1. 歌詞検索UtaTen
  2. the GazettE

the GazettEの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

ABHOR GOD

奪われそうなLight Good bye 炙り出せGlow 響く悔いより前へ

7月8日

君と別れて二年が経つね なんだか昨日のように思えるよ 別々の道歩いてるけど まだ少し君の方向いてしまうよ

Hyena

Ugly acting and song 踊りが下手なHandsome

NINTH ODD SMELL

This soul can never die

虚蜩

もう 帰れない 幾つ陽が落ちて 暁に目を焼かれても 契りさえ無いもの

CALM ENVY

降りしきる雨の音に 沈みそうな その約束は誰の夢で 誰の為の夢だろう

貴女ノ為ノ此ノ命。

「春風香る四月に謌う純恋歌...。」 根暗、引篭もりの僕、無口だけが取り柄です。 寂しくなんてないよ、

Last bouquet

ねぇ またそうやって 僕の顔色伺って 傷つけない様にって言葉探してるでしょ

BABYLON'S TABOO

ぶち撒ける 界隈の見殺しには笑う その目で観たのは 弱者切り捨てた宴

DOGMA

腐敗した化けの皮 罪は衰退の世か 夥しく転がる同属は欲の死骸 I

紅蓮

ごめんね あと少し アナタの名前と眠らせて 寄り添った過ぎし日は痛みを喜び合い

UNDYING

Sleep…Count me down…Again I won't

SHIVER(黒執事II OP)

たとえ…終わる事の無い悲しみがあなた奪っても 離れてゆく心など此処には無いと言って 駆け寄った背中に問いかける明日がどんな形でも 揺るがなかったのはもう信じる事を忘れたくなかったから

FALLING -NINTH MIX-

Since then how long Do

PLEDGE

傷付けた後でしか 気付けなかった事 過ちの数 君を求め見つめ合えたはずさ

その声は脆く

いつからか見失い 一人 どこまでも 弱さと塞ぎ込む心は いつも誰より脆く

UGLY

Play in the circle Come

泣ヶ原

安息に狂える春色 忘れてしまえるものならば 朽壊の美に両目沈め 只 孤独なのだと笑える

Filth in the beauty

The reverse side of beauty

UNFINISHED

何度も消した揺れる言葉じゃ 壊れた日々さえも埋められない どこまでも深く信じ 支えてくれた意味を 胸に刻んで

DEUX

答えは絶望の淵で 不可逆 夢落ち願う 此処はInferno

春雪の頃

the day of graduation 「まだ少し寒いね」とマフラーに顔を埋めている君

体温

A wintry sky and the

裏切る舌

Daft "Back stabber" 悪辣に視界は溺れていました

VACANT

縺れ合い 理解して 取り戻せないから 何思う

Red

あなたを深く知る程に あなたがわからなくなる 「赤い糸」など見えないくせに 信じてたのは戻れないから

舐~zetsu~

雨降りの火曜日、湿気が酷く心地良い 荒れ果てた寝室から聞こえる感情的 彼女の不満、強欲、嫉妬や束縛癖 苦悩はやがて切れて僕の事を壊すのでしょう? 雨降りの火曜日、寝室へは行きたくない

MALUM

I saw the abyss Like

Psychedelic Heroine

ストロベリーの白い煙香るplaceは時に 吐き気もすれば理性もぶっ飛び星も瞬く 辺りは酷く焦げ目のついた裸体が異臭を放ち 地べたに這う豚のようさ甲高い声で笑う

生暖かい雨とざらついた情熱

崩れるように倒れていった被写体が忘れられない ふらつく足を摩りあなたを待った きっと許してはくれないだろう 雨の音に紛れて聞こえる

全て見る

関連ハッシュタグ