ライブ活動やバンド活動をするためのノウハウや悩みを解消する音楽情報サイトです

ライブUtaTen

楽曲

【学徒】スクール・オブ・ロックってどんな映画?あらすじ・口コミと子役たちの現在も紹介 2021年6月

2021年6月6日

スクール オブ ロック 映画

映画「スクール・オブ・ロック」を知っていますか?

名門小学校を舞台にしたストーリーで、主人公と生徒たちの成長に笑いあり・涙ありのコメディムービーです。

劇中は有名なロックミュージックもたくさん使用されているので、音楽ファンも楽しめますよ。

Live編集部
この記事では「スクール・オブ・ロック」のあらすじやレビュー、キャストの現在などについて紹介します。

映画「スクール・オブ・ロック」とは

「スクール・オブ・ロック」とは、2003年にアメリカで制作されたミュージカルコメディ映画です。

日本では2004年に公開されました。

リチャード・リンクレイターが監督を務め、主演はジャック・ブラック。

脚本は、劇中にネッド役として出演するマイク・ホワイトが手掛けた作品です。

映画には人気のロックナンバーが散りばめられており、上映開始当時から時間がたった今でも、多くのファンに愛されている名作ですよ。

ライブUtaTenの関連記事!

バンド映画
【名作】バンド映画おすすめ25選!新作から名作までバンド音楽の邦画・洋画を紹介

続きを見る

 

スクール・オブ・ロックのあらすじ

ロックを愛する主人公のギタリスト・デューイは、自分が作ったバンドをクビになってしまいました。

仕事も住む場所もないデューイは、居候させてもらっている友達になりすまして、名門小学校の臨時教師を始めます。

そこで音楽の才能に溢れた子ども達と出会い、一緒にバンドを組んでバンド・バトルに出場することを目指すというストーリーです。

 

スクール・オブ・ロックの見どころ

デューイの熱血指導

デューイの熱血指導は「スクール・オブ・ロック」の大きな見どころ。

めちゃくちゃですが、音楽への情熱を全身で伝える指導にロック魂を感じることができます。

何でもストレートに伝えるデューイは、子ども達との絆をどんどん深めていくのです。

また、デューイのユーモアたっぷりで褒め上手な姿からは、大人や教育者が学ぶべきところが見つかるかもしれません。

ボスに逆らえ(Stick it to The Man)」などの名言も、たくさん出てきますよ。

 

個性豊かな子役たちの生演奏

真面目で勉強が得意な子、ヤンチャで先生に反発する子、自信がなくて引っ込み思案な子など、個性豊かな生徒を「スクール・オブ・ロック」に出演する子役たちは見事に演じています。

それぞれの成長やデューイとの関係の変化も、この映画の見どころですよ。

また、子役たちの中にはミュージシャンとして活動していた子もいます。

子どもたちが演奏している音をそのまま使った、生演奏シーンも必見です。

 

ロックファン必見の選曲

映画「スクール・オブ・ロック」の魅力と言えば、劇中に使われている名曲でしょう。

KISSやLed Zeppelin、Creamなど、ロックファンにはたまらない選曲になっていますよ。

映画のオリジナルソング「School of Rock」も、The WhoやAC/DCを思わせるかっこいいナンバーです。

「スクール・オブ・ロック」では、心が燃えるようなロックミュージックをたっぷり楽しめますよ。

 

映画「スクール・オブ・ロック」のキャスト

スクール・オブ・ロック キャスト

映画「スクール・オブ・ロック」の魅力は、個性的なキャスト抜きでは語れません。

当時子供だった出演者たちも、今は大人になってそれぞれの道で活躍しています。

中には、「スクール・オブ・ロック」出演後、さらに有名になってスターになった人もいますよ。

それでは、映画に出演していたキャストや、彼らの現在について紹介します。

ライブUtaTenの関連記事!

BECK 映画
【天性】BECK(映画)のあらすじとキャストを紹介!レッチリ・オアシスの主題歌にも注目

続きを見る

 

デューイ役 / ジャック・ブラック

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jack Black(@jackblack)がシェアした投稿

主人公のデューイ役は、ジャック・ブラックです。

音楽への情熱に溢れた明るい性格で、子供達を笑顔にする姿が印象的なキャラクターを演じました。

ジャックは役者をしながら、同じく俳優のカイル・ガスとコメディバンド・テネイシャスDを結成し、アーティストとしても活動しています。

しかし、「家族と一緒に過ごす時間を大切にしたい」という理由で、近い将来引退する可能性があることを明らかにしました。

 

