1. 歌詞検索UtaTen
  2. コラム&特集
  3. J-POP
  4. 椎名林檎

椎名林檎「罪と罰」の歌詞に見る二面性。過去がもたらす「罰」の意味とは

『罪と罰』は、2001年1月26日に発売された椎名林檎の6thシングルです。有名な文学作品を彷彿させるタイトルもインパクト大。何が「罪」で何が「罰」なのか?タイトルに込められた思いを、椎名林檎の歌詞から読み解いていきます。

『罪と罰』タイトルから漂う世界観

▲椎名林檎 - 罪と罰

罪と罰』は、アルバム『勝訴ストリップ』から先行シングルとしてリリースされ、話題になりました。

魂の叫びのような椎名林檎の歌声に加え、ゲストミュージシャンとして参加した浅井健一のギターの音色が楽曲に深みを与えています。

さて、『罪と罰』というタイトルからまず思い浮かぶのは、ドストエフスキーの小説『罪と罰』ではないでしょうか。

ある青年が利己的な理由から殺人を犯し、自分の中に芽生えた罪悪感と向き合っていく様が描かれた作品。

椎名林檎の『罪と罰』という楽曲名からは、どこか薄暗く、意味深なものを感じます。

ドストエフスキーの作品では、当初は罪悪感を抱いていなかった青年が、あることをきっかけにして罪悪感を抱き始めます。

『罪と罰』は、自分の犯した罪を償うべく、最後は自首をする物語。

やはり、罪を犯せばいつか代償を支払う時がやってくるのでしょうか。

椎名林檎が『罪と罰』で歌い上げる罪とは一体何か、払わせる代償としての罰は、どのようなものなのでしょうか。

このタイトルに込められた意味を、彼女の世界観が色濃く反映された歌詞を読み解きながら解釈していきましょう。

歌詞が意味する2つの世界


『罪と罰』は、朝日が差し込む暗い部屋から始まります。

日の当たる「山手通り」と孤独が支配する「小部屋」の対比が印象的です。

----------------
頬を刺す
朝の山手通り
煙草の空き箱を捨てる
今日もまた
足の踏み場は無い
小部屋が孤独を甘やかす
≪罪と罰 歌詞より抜粋≫
----------------

荒廃した部屋と、虚しさを際立たせるタバコの空き箱。

一人取り残される孤独を持て余しながら投げ捨てる空き箱が、過去の記憶へと誘います。

----------------
「不穏な悲鳴を
愛さないで
未来等見ないで
確信出来る
現在だけ重ねて
≪罪と罰 歌詞より抜粋≫
----------------

不確かな未来よりも、今目の前にある現実に身を委ねていたい

たとえ愛し合っていたとしても、幸福なその時間が永遠に続くとは限りません。

----------------
あたしの名前を
ちゃんと呼んで
身体を触って 必要なのは
是だけ認めて」
≪罪と罰 歌詞より抜粋≫
----------------

愛しい人に名前を呼ばれると、それだけで存在を許されたような気分になりますよね。

明日、明後日。まだ見ぬ未来で2人がどうなっているとしても、大切なのは今。

今、この瞬間の幸福を、実感を、味わっていたい。

そんな切実な願いがひしひしと伝わってきます。

タバコの香りが呼び起こす愛の記憶


----------------
愛している独り泣き喚いて
夜道を弄れど虚しい
改札の安蛍光灯は
貴方の影すら落とさない
≪罪と罰 歌詞より抜粋≫
----------------

夜道を照らす街灯に、改札の白々しい灯りに、愛しい人の姿を探す。

幸福のあとに訪れる孤独は、虚しさをより一層際立たせます。

日常の中に、無意識のうちに愛しい人の影を求めてしまう。

----------------
愛している独り泣き喚いて
夜道を弄れど虚しい
改札の安蛍光灯は
貴方の影すら落とさない
≪罪と罰 歌詞より抜粋≫
----------------

