1. 鏡歌詞

「鏡」の歌詞 菊池桃子

1993/11/1 リリース
作詞
菊池桃子
作曲
菊池桃子
文字サイズ
よみがな
hidden
やっとなみだまった午後ごご
一番いちばんきな ドレス
まちに…た。
かるい…スキップはじめて
わらって…みた。
わたし、ほら元気げんきでしょ?

でもあのみせおおきなかがみ
のぞけばこころ うつってしまう
過去かこ未来みらい今日きょうなみだ
かくせない。

子供こどもだったどお
パパにちいさな ウソついて
だまって…いた
だれも…づかずいたけど
かがみには
うれがお うつったの。

そう あのからつけしたの
かがみ魔法まほう っていること
かがみかがみ いま自分じぶん
たしかめて―。

なに あいするか?
なに もとめるか?
なに めてるか?
すべてがうつる。
かがみかがみ いまわたし
そのままに