ライブ活動やバンド活動をするためのノウハウや悩みを解消する音楽情報サイトです

ライブUtaTen

楽曲

【若者】映画「青春デンデケデケデケ」のあらすじから感想まで!若き日の浅野忠信がイケメンすぎる? 2021年9月

2021年6月30日

青春 デンデケデケデケ

「時をかける少女」「さびしんぼう」などで知られる、大林宣彦が監督を務めた映画「青春デンデケデケデケ」。

バンドに夢中になる高校生の日常を描いたこの作品は、「青春映画の傑作だ」と多くの視聴者から評価されてきました。

Live編集部
この記事では「青春デンデケデケデケ」のあらすじや登場人物、感想などをまとめて紹介します。

「青春デンデケデケデケ」のあらすじは?

「青春デンデケデケデケ」の舞台は、1960年代中頃の四国の田舎町

高校進学を控えた少年・ちっくんこと藤原竹良(林泰文)は、ある日ラジオでベンチャーズの「パイプライン」が流れるのを耳にします。「デンデケデケデケ」というそのイントロに衝撃を受け、ロックバンドに強い憧れを抱くのです。

高校進学後、魚屋育ちの白井清一(浅野忠信)、寺の跡取りの合田富士男(大森嘉門)、練り物屋の息子の岡下巧(永堀剛敏)たちを誘ってロックバンドを結成

楽器を買うためにアルバイトでお金を稼いだり、練習場所の確保に一苦労したり、苦難を乗り越えながらも、ついにバンド「ロッキング・ホースメン」の活動をスタートさせるのでした

ライブUtaTenの関連記事!

デトロイト メタル シティ 映画
【喜劇】デトロイト・メタル・シティの映画キャストやあらすじを紹介!松山ケンイチが歌うデスメタルにも注目

続きを見る

 

「青春デンデケデケデケ」の原作は?

「青春デンデケデケデケ」の原作

「青春デンデケデケデケ」の原作は、芦原すなおの小説です。

この作品で1990年に第27回文藝賞、1991年には第105回直木賞を受賞しています。

バンド活動や恋愛など、活力にあふれた高校生たちの青春が描かれており、芦原すなおらしいユーモラスな表現がおもしろいと評判の高い作品です。

1960年代のロック音楽が数多く登場するので、バンド好きにはたまらないでしょう。

涙を誘うラストもあり、「青春っていいな」と思えるようなノスタルジックな仕上がりになっています。

ライブUtaTenの関連記事!

スクール オブ ロック 映画
【学徒】スクール・オブ・ロックってどんな映画?あらすじ・口コミと子役たちの現在も紹介

続きを見る

 

映画「青春デンデケデケデケ」の主要キャストは?

1992年に映画化された「青春デンデケデケデケ」は、バンド映画の傑作として時代を超えて愛されてきました

劇中では、ハリウッド映画の出演など、日本のみならず世界を股にかける浅野忠信の初々しい演技が楽しめると話題になっています。

そして、彼の他にも個性的な実力派俳優たちが作品をより魅力的に彩っているのです。

ここでは、映画「青春デンデケデケデケ」の主要キャストを紹介します

ライブUtaTenの関連記事!

少年メリケンサック
【炸裂】「少年メリケンサック」には豪華なキャストが勢揃い!映画を観た人の感想と主題歌・劇中歌も合わせて紹介

続きを見る

 

林泰文(藤原竹良)

林泰文

出典元:http://www.from1-pro.jp/talent/detail.php?id=13

主人公のちっくんこと藤原竹良を演じるのは、個性派俳優として多数の有名作品に出演する林泰文です。

「青春デンデケデケデケ」では「ベンチャーズ」に影響を受けてバンドに目覚める、愛らしくて温厚な性格の高校生を演じました

その演技が評価され「日本アカデミー賞」の新人俳優賞を受賞しています。

子役としてキャリアをスタートした林泰文は、高い演技力を武器に、これまでにさまざまな役を務めてきました。

テレビドラマでは「おみやさん」や「相棒」などのシリーズものに数多く出演し、「JIN-仁-」や「大河ドラマ 江〜姫たちの戦国〜」といった時代劇でも名演技を披露しています。

 

浅野忠信(白井清一)

竹良の親友となる白井清一役を務めるのは、日本を代表する俳優・浅野忠信です。

「青春デンデケデケデケ」では、物静かでクールな性格、女子高生からの人気も高い青年を演じています

浅野忠信は、1988年にテレビドラマ「3年B組金八先生III」のオーディションに合格したことから俳優人生をスタートさせ、以降、映画を中心に活躍してきました。

2011年には映画「マイティ・ソー」でハリウッド映画に初出演。

その後も数々の海外作品に出演しています。

 

