1. 歌詞検索UtaTen
  2. 崎谷健次郎
  3. 崎谷健次郎の歌詞一覧

崎谷健次郎の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月27日

14 曲中 1-14 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

Brand new season

崎谷健次郎

作詞:崎谷健次郎

作曲:崎谷健次郎

歌詞:(This is all real, Listen

いつまでも~Life In The Universe~(2017remix ver.)

崎谷健次郎

作詞:崎谷健次郎

作曲:崎谷健次郎

歌詞:いつまでも、いつまでも、君だけ なぜだろう最近出会った 頃のこと 思い出すよ

OUR LIVES(2017ver.)

崎谷健次郎

作詞:崎谷健次郎

作曲:崎谷健次郎

歌詞:一人の手のひらで できることはあまりにも小さすぎて 何もできないのかと 時々は不安になるけれど 誰も逃げ出せない

こころの続き

崎谷健次郎

作詞:松井五郎

作曲:崎谷健次郎

歌詞:陽が沈む 水辺には 寄せる波音 刹那をくりかえす いのちを問うように

この雨に降られても

崎谷健次郎

作詞:崎谷健次郎

作曲:崎谷健次郎

歌詞:天気予報どおりに グレーの雲が低く垂れ込んでいる 傘を手に取りながら いいかげんに してくれとつぶやいた

Good Day Good Sign!

崎谷健次郎

作詞:崎谷健次郎

作曲:崎谷健次郎

歌詞:Good day! Happy Day! Good

FRIENDS WILL BE FRIENDS

崎谷健次郎

作詞:崎谷健次郎

作曲:崎谷健次郎

歌詞:我が家へようこそ!君は元気でいたかい? 僕は相変わらずの暮らしをしているよ 明日は明日の風が吹くものと 思って生きているのさ 以前より今を

ONE

崎谷健次郎

作詞:崎谷健次郎

作曲:崎谷健次郎

歌詞:友だちとはしゃぐ君を 風よ どうか連れてかないで ah 時の彼方へ

春の風

崎谷健次郎

作詞:崎谷健次郎

作曲:崎谷健次郎

歌詞:窓の外 一面に 薄紅の桜がゆれている なんとなく僕は言葉を探して 席に着いた君に話してる

TRY YOUR WINGS

崎谷健次郎

作詞:崎谷健次郎

作曲:崎谷健次郎

歌詞:昨日ウエブで見たあのNEWS 今日も続きが気になっている 目に飛び込む 情報の波に いつの間に飲まれてく

君の声

崎谷健次郎

作詞:田口俊..

作曲:崎谷健次郎

歌詞:たとえ心を見せ合っても 僕は僕で 君は君と思っていた 自分のことを犠牲にして 愛することなんて

SUPER MOON

崎谷健次郎

作詞:崎谷健次郎

作曲:崎谷健次郎

歌詞:(Shiny night shining star and

真昼の別れ

崎谷健次郎

作詞:高橋真梨子

作曲:崎谷健次郎

歌詞:ねェ 僕の家に レコード聞きにおいで、と言った そう 私は今

もう一度 夜を止めて

崎谷健次郎

作詞:秋元康

作曲:崎谷健次郎

歌詞:時間を忘れるように 窓のシェイド羽根を傾け 腕を組んだ細い肩に 長い髪が震えていた もう一度だけ

崎谷 健次郎(さきや けんじろう、Kenjiro Sakiya、1962年12月30日 - )は日本のシンガーソングライター・音楽プロデューサーである。 1985年に作曲家としてスタートを切り、1987年に「思いがけないSITUATION」で歌手デビュー。アダルト・コンテンポラリーの先駆者、映画音楽、劇伴も手掛けるキーボード、ピアノを中心に演奏するマルチプレイヤーである。代表曲に「もう一度夜を止めて」があり、斉藤由貴「夢の中へ」、 中山美穂「これからのI Love You」などのヒットで知られている。海外では、「涙が君を忘れない」はフィリピンで「Babalik Kang Muli」の名でヒット。台湾など中華圏ではインスト曲「RAGTIME ON THE RAG」 も親しまれている。 wikipedia