人に好かれる話し方7選!印象の良い会話術には声のトーンも重要?

人 に 好 かれる 話し方

相手への印象を大きく左右する話し方。

みなさんの知り合いの中にも心地よい声で、相手を飽きさせないような話し方ができる人がいるはず。

その人のように、心地よいトーンで話せたらいいなと思ったことはありませんか。

相手に好印象を与える会話術は、才能ではなくコツをつかめば誰でもできます

UtaTen編集部
この記事では、人に好かれる話し方やその習得方法を紹介するので、話し方の改善をしたい人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

人に好かれる話し方7選!

ここでは人に好かれる話し方をするために、大事なポイントを7つお伝えします。

共通しているのは「相手のことを第一に考える」こと。

だからと言って深く考える必要はなく、いずれのポイントも自分の心がけ次第で慣れればすぐに習得できるので、積極的に会話に取り入れてみましょう。

きっと相手との会話に、これまでと変化を感じることができるはずです。

 

空気づくりをしてから会話を始める

人に好かれる話し方の第一歩として、相手と会話を始めるときは心から楽しいと思って明るい空気を作り出すことが大切です。

言葉にせずとも、心の内は周囲の空気づくりに大いに影響します。

また多くの人は緊張感のある雰囲気よりも、明るく楽しい雰囲気の方が落ち着けるでしょう。

しかし緊張して、その場を楽しいと思えない人も多いのではないでしょうか。

そんな人は、普段から物事を何でもポジティブに捉えるトレーニングがおすすめ。

イライラした時などネガティブな言葉を使わず、その場の雰囲気を言語化することが出来れば、緊張した状況も楽しめるようになるはずです。

 

相手の話に興味を持って会話を進める

相手の話に興味を持つということは、一言で言うと「聞き上手」になるということです。

誰しも自分の話に興味を持っていることが分かれば、会話を続けたくなりますよね。

相手が話題に上げていることに対して、質問をしたり頷いたりすると、興味や共感を伝えやすくなります。

しかし中には何度も同じことを繰り返し話したり、話の脱線を繰り返したりと、一筋縄では行かない場合もあるでしょう。

何度も同じことを話す人には、話題の要点をまとめて理解していることを伝えると効果的です。

また脱線しがちな人にはある程度喋ってもらったところで相槌をいれ、話の流れを変えるとよいでしょう。

この時、話題を戻せるようにうまく持って行ければ完璧です。

 

否定の言葉やネガティブワードを使わない

自分の意見を否定されて、良い感情を抱く人は少ないでしょう。

人に好かれる話し方をするには、例え自分の考えとそぐわなくても、頭ごなしに否定するのではなく、相手の言葉を一旦受け止めることが大事です。

相手の意見を受け止めた上で自分の考えを発言すれば、スムーズに話を展開できるはず。

また自分の考えを発言する時も相手が嫌な思いをしないよう、否定の言葉やネガティブワードを使わないように意識しましょう

これには「空気づくりをしてから会話を始める」の項で説明した、ポジティブ思考になるためのトレーニングが効果的です。

 

簡潔に分かりやすく話す

話が長いと、結局何が言いたいのかが分からず相手は聞き飽きてしまいます。

まず、伝えたい内容の要点を絞って、簡潔に分かりやすく話すことを心がけましょう。

また、専門用語を避けて誰でもわかる言葉選びをしながら話すと、相手に話したい内容が伝わりやすいです。

しかし、いくら簡潔にと言っても話の内容が抽象的過ぎると伝わりません。

前例があるならその例を、期日があるならしっかりと具体的な数字を伝えるようにすることが、人に好かれる話し方のコツです。

 

表情豊かに喋る

人に好かれる話し方をするには、感情に合わせて表情にも気を配りましょう。

和やかな雰囲気を作りたい時は笑顔で、説得したい場合は凛々しい表情をするなど、状況に応じた表情をします。

この時ジェスチャーを加えられると、より伝えたいことが明確に伝わるでしょう。

さらに感情に合わせて抑揚をつけるなど、声の表情まで考えられるとより効果的。

これは日頃から習慣づけておけば、意識しなくても自然とできるようになるはずです。

 

褒め言葉をたくさん使う

会話の中で、褒め言葉をたくさん使うと相手に好印象を与えることができるでしょう。

誰しも褒められると、悪い気はしないはず。

ただ「優しい」や「面白い」など単純な形容詞で褒めるのではなく、優しさや面白さを感じられたポイントを伝えると良いです。

特に、相手自身が気付いていないであろう部分を褒めることができたら大成功。

「自分の良い部分を見ようとしてくれている」と相手からの好感を持たれやすくなるでしょう。

ただし機嫌取りをするような褒め方は逆効果なので、過剰に相手を褒めることはおすすめしません。

 

話す速度や声の抑揚にも気を付ける

人に好かれるための話し方は話の内容だけではなく、話す速度や声の抑揚も大いに関係しています。

聞き取りやすいように少しゆっくりめで、語尾までしっかりと発声することを心がけましょう

また抑揚がないと不機嫌だと思われたり、機械的で感情がなく説得力に欠けたりとメリットがありません。

特に電話など、相手の顔が見えない時は1番大事なポイントになります。

過度に感情を入れる必要はありませんが、適度に抑揚を付けられるよう意識してみてください。

 

人に好かれる話し方をするには声のトーンも重要!ポイントは?