ロザリー役 / ジョーン・キューザック

ホレス・グリーン学院校長・ロザリー役は、ジョーン・キューザックが演じました。

学校の規則に厳しい校長先生ですが、本当はロックが大好きでお酒を飲むと陽気になります。

ジョーンは、今もコメディ系女優や声優として活躍していますよ。

映画「トイストーリー」シリーズではジェシーの声を務め、「トイ・ストーリー2」ではアニー賞長編アニメーション部門女性声優賞を受賞しています。

 

パティ役 / サラ・シルバーマン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sarah Silverman(@sarahkatesilverman)がシェアした投稿

デューイの友達・ネッドの恋人であるパティを演じたのは、サラ・シルバーマン

市長の補佐役として働くパティは、家賃を払わずに居候しているデューイのことをよく思っていませんでした。

サラは「スクール・オブ・ロック」だけでなく、「メリーに首ったけ」「エボリューション」などの有名作品にも多数出演しています。

また、2007年には「サラ・シルバーマン・プログラム」というホームコメディ番組をスタートさせ、大人気になりました。

 

サマー役 / ミランダ・コスグローヴ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Miranda Cosgrove(@mirandacosgrove)がシェアした投稿

成績優秀な学級委員長で、バンドマネージャーを務めたサマー役は、ミランダ・コスグローヴです。

サマーは歌が上手とは言えませんが、勉強熱心で優れたネジメント力を発揮します。

そんな彼女はバンド・バトルの選考会に向けて、性格が真逆のデューイとも次第に意気投合していきました。

映画では歌っていないミランダですが、現在は女優をしながらシンガーソングライターとしても活躍していますよ。

 

トミカ役 / マリアム・ハッサン

コーラスのトミカ役は、マリアム・ハッサンが演じました。

「歌いたい」という気持ちを持ちながらも、自分に自信がないトミカは舞台係になってしまいます。

しかし、勇気を出してデューイに訴えてパワフルな歌を披露し、見事コーラス係に選ばれました。

存在感のある歌声が印象的なマリアムは、「スクールオブロック」出演後にドキュメンタリー映画「Las Cubarauis」の作曲に参加しています。

 

ザック役 / ジョーイ・ゲイドス・Jr

「スクールオブロック」で、プロ顔負けのリードギターを務めたザック役は、ジョーイ・ゲイドス・Jr

音楽の授業でデューイにクラシックギターの才能を見出され、ザックも音楽の思いを強くしていきます。

ザックが自分で作った曲は、バンド・バトルの決勝戦で演奏されました

3歳からギターを始めたザック役のジョーイは、映画出演後も音楽家として活動していましたが、2019年に楽器店で窃盗の疑いにより逮捕されています。

 

フレディ役 / ケビン・クラーク

ドラムのフレディ役は、ケビン・クラークが演じました。

フレディは最初はシンバルでしたがドラムを叩かせると上手だったので、そのままドラム担当に。

少しやんちゃなキャラクターで、髪を立てたり制服を着崩したりしていますが、優しい一面もある男の子です。

3歳からドラムを始めたケビンは、高校で結成したジャズバンドで演奏したり、ガレージバンドを組んだりして音楽活動をしています

 

映画「スクール・オブ・ロック」の口コミは?

20代女性

ジャックブラックのロック魂溢れる指導に、観ている側も熱くなる映画です。

音楽が持つ力は、本当に計り知れないんだなと思いました。

中盤以降はストーリーが一気に加速するところも、観ていてスカッとしますよ。

分かりやすい内容なので、大人も子どもも楽しめる作品だと思います!

エンドロールも最後まで絶対に観てください!

30代女性

正直「ちょっと下品なコメディ?」と思いながら観ましたが、予想と違ってすごく楽しかったです!

デューイは褒め上手で真っすぐで、すごく良い教育者だと思いました。

実際にいたら、嘘まみれの代用教員なんてとんでもないと思いますが…。(笑)

でも、褒められて成長していく子どもたちの姿も良かったです。

大人が本気で楽しむと、子どもにも良い影響を与えるんだと考えさせられました。

40代男性

大好きな映画で、DVDを購入して何回も観ています。

若い頃は洋楽ロックにハマっていたので、観るたびに青春時代を思い出して懐かしくなる作品です。

映画の中の世界ですが、子どもたちがロックにどんどん引き込まれている姿を観ると何だか嬉しくなりますね。

何回観ても、やっぱりロックは良いな~と思います。

ロック愛に溢れた映画「スクール・オブ・ロック」は、分かりやすいのにワクワクするストーリーで誰でも楽しめる作品

コメディ要素だけでなく、子どもの成長や教育で大切なことなどにも気付かせてくれるような内容になっていますよ。

ロックに興味がある人もない人も、観たあとは気持ちがスッキリして、元気をもらえるような映画です。

 

映画で使われている名曲5選

スクール・オブ・ロック 名曲

映画「スクール・オブ・ロック」は、劇中に使われている楽曲も豪華なことで話題になりました

ロックファンだけでなく、誰でも一度は聴いたことがあるような名曲も流れてくるので、ぜひ音楽も一緒に楽しんでみてくださいね。

最後に、「スクール・オブ・ロック」で使われている楽曲を何曲かピックアップして紹介します。

ライブUtaTenの関連記事!

