1. 歌詞検索UtaTen
  2. Sound Horizon

Sound Horizonの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

終端の王と異世界の騎士(The Endia & The Knights)

→ 此れは... 終端の王と異世界の騎士達との 壮大な戦いの序曲である……

美しきもの

君の大好きなこの旋律...大空へと響け口風琴... 天使 が抱いた窓枠の画布...ねぇ...その風景画...綺麗かしら? 其れは――

この狭い鳥籠の中で

四角く切り取られた空 幼き日の私の世界 窓辺に降り立った君は 月光のように 優しく笑った……

硝子の棺で眠る姫君

真雪の肌は白く 黒壇の髪は黒く 血潮のように赤い唇 冬に望まれ産まれた私

光と闇の童話

見上げれば丸い夜空 揺らめく蒼い月夜 神の名を呪いながら 奈落の底で唄う……

沈んだ歌姫

第十二巻 741ページ… 二人の歌姫 沈むのはいずれか…

薔薇の塔で眠る姫君

微睡みの森に踊る 百の孤独と 月影に蝶は朽ちて 死の夢を見る

見えざる腕

眠れぬ宵は路地裏の淫らな牝猫に八つ当たりして... 嗚呼...見えざるその腕で首を絞める... 《夢幻影》壊れゆく自我の痛み...

侵略する者される者

Celt Iberosの眷属が築いた 城壁を崩して Carthageが踊った勝利の舞踏が 大地を震わせた

彼女が魔女になった理由

坊や 光を知らないアナタは 視力という その概念自体 解らなかった

石畳の緋き悪魔

残酷ナ『永遠』トイウ苦イ毒ヲ、喰ラウ覚悟ガ在ルナラバ、共ニ生キヨウ 残酷な『永遠』という苦い毒を、喰らう覚悟を決めたから、共ニ生キヨウ 『争いの歴史は駆け廻る――』

StarDust

お揃いね私達 これでお揃いね あぁ幸せ…… 女は物言わぬ

磔刑の聖女

鈍色の足取り 決意で進める 背中に風を感じて 一度だけ振り返る

緋色の風車

廻る回る《緋色の風車》綺麗な花を咲かせて 躍る踊る《血色の風車》綺麗な花を散らせて 小さな掌に乗せた硝子細工... 其の宝石を『幸福』と謳うならば...

死と嘆きの風の都-Ιλιον-

「急いで,貴方達?風神殿の神官様がお待ちよ?」 「んもぅ,新入りィ。グズグズしてると、 アタイの鉄拳が日を噴くよォ?」」 「んふふ」「ごめんなさい」

Ark

「――箱庭を騙る檻の中で 禁断の海馬に手を加えて 驕れる無能な創造神にでも成った心算なの……」 (崩壊

星の綺麗な夜

The people who forwarded in

エルの絵本【魔女とラフレンツェ】

鬱蒼と茂る暗緑の樹々 不気味な鳥の鳴き声 ある人里離れた森に その赤ん坊は捨てられていた

宵闇の唄

私は『誰』なのか? 記述が抜け落ちた 真っ白な其の頁を 宵闇が染めてゆく 気付けば井戸の底

神々が愛した楽園(Belle Isle)

神話は生まれ...伝説は語られ...歴史は唯記される―― 嗚呼...物語は詠うように紡がれ続ける…… 死を抱き眠る冥闇の水面を渡り揺れる焔... その灯火を生命と呼ぶなら

天使の彫像

後の世に【神の手を持つ物】―― と称される彫刻家『Auguste Laurant』 戦乱の最中に失われ 平和と共に姿を現したとされる

青き伯爵の城

朧気な...記憶を...辿って... 曖昧な...自分を...描いた... どんな...顔で...笑い...どんな...声で...歌ったのか...

運命の双子(-Διδυμοι-)

後の世に楽園と謳われる 詩情溢れるアルカディアの山々 暮れ泥む秋の日の憧憬―― 其れは...未だ世界の悪意を識らぬ幼子の戯れ...

澪音の世界

荒れ果てた野を 一人の少女が往く 正確には一人と一匹 少女の右手には赤い紐 その先に結ばれたる首輪もまた赤く

エルの肖像

白い結晶の宝石は 風を纏って踊る 樹氷の円舞曲 遠く朽ちた楽園

歓びと哀しみの葡萄酒

其れは...歓びに揺らぐ《焔》...哀しみに煌めく《宝石》... 多くの人生...多くの食卓に...彼女の『葡萄酒』があった―― 横暴0501運命に挑み続けた女性「Loraine de Saint

恋人を射ち堕とした日

弓がしなり弾けた焔 夜空を凍らせて 凛と蒼く別離の詩を 恋人を射ち堕とす…

朝と夜の物語

生まれて来る朝と 死んで行く夜の物語... 嗚呼...僕達のこの寂0302さは 良く似た色を0302た《宝石》

Yield

一人娘はせっせと種を蒔く 変わらぬ過去に 訪れぬ未来に 不毛な行為と君は笑うだろうか?

黒き女将の宿

ぶらん。ぶらん。風吹きゃ ぶらん。 踊るよ、黒いぶらんこ……。 おらは貧しい村に生まれ

全て見る

関連ハッシュタグ