1. 歌詞検索UtaTen
  2. ゆいちゃんず(欅坂46)
  3. チューニング歌詞

「チューニング」の歌詞 ゆいちゃんず(欅坂46)

2017/4/5 リリース
作詞
秋元康
作曲
渡邉沙志
文字サイズ
よみがな
hidden
このむねあつおもいに
言葉ことばあふれすんだ
ぼくいまなにっても
微妙びみょうちががする

どこにかれたかなんて
かんがえてるもなく
づいたときには夢中むちゅうになってた

まるで
チューニングがったように
きみ出会であった
ずっともとめてた理想りそう彼女かのじょ
いつもいてたぼくのギターのげんえて
ペグをゆるめたりめたりして
やっとつけたこいなんだ

大勢おおぜいひと
ピッチがくるはじめる
興味きょうみないノイズばかりで
一人ひとり一番いちばん らくだった

ぼく大切たいせつなものは
たったひとつのおと
どれかがズレたらになってしまう

だけど
チューニングがピタリった
きみ存在そんざい
ぼく無意識むいしきさがしてたんだ
無理むりをしないでおたがいのことがかりえるような
パッとかんじるもの理屈りくつじゃなく
それは相性あいしょうなんだろう

まるで
チューニングがったように
きみ出会であった
ずっとこの部屋へや練習れんしゅうしたきょく
あいかなでるぼくのギターをきみかせたい
どんな言葉ことばより正確せいかくだよ
こい二人ふたりのチューニング