1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. ROTTENGRAFFTY
  6. ピックアップアーティストコラム歌言<vol.5>ROTTENGRAFFTY・NOBUYA「更生」

ピックアップアーティストコラム歌言<vol.5>ROTTENGRAFFTY・NOBUYA「更生」

アーティストが今1番伝えたい歌詞への想いを綴る連載コーナー「歌言(utakoto)」。連載第5回目を務めるのは、ツインボーカルで人気を集める古都のドブネズミことROTTENGRAFFTY・NOBUYAさんです。

公開日:2021年10月15日 更新日:2021年10月15日


この記事の目次 []
  1. ・「更生」
  2. ・紹介された楽曲
  3. ・「更生」

「更生」

10代の頃はただただ暴言に近い歌詞ばかり書いて叫んでいました(楽しかった)。笑

20代の頃は「オレはここに存在する」「オレを見つけてくれ」って歌詞ばかり書いてた。

ROTTENGRAFFTYを結成してからもう一人のボーカルのNAOKIに歌詞を任せ曲のアレンジを考える事の方が楽しかった。

数年が経ちまた歌詞を書くチャンスをギターのKAZUOMIに与えてもらった。

それが更生という曲です。

歌詞を書く苦しみや楽しさに改めて気が付いた。

そして30代40代になり今歌詞を書く時に一番大事にしている事はバンドのメンバーの代表としてメッセージを届けるという事です。

バンド活動の中での葛藤や苦悩。幸福や快楽。夢や希望。

自分達が経験した事を歌詞にし自分達に向けて歌っている感覚です。

それを受け取った人達がそれぞれの解釈でエネルギーに変えてくれたら嬉しいです。

「こんなんじゃ終わらせないって心に刻め(PLAYBACK)」自分で書いた歌詞ですが今まさに自分の心に刻んでます。

50代60代になった時に個人としてのメッセージを歌いたい願望が少しづつですが膨らんでいます。

その時にまた歌詞について語らせてもらえると嬉しいです。

感謝。


TEXT NOBUYA (ROTTENGRAFFTY)

紹介された楽曲

「更生」

響く都・京都にて結成。 2013年に発売した4th Album『Walk』はバンド史上最高セールスを記録!2014年の15th Anniversary Yearでは東名阪ワンマンを含めtourROTTENGRAFFTYを行い、Zepp Tokyoなど各地でSOLDOUT。 そして結成当初から実施している主催イベント”ポルノ超特急”は2014年に京都パル···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

MISIA「逢いたくていま」が意味する…

WayV(威神V)メンバーのプロフィー…