ライブ活動やバンド活動をするためのノウハウや悩みを解消する音楽情報サイトです

ライブUtaTen

楽器/機材

【空間】ボーカルエフェクターのおすすめを厳選!選び方やリバーブ・コーラスなどの種類についても紹介 2021年10月

2021年9月24日

ボーカルエフェクター

ギターやベースによく使われるエフェクターですが、ボーカルに使われることも珍しくありません。

ボーカルエフェクターを使うことで、歌声にさまざまなエフェクトをかけ、歌声に存在感をプラスすることができるのです。

Live編集部
この記事では、ボーカルエフェクターの種類や選び方、おすすめ商品を紹介していきます。

ボーカルエフェクターとは

ボーカルエフェクターとは、ギターやベースと同じように、歌声にエフェクトをかけられるエフェクターのことです。

リバーブやディレイ、ディストーションなどたくさんの種類があり、男性ボーカルを女声にするなど、さまざまな機能を楽しめます。

ライブだけでなくレコーディングや生配信に使えるタイプもあるので、ボーカリスト以外にもおすすめです。

 

ボーカルエフェクターの種類

ボーカルエフェクターの種類

ボーカルエフェクターにはさまざまな種類があり、リバーブやディレイは空間処理系と呼ばれ、ボーカルに奥行きを与えます。

また、歪み系のディストーションは声を歪ませて荒々しい印象にし、コーラスはボーカルを重ねるため、より重厚な印象になるでしょう

ここからは、ボーカルエフェクターの代表的な4つのエフェクトについて説明します。

ライブUtaTenの関連記事!

ダイアトニックコード
【入門編】ダイアトニックコードの役割とは?覚え方や定番のコード進行を紹介!

続きを見る

 

リバーブ

リバーブは「空間処理系」と呼ばれ、ボーカルにお風呂やホールのような響きを与えるエフェクターです。

リバーブは歌声に奥行きを与えるほか、ワンポイントで使用すればフレーズを強調する効果もあります。

バラードで使用すればより美しい響きで観客を引き込めるので、効果的に使いましょう。

最近ではミキサーやプラグインに内蔵されていることが多く、リバーブ単体のエフェクターは少なくなっています。

 

ディレイ

ディレイはリバーブと同じ「空間処理系」と呼ばれるエフェクターで、山びこのように等間隔で音を遅れて鳴らします。

リバーブと似ていますが、音の間隔を8分音符や4分音符に設定するなど、演奏にグルーブを与えることも可能です。

リバーブより奥行きを与えられるので、ここぞという時に使用してインパクトを与えるような使い方がおすすめですよ。

 

ディストーション

ディストーションは「歪み系」や「汚し系」と呼ばれており、歌声を歪ませることで激しさを演出します。

攻撃的で過激な音色になるので、ロックやメタルなど、激しい音楽で使うのがおすすめです

それ以外にも、ボーカルの声が埋もれて抜けにくい時、ボーカルの声を目立たせることもできます。

強くかけすぎると歌詞が聞き取りづらくなるので、使用する場合は注意しましょう。

 

コーラス

コーラスは「揺らし系」や「モジュレーション系」と呼ばれるエフェクターのひとつで、音を揺らすことで厚みを与えます。

歌声が目立ちづらい時は、コーラスをかけることでバンドサウンドの中でも抜けて聞こえますよ

しかし、コーラスをかけると音程が揺れるため、もともとの音程が合っていないとさらに不安定になってしまいます。

音程の正確性に問題が出ないよう、薄めにかけるのがおすすめです。

 

ボーカルエフェクターの選び方

ボーカルエフェクターはさまざまな機種があり、特定のエフェクトに特化した商品や、多くのエフェクトを搭載した商品があります。

また、ライブでの使用を想定している場合は電源の形式やフットスイッチの有無、機能性にも気を配る必要があるでしょう。

ここからは、ボーカルエフェクターを買う際の選び方を紹介します。

ライブUtaTenの関連記事!

