1. う・ね・り歌詞

「う・ね・り」の歌詞 織田裕二

1995/12/6 リリース
作詞
工藤哲雄
作曲
都志見隆
文字サイズ
よみがな
hidden
うたたゆめていた
Teenageのおれたちの笑顔えがお……
ませばアナウンスが
りるえきげていた

なつかしい笑顔えがおだった
みんないまごろどうしてんだろう……
夜遅よるおそくの電車でんしゃ
かえ部屋へやつかれてねむ

留守電るすでん彼女かのじょこえ
かけなおすのはやめとこう
今夜こんや弱音よわねそうだから

なみがうねるよ
さびしさの荒波あらなみ
自分じぶんえらんだこのうみおぼれそう

いちゃいけない
てしなくわたるだけ
あきらめることならいつだって出来できるさ

きずついたこころだって
ヤツラといればわらいあえたよな……
それぞれへとふねして
むねっておうとった

あのころはよかったとか
なぐさめなんかもとめない
こぶしを にぎればにぎるほどに

なみがあれるよ
たよりないこのむね
えない明日あしたくるしくてたおれそう

なみだあふれて
なにもかもなくしても
おれらしくあるならほこりに出来できるさ
出来できるさ

なみがうねるよ
さびしさの荒波あらなみ
自分じぶんえらんだこのうみおぼれそう

いちゃいけない
てしなくわたるだけ
おれらしくいるならわらってえるな
えるさ