1. サンタマリア歌詞

「サンタマリア」の歌詞 米津玄師

2013/5/29 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
てのひらをふたつ かさねたあいだ
一枚いちまい硝子ガラスへだてられていた
ここは面会室めんかいしつ あなたとぼく
けっしてひとつになりあえないそのままで
はなしをしている

今呪いまのろいにかけられたままふたりで
いくつもうそをついてあるいていくのだろうか
しとやかにおもたい沈黙ちんもくやさしさが
見開みひらいたと そのつないでいた
あなたはすこわらった

サンタマリア なにわないさ
まどうだけの言葉ことばたすくらいならば
様々さまざましあわせをくだいて いのつか
ようやくあなたに えたのだから
一緒いっしょにいこう あのひかりほう
をつなごう 意味いみなんかくたって

いつか紺碧こんぺき仙人掌サボテンいて
一枚いちまい硝子ガラスくずれるだろうさ
しんじようじゃないか どんな明日あしたでも
かさねたうその
のろいがけるのを

いまこのあいだにあなたがいなくなったら
かなしさやおそろしさもえてしまうのだろうか
くら午後ごご道端みちばたさがしまわった
のろいをかす そのちいさなナイフを
よごれることのないうた

サンタマリア すべただしいさ
どんな日々ひび過去かこ未来みらい間違まちがいさえも
そのには金色こんじき朝日あさひうつれる
点滴てんてきのように なみだとす
そのひとみが いつだってあなたなら
んだ 泥濘でいねいなかだって

ここは面会室めんかいしつ 仙人掌サボテンかない 硝子ガラスくずれない
そんななか一本いっぽん蝋燭ろうそくたしかにともつづける
あなたをつめ あなたにつめられ
しんじることを やめられないように

サンタマリア なにわないさ
まどうだけの言葉ことばたすくらいならば
様々さまざましあわせをくだいて いのつか
ようやくあなたに えたのだから
一緒いっしょにいこう あのひかりほう
をつなごう 意味いみなんかくたって

サンタマリア やみ背負せおいながら
一緒いっしょにいこう あのひかりほう