1. 歌詞検索UtaTen
  2. 桑名正博

桑名正博の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

セントラル パーク

そう8時に 逢って欲しい 人のざわめく 原宿セントラルパーク 珈琲皿の

セクシャルバイオレットNo.1( 1979年カネボウキャンペーンCMソング)

うすい生麻に 着換えた女は くびれたラインが なお悲しいね ファッション雑誌を

しらけちまうぜ

小粋に別れよう さよならベイビイ 振り向かないで 彼氏が待ってるぜ いきなよベイビイ

RAINな20才にさよならを

雨が古い映画のように ブルースしている 泣いている あんた男やろ 男やろ

馬鹿な男のR&R

これからおれが唄う歌 聞くも悲しい物語 あばずれ女にほれた 馬鹿な男のR&R 唄っていればごきげんで

月のあかり

灯りをつけるな 月の光が やさしく お前を てらして

哀愁トゥナイト

あなたはマッチを 吹き消して 煙草を吸う手が 決まってる Um~

予め追放された者たち

淋しい顔した人達が グレイの都会を流れてる レミングみたいに声もなく グレイの都会を流れてる ここはエデンの東

ダーティーヒーロー

やさしいヤツには気をつけろ あいつの眼つきは笑っちゃいない 冷たいヤツには気をつけろ つけこむチャンスを狙ってる 涙に逃げこむウソつき

ロード・マシーン

あいつとなら うまく行きそうだ 窓辺に花を飾って 暮らせそうだ でも仲良く年齢をとるなんて

ロンリネス

ひび割れて透き通る 不思議だね 心は そのままのおまえでいい 今夜はおやすみ

ダンシング

踊っておくれ タンブリンを手に 薔薇の小枝くわえて 床ならしてくれよ ルビーの紅い星が

サード・レディー

お前の裸の背中の上に 蒼ざめた月が模様を描く かよわい女さ 折れそうな肩 一生賭けても

10 YEARS AFTER

かるいジョーク とばしながら おまえたちと 仲間のふりしてた どん底の気分

夜の海

夜が来る 明日がみえない 夜の海 あなたが みえない

ミラー・ドライブ

戻ろうと思えば いつでも うつむけばなつかしい Miller Dr.

カリフォルニアが遠ざかる

あこがれが見えていた 水平線は遥か色 テーブルクロスの縞模様 光のなかでうづまく ブラインドのすき間から

オン・ザ・ハイウェイ

わけもないけれど 帰ってきたのさ お前のところへ 向っているのさ 車のウィンドウかすめて

スコーピオン

砂丘のうねりに 沈む夕陽が お前の涙を赤く染めてゆく ナイルを旅する 船のデッキで

あの日...

いやな思い出捨てて この街を出たのは 遠い昔の事さ 若かったあの日 君は何も聞かず

そこからがパラダイス

河の流れへ舟を出し 酔っぱらい男が泣きながら からっぽの頭でこぎ出せば ひとりぼっちへ舞い戻る

Dear My Friend ~我、親愛なる友へ~

My Friend 覚えているかい? 汗にまみれ走ったあの日を My

エボニー・アイズ

Ebony Eyes つぶらなまなざし Ebony Eyes

薔薇と海賊

港に錨を投げた都会は 夜の帆掲げた 海賊船さ 鴎を漁った店は 『ジャマイカ』

夢の砂漠

夢からさめ 眼を開け それから僕は 砂漠を ひとりどこまでも

恋とブギウギ

シルクの服を風に乱して お前の頬が炎えている うるむ瞳が Ah- 俺をつらぬいた夏

俺たちに明日はない

絹の靴下 指を滑らせ おまえは 心がこわれたと言う 返事がわりに

THE SUPER STAR

ベルベットの紅いカーテンの裏で 君は暗い客席を見て振り向く そして急に泣きそうな顔をすると 俺にそっと瞳で語りかけたね

テキーラ・ムーン

砂漠から砂漠へと 心は乾くだけだよと あー流れる星たち あー南風の中 テキーラ・ムーン

いいヤツ

街も店もかわっちまった ダチの顔もずいぶんふけた 忘れたとは言わせやしない 倍にしてもかりは返すぜ

全て見る