ベース 練習
【習練】ベース初心者の練習の始め方とは?準備方法からおすすめ基礎練習まで徹底解説!

続きを見る

 

コンパクトかマルチか

エフェクターには、「コンパクトエフェクター」と「マルチエフェクター」の2種類があります

コンパクトエフェクターは特定のエフェクトのみを搭載しており、小さくて操作もシンプルです。

マルチエフェクターはさまざまなエフェクトを搭載しており、エフェクトの設定を事前に作り込む機能もあります。

どちらも長所・短所があるので、目的に合わせて選びましょう。

 

ACアダプターか電池か

ボーカルエフェクターは電子機器のため電源が必要ですが、電池駆動の場合とACアダプターの2種類があります

電池駆動の場合は電源が必要ないためスッキリしますが、演奏中に電池が切れると電池を交換しないと使えません。

乾電池とACアダプターどちらにも対応しており、他のエフェクターとの兼ね合いや場所によって使い分けられる機種もありますよ。

 

USBかケーブル

出力方法はUSBタイプのものとケーブルタイプのものがあります。

USBタイプのものはパソコンに繋げられるので、パソコン経由で出力するほか、録音も可能です。

ステレオミニプラグやキャノンケーブルで接続する場合は、ミキサーやアンプに繋ぎます。

ライブやレコーディングなど、自分の使用したい場面に合わせて出力方法を選びましょう。

 

フットスイッチが付いているか

ライブで使用する場合は、フットスイッチがついているタイプがおすすめです。

フットスイッチは、足で踏むだけでエフェクターのオン・オフや切り替えができます。

複数のスイッチがある場合は、それぞれのスイッチを踏むことで事前に割り当てたエフェクトを呼び出せるので、とても便利です。

ライブ中に音色やスイッチを頻繁に操作する場合、この機能は必須でしょう。

 

マイクが内蔵されているか

ボーカルエフェクターには、マイクが内蔵されているタイプもあります

歌や音声を録音して後で聴き直せるため、動画編集などに役立つでしょう。

また、1台で瞬時に声質を変えられるため、動画や音声のライブ配信でも大活躍します。

オーディオインターフェースの役割を果たすものもあるので、1台用意すればすぐに動画配信を始められますよ。

 

ボーカルエフェクターのつなぎ方

ボーカルエフェクターのつなぎ方

ボーカルエフェクターを使う時は、マイク・ボーカルエフェクター・ミキサー・スピーカーの順に接続します

ライブハウスでは、マイクに繋がれているケーブルを抜いてからエフェクターの入力に接続し、エフェクターの出力からミキサーに繋ぎましょう。

エフェクターにマイクプリアンプ(マイクの信号を増幅させる回路)がある場合は、ミキサーのマイクプリアンプを通らないように、ラインレベルで出力してください。

 

ボーカルエフェクターのおすすめ6選

ボーカルエフェクターの選び方を紹介しましたが、それでも数ある製品の中から自分に合ったものを選ぶのは難しいかもしれません。

各社から個性ある商品が発売されており、定番人気商品や初心者向けのモデル、販売価格の安いものなどさまざまです

その中でもおすすめの商品をいくつか選んだので、ボーカルエフェクター選びに迷った際は参考にしてみてくださいね。

ライブUtaTenの関連記事!

