「恋と病熱」の歌詞 米津玄師

2012/5/16 リリース
作詞
米津玄師
作曲
米津玄師
文字サイズ
よみがな
hidden
きなことが すくなくなり
きらいなことが 沢山増たくさんふえた
まどにじくもていた
みんな背中せなかていた

いたいことが だんだんえて
えないことが 沢山増たくさんふえた
そらにごころていた
よるになろうとするばかり

何処どこにもけないあたしをどうする?」

眩暈めまいおぼれてゆめていた
白昼夢はくちゅうむすべてをんで
あいしていたいこと あいされたいこと
からっぽになるまで んで

おぼえたことが 沢山増たくさんふえて
わすれたことも 沢山増たくさんふえた
バスにられながらていた
きみはカメラでなに

秘密ひみつにしてね、約束やくそくしよう」
それすらいつか一人ひとりになって

ボタンひとつふいに千切ちぎれた
よるになろうとするばかり

ている二人ふたりをあなたはどうする?」

些細ささいうそから炎症えんしょうきた
ずっと微熱びねつみたいにまとわりついて
あいしていたいこと あいされたいこと
てられないまま ゆるしを

だれきらいたくないから ひたすらきらいでいただけだ
みんなのこと 自分じぶんのこと きみのこと 自分じぶんのこと

きみがいないと いろんなことが
いろんなふうきらいになって

病熱びょうねつはらませゆめていた
めしいたにみえたちていく
あいしていたいこと あいされたいこと
のぞんできることを ゆるしてほしい