1. 歌詞検索UtaTen
  2. 南佳孝

南佳孝の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

サクラの花よ

また今年もこの季節が めぐりめぐって あなたの好きな サクラの花が 空一面に

ビート

やけに哀しい瞳で 俺を見るのはよしなよ オレンジのビルのシャドウが 流れ出すカウンター

昼下がりのテーブル

静かに見つめてくれ 午後のテーブル 失くしたやさしさを並べながら ディランの歌だっけね

スタンダード・ナンバー

時は忍び足で 心を横切るよ 何か話しかけてくれないか あっけないKISSのあと

羅針盤

熱い風に胸さわぎ お前をさらってく 時の小舟は今 南へと漂泊う

Taste Of Honey

やさしく きみが笑うと そのとき夏ははじまる 眩しい光浴びて 横顔に影が刻まれる

恋のスケッチブック

あの娘の髪なら 明るい栗毛色 ピンクに染めた頬と はじける笑顔 大きな瞳を

素敵なパメラ

パメラ I love you うるんだ視線投げてよ

二人のスローダンス

天気雨 濡れたペイヴメント 裸足で駆け寄る君を抱いたよ 桟橋の手摺挟んで

柔らかな午後

ライムとシャンプー忘れたから 国道南へ戻ろう カブリオレの隣りの君に 胸騒ぎなど少し

憧れのラジオ・ガール

Radio Girl やさしい声で Radio Girl

Paradiso

俺が抱きお前が抱く 一瞬の永遠 裏ぶれた街の窓にも 蒼い月がのぼる

Berimbau

Quem e homem de bem

風の旅人

言葉が通じなくても 目と目でわかりあえるさ 君の心 美しすぎるから 朝陽に追いたてられて

真夜中の虹

DON'T YOU NEVER NEVER CRY

Prom Night

まるで男と女 プロム・ナイト 少し水玉のタイゆるめさせろよ お目あてのあの娘眺めてるから 喉の渇きいやす時間をくれよ

この歌が届くのなら

あの坂をこえ 右に曲がり その次の角を左 赤と茶の壁 過ぎてすぐ右

真昼のビール

こんなに晴れたら気持ちがいいや 風が頬染める 空を飛んでる鳥ならカモメがいいや ゆらり揺れながら 明日のことなら

潮風通りの噂

ごめんよ お前のあたたかい その胸が きっとおれを駄目にする グッバイ眠る女

スローなブギにしてくれ ~I want you~

Want you 俺の肩を抱きしめてくれ 生き急いだ男の 夢を憐れんで

クレッセント・ナイト

Close your eyes かげりゆく 月も

愛・素直に

肩と肩 ぶつけ合い ふざけて歩く 君とぼく 何だか楽しくて

Video City(Remix Version)

おいで この都会は硝子とジェラルミン 歩くスピードさえラテンのビートだよ 雲の上にそびえる摩天楼から 星のような夜景を見せて

斜めの町

遠くまでの視界 雨がさえぎり 濡れた舗道 バスのにぶいエンジン 少し早めの恋の追憶

マエストロ

君を上手に 鳴らしてあげよう 若いヤツには無理な話さ もっと優しく チューニングをして

真夏の風

ギラギラ太陽が 燃えてるその真下 あの娘は どこの娘さ 可愛い顔してる

プールサイド

きれいだよその水着 濡れると色が変わるね トカゲ色みたい光をはじいて きれいだね きみのからだも黄昏に染まってる

Sweet Charity

新しいタップ・シューズ 胸にかかえて 42丁目のバーガー・スタンドでディナー タイムズスクエアに開演ベルが お高貴いブロンドを真似して響くのさ

物語なき夏

風が変わるよ 白いシャツの袖を たくし上げると きみにもわかる

モンロー・ウォーク

つま先 立てて海へ モンロー・ウォーク して行く いかした娘は

全て見る