1. 歌詞検索UtaTen
  2. 松田真将
  3. 虹が架かる時歌詞

「虹が架かる時」の歌詞 松田真将

2017/4/5 リリース
作詞
松田真将
作曲
本田光史郎
文字サイズ
よみがな
hidden
そつなくこなすあいつがきらいで でも表情ひょうじょうにはさずに
何処どこかでうまくいかなきゃいいのに でも言葉ことばにはさずに

まちあるけば仮面かめんかぶった 道化師どうけしたち行進こうしん
わたしわりはわたししかいないのに わたしじゃないいまきてる

(本当ほんとうは)ただしさや常識じょうしきのぞんでるんじゃないだろう
そらはねひろげ自由じゆうびたいんだろう
したくないことをやめしたいことをしたいだろう
くちにはせない にしたいのは本当ほんとうあいだろう

頑張がんばひとはなわらって 他人たにんさえ見下みおろしてた
自分じぶん正当化せいとうかするだけするほどに がつけば一人ひとりになる

(こえるよ)さびしくてさびしくて一人ひとりつらいんだろう
かなしくてかなしくてぬくもりもとめてんだろう
ここにいるわたしはと 大声おおごえさけびたいだろう
いのるほどねがにしたいのは本当ほんとうあいだろう

わたしわたしきしめて こころとびらかれて
れとあめかえ
やっと自分じぶんもどれた なにいとかわるいとか
そんなことはどうでもいい
色鮮いろあざやかなそのこころむね
にじがかかった

(むねなか)さびしくてさびしくて一人ひとりつらかったよね
かなしくてかなしくてぬくもりもとめてたね
ここにいるわたしはと 大声おおごえさけんでたね
こころのぞんだ にしたのは本当ほんとうあいだろう