バンドスコア
【譜面】バンドスコアは無料でも使える?初心者におすすめの楽譜とサイトを紹介

続きを見る

 

Roland / VT-4 Voice Transformer

Rolandの「VT-4 Voice Transformer」は、ロボットやボコーダー、リバーブなど5つのエフェクトを搭載したマルチエフェクターです。

5つのエフェクトがそれぞれ4種類のバリエーションを持っているので、これ1台で20種類のエフェクトを楽しめます

操作も簡単で、USB端子で電源供給できるなど機能性も抜群なので、初心者にもおすすめですよ。

ROLAND VT-4 Voice Transformer ボイストランスフォーマー

ROLAND VT-4 Voice Transformer ボイストランスフォーマー

25,500円(10/19 17:36時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

ZOOM / V3 Vocal Processor

ZOOMの「V3 Vocal Processor」は、ピッチ補正やコーラス、ボイスチェンジなど16種類のエフェクトを搭載しています。

専用のノブを使えば瞬時に調整できるリバーブ・ディレイ・コンプレッサーを備えており、歌いながらエフェクトのかかり具合を変えたい場合も便利です

オーディオインターフェースの機能も備えているので、レコーディングや動画配信をしたい人にもおすすめですよ。

 

BOSS / VE-5 Vocal Performer

BOSSの「VE-5 Vocal Performer」は、マイクスタンドに取り付けるタイプのボーカルエフェクターです。

ボーカル用のエフェクトプリセットが30種類用意してあり、初心者でも簡単に使えます。

また、ボタンを押せば自動的にハモってくれる機能を搭載しているので、より厚みのある歌声になるでしょう。

乾電池とACアダプターに対応しており、内蔵マイクもあるので機能性も抜群ですよ。

 

TC-Helicon / VoiceLive Play

TC-Heliconの「VoiceLive Play」は、235種類という膨大な数のプリセットを搭載しているボーカルエフェクターです。

プリセットはロック・ヒップホップ・ポップスなどジャンルごとに分かれており、簡単に呼び出せます。

よく使うプリセットをお気に入り登録できるので、種類が多いからといって使いづらいというわけではありません

また、プリセットは毎月追加されており、USB経由でダウンロードできるので、長く使い続けられますよ。

■TC-HELICON VoiceLive Play ボーカル用エフェクター 並行輸入品

■TC-HELICON VoiceLive Play ボーカル用エフェクター 並行輸入品

36,980円(10/19 17:36時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

KORG / VPT-1 VOCAL PITCH TRAINER

KORGの「VPT-1 VOCAL PITCH TRAINER」は、ボーカル用のチューナーのようなものです。

自分の出した声の音程が五線譜上に表示され、正しい音程で歌えているか簡単に確認できます

小さくて持ちやすく、ボタンも小さいため手軽で直感的に操作できるのが魅力です。

自分が出した声と最も近い基準音を出してくれる「サウンド・バック」という機能もあり、ボーカルレッスンの力強い味方になるでしょう。

 

ELECTRO-HARMONIX / Voice Box

ELECTRO-HARMONIXの「Voice Box」は、ボーカル以外にギター・キーボードなど多彩な楽器に対応したエフェクターです

ボーカルの細かいニュアンスまで細かく再現してくれるハーモニー機能に加え、9つのプリセットを搭載しています。

さまざまな楽器で使えるので、アイデア次第でさまざまな遊び方ができますよ。

 

ボーカルエフェクターはライブや配信におすすめ!エフェクトを使ってクオリティの高い音楽を作ろう

ボーカルエフェクターを使うことで、声に奥行を持たせたり、厚みを持たせることができます。

また、ライブやレコーディングだけでなく、動画や音声でライブ配信をしている人にもおすすめです。

簡単に操作できるものもあるので、知識や操作に自信のない人でも安心できます。

エフェクトを使いこなして、クオリティの高い音楽や動画作成に役立てていきましょう

 

この記事のまとめ!

  • ボーカルエフェクターとは、声にさまざまなエフェクトをかけられる機械
  • エフェクトには、リバーブ・ディレイ・ディストーション・コーラスなどがある
  • 搭載エフェクト数や電源、出力端子やフットスイッチなど、用途によって適切なものを選ぼう
  • 接続は、マイク・ボーカルエフェクター・ミキサー・スピーカーの順番で行う

 

おすすめ記事

-楽器/機材

Copyright© ライブUtaTen , 2021 All Rights Reserved.