人に好かれる話し方をするには「声」が重要になりますが、相手にとって印象の良い声の出し方とは一体どのようなものなのでしょうか。

会話の中で、好印象を与えるために気をつけるポイントは大きく4つあります。

基本的には明るい心構えで、少しのコツを心がければすぐにできるようなものばかり。

これまで紹介した会話術に加えて、声のトーンまで気を配れるようになれば、相手との会話が以前よりスムーズに行くはずです。

 

“ソ”や“ファ”の音を意識して話す

話し出す時の一音目を“ソ”や“ファ”の音を意識して話し始めると、相手にとって心地よいトーンで話し出すことができます。

しかし“ソ”や“ファ”の音と言われても、音楽経験者以外は何を基準にすればよいか迷うでしょう。

そんな時は音程をチェックしてくれるWebサイトやアプリを活用してみてください。

声を出すと今どの音程で話しているのかが分かるので、話し出す時の目安が分かります。

 

適度な声量でハキハキ話す

声量が大きすぎると相手を威圧してしまったり、声が小さすぎても伝えたいことが伝わらなかったりして、適切な声量の調節って難しいですよね。

少人数を相手に話をする場合は「相手の背後」を意識して声を出して見ましょう。

そうすると適切な声量で話せるはずです。

大人数の場合はマイクを使うこともあると思いますが、15人程度であれば地声で届くくらいの声量がベストです。

もちろんただ大きな声を出すだけではなく、言葉をしっかりと伝えられるようハキハキと話すことも忘れないでください。

 

与えたい印象によって声のトーンを変える

声のトーンによっても、相手へ与える印象が変わります。

トーンが高いと若々しく元気な印象を、低いと安心感や信頼感を与えられるでしょう。

ただし高いトーンでも、甲高いと相手に不快感を与えてしまうことがあるので気をつけてください

低すぎるトーンも注意が必要で、不機嫌と捉えられる可能性があります。

いずれにせよ、適度な声のトーンを心がけましょう。

 

喉を開くことを意識して声を出す

喉を開くことを意識して声を出すと、声帯に負担がかかりにくくなります

また、声がかすれにくくなることや、声に芯ができるので説得力の増す声になること、幼さを感じさせない声が出せるようになることなど、たくさんのメリットがあります。

そもそも「喉を開く」とはどういうことか、分かりづらい人もいるかと思います。

こちらで詳しく説明しているので、気になる人はチェックしてみてくださいね。

喉を開く喉を開くにはコツがあった!?舌の位置や簡単な練習方法を知って目指せ脱喉声

 

印象の良い話し方を習得するには?

人に好かれる話し方を習得するには、ここまで紹介した方法を実践するのが1番です。

しかしただ闇雲に実践するより、発声の基本を押さえた上で実践すると習得するスピードを早められます

時には自分の話し方を録音して客観視してみたり、他人に聞いてもらったりすることも効果的。

ここでは効率よく、印象の良い話し方を習得するためのポイントを紹介します。

 

自分の話し方を研究してみる

慣れるまでは恥ずかしかったり、むず痒い気持ちになったりすると思いますが、ボイスメモなどで録音して、自分の話し方を研究してみましょう。

適切な声量で話せているか、声のトーンが高すぎたり低すぎたりしていないか、ハキハキと喋れているかなど、これまで紹介したポイントを抑えられているかを確認します。

自分の声を録音することで、次に話す時に意識すべきことが明確になるでしょう。

 

腹式呼吸を意識して声を出す

歌う時に大事とされる腹式呼吸

実は普段から意識すると、声の通りが良くなったり、芯のある声で会話ができたりと、話し方の印象アップにつながります。

また腹式呼吸をすることは、緊張を和らげる効果もあるので、プレゼンや商談の前など、大事な場面でぜひ取り入れてみましょう

腹式呼吸の詳しいやり方については、以下の記事で紹介していますので読んでみてくださいね。

腹式呼吸 カラオケカラオケが上手くなる!歌に必須の「腹式呼吸」を簡単に身につける練習方法

 