冒頭に登場するタバコの空き箱。その銘柄はセブンスターなのでしょう。

見慣れた銘柄が、遠い日の愛しい時間を呼び覚まします。

タバコの香りが、過ぎ去った日々や季節を脳裏に蘇らせる。なんとも詩的な表現ですね。

目に見えるものではなく、記憶の片隅に住み着いた匂いが、もういない人の存在を強く示しています

----------------
あたしが望んだこと自体
矛盾を優に超えて
一番愛しいあなたの声迄
掠れさせて居たのだろう
≪罪と罰 歌詞より抜粋≫
----------------

自分の望みが、愛しい人を追い詰め、その声を枯れさせていたこと。

「矛盾を優に越え」る望みとは一体、何だったのでしょうか。

愛が募れば募るほど、大切な人を追い詰め、疲弊させていったのだとしたら。

それこそ矛盾です。

----------------
静寂を破るドイツ車と
パトカー
サイレン 爆音 現実界
≪罪と罰 歌詞より抜粋≫
----------------

現実へ引き戻すのが「パトカー サイレン 爆音」というのが何とも不穏。

タバコの空き箱だけを残して、一体どこへ消えてしまったのか。

物語の余韻に想いを馳せてしまいます。

『罪と罰』が意味するもの


----------------
「不穏な悲鳴を
愛さないで
確信出来る
現在だけ重ねて
あたしの名前を
ちゃんと呼んで
身体を触って 必要なのは
是だけ認めて」
≪罪と罰 歌詞より抜粋≫
----------------

曖昧な未来より、今確かにある現在をしっかり見据えて、触って確認できる「あたし」を愛して欲しい

触れること、名前を呼ぶこと。どちらも、愛を確かめる方法の一つであり、愛を渇望する様がまざまざと浮かんできます。

そうまでして追い求めた愛は、自分の両手をすり抜けて、今やタバコの空き箱に。

散らかり放題の部屋が「孤独を甘やかす」のは、モノに囲まれていることでせめて、心の寂しさを埋めているからではないでしょうか。

愛しいぬくもりを忘れることができずに、いつまでも足の踏み場もない部屋に閉じこもっていた「あたし」。

----------------
頬を刺す朝の山手通り
煙草の空き箱を捨てる
今日もまた
足の踏み場は無い
小部屋が孤独を甘やかす
≪罪と罰 歌詞より抜粋≫
----------------

朝日は一日の始まり。新しい日が始まろうという時間に、一人小部屋で過去と戯れる「あたし」。

まるで正反対な現実を見事に描き出した歌詞が秀逸です。

愛に酔いしれた過去が「罪」なのか。孤独をもて余す現在が「罰」なのか

対照的な過去と今に目を向けながら、『罪と罰』というタイトルに込められた意味に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

黒と赤が印象的なミュージックビデオ



『罪と罰』のミュージックビデオは、黒と赤が印象的な映像作品です。

椎名林檎が身につける衣装の、赤と黒。そして、過去を思わせるモノクロのシーンと、現在を思わせるカラフルなシーンでは、椎名林檎の表情にも大きな違いが。

そして、真っ二つに切られた車。

まるで過去と現在を引き剥がすように無惨に切り裂かれた車体と、けだるそうな表情の椎名林檎。

一体過去に何があったのか、その過去が現在にどんな結果をもたらしたのか。

まさに『罪と罰』の世界観を体現しています。

目の周りを黒く塗ったメイクで車を一刀両断する様はインパクト大。

このミュージックビデオで使用されている車は椎名林檎本人が購入した、年代物のベンツであり、私物を使った大胆な演出も注目ポイントです。

SPACE SHOWER Music Video Awards(2000年)で最優秀女性アーティストビデオ賞を獲るなど、映像作品としても高く評価されています。

独特のハスキーボイスとインパクト大のメイクにもご注目ください。

▷Official WEB site [SR猫柳本線] ▷椎名林檎オフィシャルFacebookページ ▷UNIVERSAL MUSIC JAPAN Official WEB site ▷椎名林檎オフィシャルYouTubeチャンネル ▷椎名林檎 特設サイト

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約