1. 歌詞検索UtaTen
  2. 八神純子
  3. トパーズ色の想い歌詞

「トパーズ色の想い」の歌詞 八神純子

1994/8/21 リリース
作詞
八神純子
作曲
八神純子
文字サイズ
よみがな
hidden
やしのにもたれて あれこれつもるはなし
もぎたてパパイヤを ほおばりわらいあう
手紙てがみさえけないいそがしさから のがれて
いま 常夏とこなつ小鳥ことり

裸足はだしのつまさきに ふりそそぐ太陽たいよう
トパーズのいろをした 永遠えいえんかがや
すましあなたは つめなどみがきながら
相変あいかわらず 話上手はなしじょうず

はじめてときままなひと同志どうし
アルバムひらくたび あのかえれるわ
みずしぶきあげてる 子供達こどもたちながめながら
ときながかぞえる

けつく砂浜すなはま突然とつぜんスコール
カナリアのいろをした パラソルが
似合にあ老夫婦ろうふうふ 背中せなかまるめたままで
かけんでく ビーチハウス

Best Friend とおはなれて
らすようになっても
こんなふう時々ときどき
えるなら それもわるくない

あせばむ鼻先はなさきに ふりそそぐ太陽たいよう
ドパーズのいろをした 永遠えいえんかがや
貝殻かいがらひろって 波打なみうぎわあるけば
ちょっとになる ビキニライン

裸足はだしのつまさきに ふりそそぐ太陽たいよう
トパーズのいろをした 永遠えいえんかがや
言葉ことばにならないの トパーズいろおも
かたかたかん