大森嘉文(合田富士男)

竹良のクラスメイトであり、寺の後継ぎの僧侶でもある合田富士男役は、大森嘉文が演じました。

バンド「ロッキング・ホースメン」ではベースとボーカルを担当

女好きで友情にも厚い高校生を熱演しています。

「青春デンデケデケデケ」の出演で世間に広く名前が認知されるようになり、「難波金融伝 ミナミの帝王」シリーズでレギュラー出演を果たすなどキャリアの幅を広げていきました。

 

永堀剛敏(岡下巧)

永堀剛敏

出典元:http://imemine.co.jp/affiliation-talent/nagahoritaketoshi/

竹良の同級生で通称「タコ」と呼ばれる気弱な少年・岡下巧役を演じるのは、永堀剛敏です。

岡下巧は幼少期から習っていた太鼓の腕前を活かし、ドラムを担当することになります

永堀剛敏は「北の国から」シリーズで中津チンタ役に抜てきされ、芸能界入り

その後は、名脇役としてさまざまなドラマや舞台に出演しています。

KDDIのCMに「青春デンデケデケデケ」で共演した浅野忠信と一緒に登場したことでも、話題になりました。

 

佐藤真一郎(谷口静夫)

竹良の同級生で通称「しーさん」と呼ばれる谷口静夫役を演じるのは、佐藤真一郎です。

谷口静夫は、バンド「ロッキング・ホースメン」のサポートメンバーとして音響を担当

機械を触るのが得意で、将来はメカニックを志望する知的な青年です。

佐藤真一郎は「青春デンデケデケデケ」の出演以降、俳優業は引退し、現在は一般人となっています。

 

岸部一徳(寺内先生)

竹良のクラスの担任で英語教師の寺内先生役を務めるのは、芸能界最高の脇役とも称される岸部一徳です。

「青春デンデケデケデケ」では少々変わった性格をしている寺内先生ですが、竹良たちのバンド活動に理解を示し、軽音部の顧問として彼らを支えていきます

岸部一徳は1975年以降本格的に俳優に転身するまで、「ザ・タイガース」「PYG」「井上堯之バンド」のベーシストとして活躍していました。

 

青春デンデケデケデケを観た人の感想は?

青春デンデケデケデケを観た人の感想

映画「青春デンデケデケデケ」は、胸が熱くなるような青春のバンドストーリーです。

実力派キャストの若かりし頃の演技も楽しめる作品だということが分かりましたね。

しかし、実際に映画を観た人の感想を聞いて「本当におもしろいのか」を確かめたい人もいるでしょう。

次では、映画「青春デンデケデケデケ」のレビューを3つ紹介していきます。

30代女性

原作の小説も読みましたが、映画「青春デンデケデケデケ」はとても忠実に再現されていました。

ロケ地にもなった香川県観音寺を舞台に、バンドを通して成長する高校生の青春時代をユーモアたっぷりに描いています。

タイトル通りの青春劇で、仲間との切磋琢磨や恋愛など誰もが共感を覚える素晴らしい作品です。

「さすが大林宣彦監督作品」と言える、遊び心のある演出がおもしろいですよ。

20代男性

高校生役を演じてる俳優たちが今や有名なベテラン俳優であることにびっくりしました!

特に浅野忠信は初々しくて、若いころからイケメンです。

そして、グッときたのは岸部一徳の名演技。

キャラが立っていていい味が出ていました。

「青春デンデケデケデケ」はテンポ良く疾走感のある映画で、とにかくすべてが楽しかったです。

「青春物語が観たい!」という人に絶対おすすめします!

30代男性

私はバンドが大好きなので、「デンデケデケデケ」というサウンドが体に響いてくる感覚にとても共感しました。

自分の青春時代と重ねてジーンときます

ノスタルジックな音楽が作品を通して全編に流れて、1つ1つのシーンを盛り上げていました。

演奏のシーンなんかは、つられて体が動いてしまうほどでしたね。

「青春デンデケデケデケ」は出演者、音楽ともに贅沢な大林映画です。

映画「青春デンデケデケデケ」は、笑いあり涙ありの清々しい青春物語

名俳優たちがキャラクターそれぞれの心情がリアルに描き出し、視聴者の心を掴んでいます。

また、大林監督らしいノスタルジーで遊び心のある演出も好評です。

青春時代を思い出したい人やバンドが大好きな人、懐かしのロックミュージックを楽しみたい人にぴったりの映画ですよ。

 

映画「青春デンデケデケデケ」で聴ける曲は?

映画「青春デンデケデケデケ」では1950年代~1960年代のロックミュージックがたくさん登場します。

ロック音楽を聴くのが好きな人やバンドを結成している人、昔結成していた人などにとって、たまらない作品でしょう。

では、劇中にはどういった楽曲が登場するのでしょうか?

