1. 歌詞検索UtaTen
  2. 小野正利
  3. 朝は窓にこぼれて歌詞

「朝は窓にこぼれて」の歌詞 小野正利

1992/9/9 リリース
作詞
松本一起
作曲
佐藤健
文字サイズ
よみがな
hidden
あさなかたとえばぼくがいなくなっても
どうかみださないでしい

愛情あいじょう微妙びみょうふかまるよ
あらそいがおおいほどに

しあわせがいきなりくずれたり
かなしみが突然とつぜん 微笑ほほえんで

にくしみはあいきしめて
きみぼくまよわせる情熱じょうねつ

あさまどにこぼれて部屋へやきみがあふれて
物足ものたりなさをわすれてしまうよ

あさなかたとえばきみがいなくなっても
それをぼくかなしみにしない

退屈たいくつときなどだれだって
ぼくのことさそえるけど

きみよりも素敵すてきこえなんて
めぐりまえにはなかったね

だれよりもきみ大切たいせつ
背中せなかごしにまよわせる情熱じょうねつ

はなゆかにこぼれてむねなみだあふれて
あい意味いみさえないのにきずつく

あさなかたとえばぼくえていたなら
きみをもっとあいしたいジェラシー

きみはポケットにミラーしのばせて
いつも明日あしただけうつ
もっときみだけをあいしぬくために
だれぼくめられなくて

あさまどにこぼれて部屋へやきみがあふれて
物足ものたりなさをわすれてしまうよ

あさなかたとえばきみがいなくなっても
それをぼくかなしみにしない