1. 歌詞検索UtaTen
  2. 猿岩石

猿岩石の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

白い雲のように

遠ざかる 雲を見つめて まるで僕たちの ようだねと君がつぶやく 見えない

コンビニ

近くのコンビニで 真夜中過ぎに出逢った 洗い髪の君に 僕は恋したのさ 名前さえ知らない

オエオエオ!

オエオエオ オエオエオ 長い夜が始まる オエオエオ オエオエオ

君に会いに行こう

季節が風に運ばれて 街はいつしか 空を着替えてる 駅へと続く人混みに 僕は流され

少年の羽根(アニメ がんばれゴエモン OP)

畑を抜けて 橋を渡り 国道に出てから 振り返る

どうして僕は旅をしているのだろう

道端に転がった ただの石ころたち もう2度とその場所を 離れたくないのか?

昨日までの君を抱きしめて

心はいつでも不安だらけで 何かをするときも自信がない この世界中のすみっこからきっとどこかに 抜け出せる出口が見つかるはず

ツキ

HEY! HEY! どうにかなるだろう きっと うまく行くさ

Christmas

木漏れ陽に 照らされた 本当のキミの顔 腕の中で 子供みたい

My Revolution

さよなら Sweet Pain 頬づえついていた 夜は昨日で終わるよ

声が聴こえる

声が聴こえる 耳を澄ませば…… 何かに流されて 僕は生きてる

1986年のLOVE SONGS

借りていた本に挟んでた 2人の写真がある あの日の教室 ピースサインが はにかんだ未来だね

初恋

左腕のもっと 左に見えた 君の横顔に触りたいな 次の角は曲がらずに行こう 遠回りも遠く無い

淋しさに教えられて

忘れられぬ想いに 夜の街を彷徨い 人ごみのどこかに 偶然を探してた

もう いない

君の夢を見た あの頃が帰って来た なつかしいソファーに 僕たちは坐った

夜明けまで もうすぐ…

どんな風に君に 話したらいいのだろう 僕は また 煙草に

バイトの最後の日

バイトの最後の日に チャリンコ 漕ぎながら きれいな星を見て なぜか