曲の内容は爽やかなメロディーが印象的な失恋ソングです。

----------------
そのうち忘れるんだって 思いつめてもしょうがないんだって
戻らないものはもう戻らない
何度も手にとる写真は破れず、 君はキレイだ
≪キレイだ 歌詞より抜粋≫
----------------

別れた彼女に後悔の思いを馳せる歌詞が切ないですね。

この前後からボーカル・橘慶太の声がやや大人っぽく変わり始め、グループに色気が増してきます。

DoU

▲DoU(MUSIC VIDEO Full ver.)/ w-inds.

DoU』は2020年1月にリリースされた42枚目のシングル。

w-inds.が3人体制でリリースした最後の楽曲です。

同曲は「大人の男女の駆け引き」をテーマに、メンバー・橘慶太がセルフプロデュース

中毒性の高いメロディーやキレキレのダンスが印象的です。

----------------
DoUしたい?
もう終電無いんじゃない?
DoUしたい?
今夜は帰さない
Do U want?
誰のモノでも構わない
Do U want?
今夜は君だけの男さ
≪DoU 歌詞より抜粋≫
----------------

楽曲の印象のみならず、歌詞もグッと大人っぽい内容です。

デビュー当時の透明感や可愛らしい感じも良いですが、『DoU』で見せた色気たっぷりで大人ぽい感じも素敵ですね。

Beautiful Now

▲Beautiful Now(MUSIC VIDEO Full ver.)/ w-inds.

Beautiful Now』は2020年12月にリリースされた楽曲。

橘慶太と千葉涼平の2人体制になってから初となるシングルです。

作詞を務めたのは、なんと橘慶太と千葉涼平の2人。

橘慶太は作曲も手がけています。

----------------
Somewhere 一瞬で I've lost your smile
閉ざした空見上げ cry
≪Beautiful Now 歌詞より抜粋≫
----------------

こちらは楽曲冒頭の歌詞。

2人の葛藤や辛い気持ちが伺えますね。

しかし、続く歌詞ではw-inds.再スタートへの強い思いを感じられます。

----------------
答え探し求めるたび
僕ら何度 自問自答
いつの日か笑える様に
歩き出そう 少しずつでいい

Right now 光射す方へ
霞む空を睨んで
掴み取れるさ new days
諦めない どんな時も
≪Beautiful Now 歌詞より抜粋≫
----------------

緒方龍一の脱退を受け、この先w-inds.はどうなってしまうんだろうと不安になったファンも多かったかもしれませんね。

しかし、彼らはこれからも前を向いて歩み続けるようです。

まだまだ走り続けるw-inds.に注目!

w-inds.の20周年を記念するベストアルバム『20XX“THE BEST”』のリリースが待ち遠しいですね。

『20XX“THE BEST”』は彼らの歴史を語るものであり、「これからも進み続ける」という決意も感じられる作品であるように思います。

また、『20XX“THE BEST”』リリースと同時に初のインストアルバム『20XX THE BEST INSTRUMENTAL』が配信リリースされることも決定しました。

インストアルバムを聴いて、彼らの歴史を辿るシングル全47曲の歌詞を歌いながら振り返ってみるのも20周年ならではの楽しみ方ですね。

デビュー日の3月14日には初のオンラインShow、w-inds. Online Show『20XX“THE MUSEUM”』も開催されます。

アーカイブ(見逃し)配信もあるので、こちらも見逃せません。

次はどんな楽曲やパフォーマンスで私たちを楽しませてくれるのか、良いニュースを楽しみに待ちましょう!

w-inds.(ウインズ)は、橘 慶太、千葉 涼平、緒方 龍一からなる3人組ダンスボーカルユニット。 2000年11月から毎週日曜日、代々木公園や渋谷の路上でストリートパフォーマンスを開始。口コミで瞬く間にその旋風は拡がりを見せ、デビュー直前には渋谷ホコ天に8,000人を動員。そして満を持して200···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

Awesome City Club「勿…

この春、あなたが登る階段とはなんですか…