1. 歌詞検索UtaTen
  2. 小林太郎
  3. 太陽歌詞

「太陽」の歌詞 小林太郎

2014/2/12 リリース
作詞
小林太郎・宮崎歩
作曲
小林太郎・宮崎歩
文字サイズ
よみがな
hidden
太陽たいようげついてしまうほど
このまち欲望よくぼうゆるした
えがいたゆめ うばわれそうになって
仕方しかたなく理想りそうこわした

はだかこころせてみる
だれにもきみわたさない

あいしたものを ひとつもまもれないで
きていくその日々ひび価値かちなどないから
あいしていくこと そのためにすべてを
してもいい
きみだけははなさない

それでもときながれてゆくから
ひとみんな 自分じぶん見失みうしなって

そうやってぼくなみまれるなら
いっそきなようにきてやれ

なにもいらない そうさけんでみても
綺麗事きれいごとだね。」なんてわらわれてしまいさ

だれもが永遠えいえんのぞ日々ひびきていくだけなら
ぼくらはちがう たった"いま"をのぞんでる
つらいこともあるさ だけど
はだかこころきみ

あいしていく 太陽たいようげるほど
きていくその日々ひび価値かちなどいらない
ぼくすべてを なにもかもをぶつけていく
たとなにがあっても きみだけははなさない