少年メリケンサック
【炸裂】「少年メリケンサック」には豪華なキャストが勢揃い!映画を観た人の感想と主題歌・劇中歌も合わせて紹介

続きを見る

 

Back In Black / AC/DC

AC/DCの「Back In Black 」は、デューイが子どもたちにバンドの役割と担当を発表するシーンで使われた楽曲です。

叫ぶようなボーカルがかっこいい名曲で、「Back In Black 」はAC/DCのアルバムのタイトルにもなっています。

ロックファンのジャックはAC/DCの大ファンで、「スクール・オブ・ロック」ではAC/DCの作品が3曲使われていますよ

UtaTenで今すぐ歌詞を見る!

Back In Black 歌詞「AC/DC」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】
Back In Black 歌詞「AC/DC」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

続きを見る

 

Chain of Fools / アレサ・フランクリン

アレサ・フランクリンの「Chain of Fools」は、デューイの前でトミカが披露した1曲。

本当は歌いたい気持ちを隠して舞台係をしていたトミカが、勇気を出して歌うシーンは心が震えますよ。

力強くソウルフルな名曲で、マライア・キャリーもライブでパフォーマンスしたことがあります。

 

Immigrant Song(移民の歌) / レッド・ツェッペリン

レッド・ツェッペリンの「Immigrant Song(移民の歌)  」は、バンド・バトルの決勝戦出場が決まり、予選会場から学校へ移動する車の中でデューイが子供たちに向かって歌った曲。

ロックファンにはたまらない、ハードなサウンドが印象的です。

レッド・ツェッペリンはオリジナル音源の使用が厳しいことで有名ですが、監督とジャックがギターのジミー・ペイジーにビデオレターを送り、使用が許されました。

UtaTenで今すぐ歌詞を見る!

IMMIGRANT SONG 歌詞「Led Zeppelin」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】
IMMIGRANT SONG 歌詞「Led Zeppelin」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

続きを見る

 

Sunshine Of Your Love /  Cream

Creamの「Sunshine Of Your Love」は、子供達の才能に気付いたデューイがバンド・バトルに出場することを決めて、教室に楽器を運ぶシーンで使われています。

ブルースを思わせるようなイントロが印象的な名曲で、ロックファン以外にも愛される名曲です。

 

School Of Rock / School Of Rock 

School Of Rock」は映画の中でザックが作詞し、バンド・バトルの決勝戦で披露しました。

デューイと生徒たちがステージ上でパワフルにパフォーマンスする名シーンを引き立てた、ロック愛が溢れるオリジナル楽曲です。

ステージ衣装を着た可愛い子どもたちの姿も、最高にキュートですよ。

 

スクール・オブ・ロックは心が燃える映画!動画サービスの無料期間を活用してロック魂に酔いしれよう

映画「スクール・オブ・ロック」は、主演のジャック・ブラックの名演技が楽しめるコメディムービーです。

個性豊かな子どもたちの生演奏やロックファン大興奮の選曲など、見どころがたっぷりの作品になっていますよ。

「スクール・オブ・ロック」をまだ観たことがない人は、動画サービスの無料期間を利用することでタダで楽しむことができます

U-NEXTやAmazon Prime video、huluなどで視聴できるので、無料期間やサービス内容などを確認して活用しましょう。

笑って泣けるロック・コメディを、ぜひ楽しんでみてくださいね。

 

この記事のまとめ!

  • 映画「スクール・オブ・ロック」は、名門小学校を舞台にした笑って泣けるロック・コメディ
  • 主人公デューイの、ロック愛に溢れた真っすぐな指導や名言は必見
  • 子役の生演奏やロックファンにはたまらない選曲など、見どころたっぷりの映画
  • 当時子役だったキャストは、今もそれぞれの道で活躍している
  • 「スクール・オブ・ロック」は口コミ投稿の評判も良く、大人から子どもまで楽しめるストーリー

 

-楽曲
-

Copyright© ライブUtaTen , 2021 All Rights Reserved.