1. 歌詞検索UtaTen
  2. ミソシタ
  3. 地下二階のレジスタンス feat . world's end girlfriend歌詞

「地下二階のレジスタンス feat . world's end girlfriend」の歌詞 ミソシタ

2018/8/17 リリース
作詞
ミソシタ
作曲
world’s end girlfriend
文字サイズ
よみがな
hidden
あめなか バスにかう 埋立地うめたてち工場こうじょう
しばらくころおのれ感情かんじょう これが現状げんじょう いつまで延長えんちょう
わかさでいたあの挑戦状ちょうせんじょう 10ねんたっても見上みあげる天井てんじょう
むねのタイマーはとっくに点灯てんとう 曖昧あいまい返答へんとう わらぬ天候てんこう
帰宅後きたくご 深夜しんやにネットを徘徊はいかい 死神しにがみ此処ここにいたいかい?
たしかに そうだな此処ここじゃないどこか わずかな希望きぼう死神しにがみ言葉ことば
なれない大人おとな 臆病おくびょうおろおれらすのは それらのおと
やみちからだ なんだ そうか! おれあたまはイチモツと同化どうか
よるけるまでレッツダンス 地下ちか二階にかいひかるレジスタンス
一番いちばんくらいところから革命かくめい このままくたばりたくねー
よるけるまでレッツダンス スケベはてねーおれのスタンス
やみからはじめて やみもどる テクノロジーですべくつがえ
にぎやかなとおひとかんだ脳裏のうりビデオボックス
此処ここじゃ無敵むてきさ ついたプレミア おれわった そしてづいた
よわさをてる必要ひつようはない そのままつよくなればいいだけ
個室こしつビデオの詩人しじんうたむくわれなかった日々ひびのことを
いかかなしみは わらいにえて やりつづけるんだおもしろダークネス
リアルとバーチャル どっちも自分じぶん 結局けっきょくたましいひとつってこと
げたくなったらげてもいいし カッコわるくてスケベでもいい
人間にんげんらしく きてればいい だからそれまでびてくれ
よるけるまでレッツダンス 地下ちか二階にかいひかるレジスタンス
一番いちばんくらいところから革命かくめい このままくたばりたくねー
よるけるまでレッツダンス スケベはてねーおれのスタンス
やみからはじめて やみもどる テクノロジーですべくつがえ
個室こしつビデオでチェックワンツー くだらねえかべかる貫通かんつう
やみ奥底おくそこふか探求たんきゅう 観衆かんしゅうじゃなくて同志どうしだとしんじてる
弱音よわねいても 夜明よあけにはわすれろ こたえはないが てもつまんねえ
えない味方みかた 穿うがった見方みかた それがちがった やみちかった
自分じぶん価値かち自分じぶんであるってことだ だれかをうらやむだけじゃした
おれしかできなことをやるんだ たとえダサくてもつづけるんだ
まもるべきひとができても 出世しゅっせしてえらくなっても ひかりなかおどっても
個室こしつビデオの詩人しじんわらず
よるけるまでレッツダンス 地下ちか二階にかいひかるレジスタンス
一番いちばんくらいところから革命かくめい このままくたばりたくねー
よるけるまでレッツダンス スケベはてねーおれのスタンス
やみからはじめて やみもどる テクノロジーですべくつがえ
やみうつくしさをかんじるのは いつだって一人ひとりときだった
すすもう このダークネス そのさきへ そのさき