映画「青春デンデケデケデケ」で聴けるナンバーを4つ紹介していきます。

 

パイプライン / The Ventures

劇中で流れる「パイプライン」はアメリカのバンド、ベンチャーズによって演奏された1曲です。

サーフロックバンド・シャンテイズのカバー曲として、オリジナル・アルバム「サーフィン」に収録されています

「青春デンデケデケデケ」のタイトルにもなっているように、イントロの「デンデケデケデケ」というギターサウンドが印象的。

主人公・竹良がバンドに目覚めるきっかけとなったナンバーです。

クレジットタイトルでベンチャーズの映像と一緒に流れたり、竹良たちがバンドで演奏したりします。

 

Rock Around the Clock /ビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツ

ビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツによるシングル・レコード「Rock Around the Clock」。

1954年にアメリカで大ヒットしました。

まさに「ロックンロールらしい」と言える1曲で、現在も世代を問わず世界中で愛されています。

とてもノリが良い曲なので、聴いていると勝手に体が動いてしまいそうですよね。

映画「青春デンデケデケデケ」では、竹良が自室のラジオでこの曲をかけて歌いながら、机で何かをしているシーンで流れますよ

UtaTenで今すぐ歌詞を見る!

Rock Around The Clock 歌詞「Bill Haley & the Comets」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】
Rock Around The Clock 歌詞「Bill Haley & the Comets」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

続きを見る

 

のっぽのサリー / リトル・リチャード

のっぽのサリー」はリトル・リチャードによって1956年に発表された楽曲です。

このナンバーは、ロックンロールのスタンダードとして、ビートルズやエルヴィス・プレスリーなど多くのアーティストによってカバーされています

アップテンポなメロディで、リトル・リチャードが熱く歌い上げるかっこいいナンバーです。

映画「青春デンデケデケデケ」では、竹良たちが渓谷で夜に焚火をしながらこの曲を練習しています。

 

アイ・フィール・ファイン / The Beatles

アイ・フィール・ファイン」は、1964年にビートルズがリリースした1曲です。

イギリスやアメリカを初め、多くの国でシングルチャート第1位を記録するなど、世界中で大ヒットしました。

「彼女と恋におちて、気分が良いんだ」とう内容の歌詞で、明るいサウンドが魅力的。

映画「青春デンデケデケデケ」では、文化祭のステージで富士男がバンドのメンバーを紹介した後に、竹良たちがこの曲を演奏します。

 

映画「青春デンデケデケデケ」は配信されてるの?

映画「青春デンデケデケデケ」 配信

映画「青春デンデケデケデケ」はU-NEXT、dTV、Paravi、AmazonPrime Videoで視聴可能です。

U-NEXTは、月額2189円(税込)で国内最多21万本以上の見放題映像コンテンツを取り揃えています。

dTVは、12万本以上のコンテンツを月額550円(税込)とお得な価格で提供。

Paraviでは、大手メディアとの連携により、他サイトでは観られない話題の国内ドラマが「Paraviベーシックプラン」月額1017円(税込)で視聴可能です。

Amazon Prime Videoは、Amazonプライム会員(月額500円(税込)または年会費4900円(税込))であれば追加料金なしで利用できますよ。

 

青春デンデケデケデケで60年代にタイムスリップ!青春映画でエレキの音に魅せられよう

直木賞受賞作が、大林宣彦監督によって映画化された「青春デンデケデケデケ」。

バンドに熱中する少年たちの高校生活を描いた青春物語です。

個性的な実力派俳優たちがキャスティングされ、高校時代のリアルな心情が描かれています。

特に、若き日の浅野忠信のイケメンすぎる演技は必見です。

さらに、懐かしのロック音楽が多数登場するので、ロック好きにはたまらないでしょう。

「青春デンデケデケデケ」を視聴するなら、動画配信サービスの登録や、ブルーレイ版を購入するのがおすすめです。

ブルーレイ版には「幻のメイキング」映像や撮影風景・インタビューなどが満載ですよ。

ギターの音色に魅せられて、青春時代を思い出しましょう。

 

この記事のまとめ!

  • 映画「青春デンデケデケデケ」は大林宣彦が監督を務めた青春音楽物語
  • 芦原すなおの原作は直木賞を受賞
  • 若き日の浅野忠信がイケメンだと話題
  • 劇中ではベンチャーズやビートルズなど懐かしのロック音楽が楽しめる
  • 動画配信サービスやブルーレイで「青春デンデケデケデケ」を視聴しよう

 

おすすめ記事

-楽曲
-

Copyright© ライブUtaTen , 2021 All Rights Reserved.