1. 歌詞検索UtaTen
  2. 三森すずこ
  3. 夢飛行歌詞

2018.6.27 リリース

「夢飛行」の歌詞 三森すずこ

作詞
しほり
作曲
光増ハジメ
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
よみがな
アルバムをふとめくれば
よくけた 笑顔えがおならんでる

永遠えいえんつづきそうなくらい
たりまえに そばにいてくれたね

くじけそうでも まえけるのは
のない きずなかんじてるから

むねおく ひめたまま
ためらった 言葉ことばは「ありがとう」
永遠えいえんなんてないから つたえなくちゃ
あの夕陽ゆうひしずまえ

いつものように

かべのすみ 背比せいくらべした
あといろあせ 大人おとなになったけど

とおゆめ たどりけずに
背伸せのびしつづけているよ いまでも

いたずらな合図あいずをしたら
不思議ふしぎだよね すぐ笑顔えがおになれる

どこまでも はしって
こころげる方角ほうがく
茜色あかねいろまる 飛行機雲ひこうきぐも
ほら いかけたのように

かえらず

ときにぶつかりあい すれちがったとしても
大丈夫だいじょうぶ
ってる
今日きょうも、しあわねがってる

つかれたら かえってきて
わらず ここでってるから
もっとつよくなれる まもるものがある
だからはしつづける

いつまでも たとえはなれても
ねえ きみ見守みまもっているよ
ずっとずっと
つながってる