NITRODAYの歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. NITRODAY
  3. NITRODAYの歌詞一覧

NITRODAYの歌詞一覧

公開日:2019年9月22日 更新日:2022年11月17日

22 曲中 1-22 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

アンカー

NITRODAY

作詞: ninoheron

作曲: ninoheron ..

歌詞:時間さ、空気抜けた自転車急がせる 踏み込み甘いペダル明日に追いつけず みんな大人になっちゃうし もうどうすればいい ぼくは相変わらず鼻たらしで

最低

NITRODAY

作詞: 小室ぺい

作曲: 小室ぺい

歌詞:夕方おれは笑ってる 夕方おれは笑いまくっている 最低 最低 最低

人にやさしく(映画「君が世界のはじまり」 タイアップソング)

NITRODAY

歌詞:気が狂いそう やさしい歌が好きで ああ あなたにも聞かせたい このまま僕は

グミ

NITRODAY

作詞: 小室ぺい

作曲: 小室ぺい

歌詞:風に軽く身を包んだ まるで革命家の気分さ 浮き立つよ 足元 余所に二階では君が

氷菓

NITRODAY

作詞: 小室ぺい

作曲: 小室ぺい

歌詞:立ち止まり 息殺した 目の前を夏が過ぎた 時計は壊れたままだし 駐車場に座り込んだ

ユース

NITRODAY

作詞: 小室ぺい

作曲: 小室ぺい

歌詞:朝 道 会った人 強い風 揺れる影

アルカホリデー

NITRODAY

作詞: 小室ぺい

作曲: 小室ぺい

歌詞:その日は寝覚めから左寄りの胸のとこ 借りてきた映画で聞いた台詞がつっかえていて おれなら何ていった おれなら何て考え口にした そんな寝言ほどの意味もないことばかりに目が回る

月曜日

NITRODAY

作詞: 小室ぺい

作曲: 小室ぺい

歌詞:朝はいつも通りやってくる 東に絞られてやってくる おれみたいな人間にだって 朝はいつも通りやってくる

ホームラン!

NITRODAY

作詞: 小室ぺい

作曲: 小室ぺい

歌詞:ゆき場ない悲しみをボールに込めて (ホームランしてやる) ホームランしてやる 流れゆくあの雲に憧れたって

ブラックホール feat.ninoheron

NITRODAY

歌詞:ヘイ アダージョ 名もなきピアニストから奏でられる その揺るぎ無き 音の粒の数々

ダイヤモンド・キッス

NITRODAY

歌詞:アンプの上に乗っかったリンゴ キュって齧ったきみはメグ・ライアン タイヤの空気は満たしていこうよ そしてそっと顔出すメランコリ

レモンド

NITRODAY

作詞: 小室ぺい

作曲: 小室ぺい

歌詞:鮮やかな血流れて 36度 気は遠くなってく ぼんやり微睡む窓辺 ずっと止まった空

向日葵

NITRODAY

作詞: 小室ぺい

作曲: 小室ぺい

歌詞:朝起きてシャツを着て退屈へ飛び込む 足元に映った影に身を運ばれるままで 無理矢理に目に入る空の青にやられて 履き古したスニーカー 空き缶蹴飛ばす気も失せる

ヘッドセット・キッズ

NITRODAY

歌詞:いつものスニーカー踏み込んで いつもよりスピードをつけて走る 誰か手を振ってる気もするけど 今更何か言っても聞こえないや

ジェット

NITRODAY

作詞: 小室ペイ

作曲: 小室ペイ

歌詞:駅はもう夜の一時で 何処へも行かれやしないな 冷え切った肺の奥から吐いた息は情けが無いな 分かっていて

ヤングマシン

NITRODAY

作詞: 小室ペイ

作曲: 小室ペイ

歌詞:ひとりきりでは 自棄クソになる 夕暮れヒコーキ彼方へ飛ばすんだ でっかい爆弾抱えて微笑んで見せて

カリビアン・デイドリーミン

NITRODAY

作詞: 小室ペイ

作曲: 小室ペイ

歌詞:窓の外 曇り空見てる時に目が死んでることが多い 火星から落っこちて来た少女と恋に落ちる妄想の話 シャワーで流し去って

炭酸状態

NITRODAY

作詞: 小室ペイ

作曲: 小室ペイ

歌詞:汗の残り香であの季節を思い出して 日が暮れていく頃に降り出した夕立ちよ 傘も差さずに溶かされたい 溶かされたい 左の頬に雨粒を光らせて

フライマン

NITRODAY

作詞: 小室ペイ

作曲: 小室ペイ

歌詞:つまらないな 同じ映画を何度も見てるようで 意味がないな 流れてく雲 眺めて日が暮れる

ハイティーン

NITRODAY

作詞: 小室ペイ

作曲: 小室ペイ

歌詞:屋上 暑さと涼しさに浮かされて 見下ろす季節の大きさににやついた 夜風に流され裸足のまま駆け出す

ボクサー

NITRODAY

作詞: 小室ペイ

作曲: 小室ペイ

歌詞:電気ショックで いつも馬鹿になるのさ 右手構えて そのままポッケに突っ込む 天気はパステル

青年ナイフ

NITRODAY

作詞: 小室ぺい

作曲: 小室ぺい

歌詞:駅構内の階段を1,2と息を整え昇ってる コンクリート濃いグレイカラーが最高密度に達してる いい加減飽きてきたって街の左側にて呆けてる 徐々に狭くなる視界はモノクロの古い映画に似てる