滑舌良く話す

「そもそも生まれつき滑舌が悪いから話し方を改善したところで意味無い」なんて思っている人はいませんか。

滑舌は毎日トレーニングすることで改善することが出来ます。

トレーニング内容は大きく口を開けた発声と、舌筋トレーニングをするだけ。

しかも1日たったの10分で全てできるので、やらない手はないですよね。

詳しいトレーニング方法については、以下の記事をチェックしてみてください。

かつぜつを良くする方法【1日6分】トレーニング次第で劇的に変わる!滑舌を良くする方法をご紹介

 

話し方教室やスクールに通う

自主トレーニングだけでちゃんとできているのか不安な人や、もっと人に好かれる話し方を身につけたい人もいるでしょう。

そんな時はボイトレスクールで、プロに話し方チェックをしてもらいましょう。

ボイトレスクールでは歌だけではなく、話し方やビジネスマナーをレッスンしているところもあるのです。

プレゼンや接客など、ビジネスで話し方を改善したい人を始め、円満な人間関係を作りたい人も気軽に通って問題ありません。

 

人から好かれる話し方が学べるスクールおすすめ3選!

ここからは、もっと話し方をスキルアップさせたい人必見の内容です。

コミュニケーション向上のための、おすすめボイトレスクールを紹介します。

どのスクールもオンラインレッスンを開講中

そのためスクールが遠い人でもいつでも好きな時に、好きな場所でレッスンを受けられます。

プロから直接指導を受けて、他の人から一目置かれるような話し方を身につけましょう。

 

アバロン声優スクール

アバロン声優スクール

出典:https://www.avalon-works.com/seiyu/
レッスン形態マンツーマン
入会金¥10,000
キャンペーン中は¥0
料金・月2回:¥11,550
・月3回:¥16,170
・月4回:¥20,460
※税込
レッスン時間45分(1コマ)
無料体験

アバロン声優スクールの「話し方コース」では、マンツーマンで滑舌改善、腹式呼吸、発声方法を1から教えてもらえます。

プロ用のスタジオで録音しながら、話し方を矯正していくので、効率よくスキルを身につけることができるでしょう。

セミナーの定期開催をしているので、独学では聞けない、プロの声を聞けるチャンスもあるのでぜひ活用してみてください。

 

シアーミュージック

シアーミュージック

レッスン形態マンツーマン
入会金税込2,200円
料金・月2回:¥11,000
・月3回:¥14,850
・月4回:¥17,600
※税込
レッスン時間45分(1コマ)
無料体験

全国各地に校舎があるシアーミュージック

生徒の個性を活かしながら、話し方改善をしていくレッスンを得意としています。

普段の生活で即実践できるトレーニング方法を教えてくれるので、レッスンのない時でも自主練習を続けやすいです。

レッスンの度に今の声の状態や悩み、目標などを相談でき、その内容に沿ったレッスンを実施。

納得いくまで質問ができ、思い通りの声を手に入れやすいため満足度が高いスクールです。

 

Breath Academy

Breath Academy

レッスン形態マンツーマン
ペアレッスン
グループレッスン
短期集中コース
入会金¥5,000
料金・月1回:¥7,000
・月2回:¥12,000
・月3回:¥17,000
・月4回:¥20,000
※マンツーマンレッスンの料金(税込)
レッスン時間45分(1コマ)
無料体験

大阪でスクールを展開する「Breath Academy」。

「話し方改善コース」はオンラインでも受講できるので、大阪以外に住んでいる人でもBreath Academyのレッスンを受けられます。

レッスンを受けることで、声のコンプレックスを改善したり、滑舌改善をしたりなど、話し方に関する一通りの悩みが解決できるでしょう。

また「あがり症克服コース」もあります。

こちらもオンライン受講ができるので、緊張しがちな人は併せて受講すると、より好印象な話し方ができるようになること間違いありません。

 

人から好かれる話し方には声のトーンや滑舌も重要!プロの指導を受けて最短でレベルアップしよう

人に好かれる話し方は生まれ持った才能ではなく、努力でできるようになります。

相手第一で話すように考え方を少し変えるのと、発声の仕方を練習するだけで、見違えるように周りからの評価が変わるはずです

そして意識せずとも、自然にできるようになればもうお手の物。

今回紹介したポイントを実践して、ぜひ魅力的な会話術と声を手に入れてくださいね。

 

この記事のまとめ!

  • 人に好かれる話し方は相手を思いやるような言葉遣い、態度、雰囲気作りが大事
  • 状況に合わせて声のトーンを使い分ける
  • 好印象な話し方をするには発声トレーニングも大事
  • 独学に限界を感じたらプロを頼ってみよう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です