1. 歌詞検索UtaTen
  2. orange pekoe

orange pekoeの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

やわらかな夜

浅き夢のあとは ふと思い出して 儚きものへと 想い馳せる 螺旋を描いては

太陽のかけら

ここにただ 愛のうた 愛のうた 太陽のかけら ここにただ

マリーゴールド

木漏れ日を謳う鳥のように 囁きを描く雨のように 何時もずっとそうしていられたら いつのまにか咲いてる

黄金色の羽根

時を超えて行くように なんでもない瞬間を 今も覚えている 君の名前を聴いたとき

Happy Valley

レシピは こころの宇宙 七つ色の星 ちいさな アツイ光

空の庭

それは、 空の庭へ続く道の途中 時の舟を動かして 鍵を開けるきっかけは 『今、こそ

グレイスフル レイン

一面銀色 君にも見せたい この世界にはまだ幾つも ほら美しい景色が

愛の泉

そうだ 特別に教えてあげるよ 内緒の小瓶の蓋を開けるんだ 秘めてはいられない 限りない宇宙は

アダジオ

’アダジオ’あなたが居なくて この部屋のメトロノームは ’アダジオ’"孤独"の2文字で埋められていくように この眠れる森で

太陽のフライト

風に乗るように自由に飛びまわる 私のこころに吹く風は今 波を滑り抜け 谷間を通り越し 君のところへも飛んでいくのさ

エメラルドの祈り

湖畔に浮かんでいるムーンボウ グラスに溶けているwater flow 彩り添えているbutterflies 川面に流れるフラワー・ボート

Green Flash

いつの日か 思い出して たとえば そう こんな風景

12ヶ月

まどろみ破れたなら 窓を開けましょう 囁きの夢現 ヴェールを感じて

南風

日が落ちた 葉の向こう みじかい雨が とおりすぎた 音たてて

bottle

砂浜に置いた あの日のbottleが 流れ 消えてしまうまで もう少しこのまま君のことを忘れずにいてもいい?

tiny, baby

(tiny, baby) (tiny, baby)

Selene

君が知った 悲しみぜんぶ 私が抱きしめていてあげる 君が抱えた 痛みもぜんぶ

Floatin'

夜明け前 まだ寒い海の上 飛ぶように ゆっくりと探したの あたたかい居場所へと

キラキラ

キラキラが 歓びが あふれてる 君がいるから こころから

おくりもの

まるでドラマティックじゃなくて どちらかと言えば単純なんだけど 虹の架かる午後に 風が吹き抜けていくみたいに

Introduction

調べはいつも 私であり 私でない 世界の詩よ

君の夜空

君の道のうえに やさしい木陰を 君の夜空中に 降る星をもっと 言葉より大切なものをあげる

光の中へ

この地に もう既に君が具している 種を埋めていこう 例えばそれは 女神の雄々しい勇気

ルビィのこころ

紙切れにピエロ ケラケラ笑った やっぱ山あり谷あり それでも行かなくちゃ まわれメリーゴーラウンド

Landscape

愛を抱いて この地を行こう 時にまた 立ち止まり

Beautiful Thing

たとえば メランコリックに響いた 黎明や たとえば 繊細な感動の中

Honeysuckle

裸足になったら 甘くとろける恋の蜜は 芳しい南へ 駆け出した頃 Honeysuckleから

サンクチュアリ

「よくある映画のワンシーンみたいで泣けてきちゃうよ 口ずさめる恋の歌は まるで私のことみたいよ この道はどこへ向かうの?」

ONE AND ONLY DAY

名残の音達 胸に響くとき 限りある日々を 少しの時でも 重ねられたこと

深街魚

落下した 感情無くした魚は 飛沫を残し 速く遅く泳いで 空気の中に

全て見る