1. 歌詞検索UtaTen
  2. Alice Nine

Alice Nineの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

リニア

描き出した僕らのメロディー 街灯も虹すらも越えてゆけ 羽ばたき方忘れてたって 僕達はいつでも飛んで行ける 心、ひとつでいい解き放ってゆく

白夜ニ黒猫

猫は、ずっと見ていた 事の一部始終 琴を、ずっと爪弾く 綺麗な茜色

I,

涙をふいて 風を感じている 帆を広げて 雲の切れ間が 光のカーテンを空に飾る

この頃 息苦しいんだ 鏡の中探しても 自分の存在だって 確かに感じられない

9th Revolver

Recollection 与えられたのは So tiny waste

JEWELS

君のくれた 春の日々は 香りはそのままで 廻るよ 言えない言葉を

ROSARIO

星座の季節、街は彩り、コバルトブルーのヘッドライトが揺れる 解けかけた 君との糸を 繋ぎ直す為にここへ来たんだ 君の頬

Ray

瞳閉じて 貴方を想う 輝きの中 色は褪せずに 思えば

ブループラネット

ほうき星が 行き先を指差して描かれたWONDER PLANET Suddenly,

虹の雪

二人の足跡 降り続く白に消えてく 溶けてはくれない 想い出ひとつ 肩にまた、はらりと落ちて

BLUE FLAME

傘は差さずにいる 雨音達 踊る ワルツを 肩で

4U

星屑 水面に浮かべ 此処ではない何処かへと 漕ぎ出す月の海 何番地かわからないけれど

www.

氾濫する情報 波にさらわれて 依存する 匿名希望A

Waterfall

流れ落ちる記憶 やがて川になり 海へ 形成してゆく要素

Q.

I don't know myself I'll

銀の月 黒い星

いつからか、僕らは上手く笑う事も 出来ず 過ごしてたね 君と居た季節は 白く染められて

ハロー、ワールド

何かが変わりそうな夜 人知れず言葉を書き溜める 心の根元に息衝く言葉や音は 偉大な誰かの植え付けた種なのだけれど このちっぽけな体じゃ飽き足らず

G3

ひとつ、四角い部屋で生まれ ふたつ、中から月を見上げ みっつ、居場所の無い籠を ひたり、ひたりとノタウチマワル

Le Grand Bleu

握りしめた夢 飛び立っていく渡り鳥 水平線は 今も 僕たちの門出を祝ってる

ZERO

「始めようか?」カーニヴァルを まだ世界は目覚めちゃいない 全ての事象に理由が在るなら 説明してみな

春、さくらの頃

気付けば いつも傍に在って 当然と思うようになって 同じだね 見て来た風景も

闇ニ散ル桜

桜舞い散る季節に 苦悩から逃げ出した話、嗚呼 声を殺し終わり待つ 誰も僕を見てくれなくて

the Arc

Can you hear me? 嘆きの鐘とざわめく鉄の針葉樹

Heart of Gold

振り返る過去は 置いておいで 踏み締めた道の跡 ガレキへ花が咲く

残響ホワイトアウト

踊れはしない 壇上のピエロ 何も出来ずに 話題の外

Stargazer:

月明かりが照らした道で 君の手を引いて 駆け上がってく さっきまでの「今」はもう過去へ 僅かだって

SLEEPWALKER

旅人が辿り着いた先は 声の無い ガレキが積み重なる塔の下 ねえ君よ

MIRROR BALL

絶えず繰り返したhide&seek 光と闇の交差が 君と僕の境界線 線引き、二人を隔てた

“13”

気付かぬ間に ルーレットは廻り始め 隣の誰かが密告者な事など 知る由もない このいばらの冠

百合は蒼く咲いて

枯れてゆく花は 白い部屋で一人 沈みゆく君を見つめてた いつも会うと君は

全て見る