1. 歌詞検索UtaTen
  2. 春奈るな
  3. アイコトバ歌詞

「アイコトバ」の歌詞 春奈るな

2017/5/3 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
かぞれない またたほし
ひとつ ひとつ 意味いみっていて
きみおもねがいかけたよる
随分ずいぶんむかしのようだね

すこひろくなった 部屋へや片隅かたすみ
うすれた面影おもかげを ひとりきしめた

おさえきれなくて あふしたのは
いたくてやさしい 合言葉あいことば
大好だいすき』だとか『そばにいる』とか
ほんとうそつきだね
もどれないのなら かなわないのなら
いっそ 全部ぜんぶわすれさせてよ
自由じゆうになって からっぽになって
たされていた日々ひびうそみたいだ

かれて よくあるいた
並木なみきどおいえまでのみち
半歩先はんぽさききみがいないから
まだ 見慣みなれないままだよ

すこ背伸せのびをした ふたりのような
かげぼうしがいまも ずっといてる

ひとりでいるのに さがしてないのに
記憶きおくみつく 合言葉あいことば
『おやすみ』だとか『おはよう』だとか
たりまえだったね
もどれなくたって かなわなくたって
あきれるくらい おもかぶよ
むね傷口きずぐち かさぶたにわって
わすれてしまうのかなぁ? ちょっといやだなぁ

つよがりのような やさしさのような
なみだにじんだ あい言葉ことば
大嫌だいきらい』とか『さよなら』だとか
ほんとうそつきだね
しあわせをって かなしみもって
それでも出逢であえてかったよ
こいしい』は きっと 気付きづかないうちに
いとしい』にわったの きみのせいだよ
沢山たくさんはじめてをくれて ありがとう