1. 遠い5月の真昼の海歌詞

「遠い5月の真昼の海」の歌詞 西脇唯

1995/3/16 リリース
作詞
西脇唯
作曲
西脇唯
文字サイズ
よみがな
hidden
彼女かのじょのことがきだとあなたはってる
ぬるいコーヒーをわたしみつづけてる
なみひかりをあびて ふねはかがやいてる

あなたのどこかがずっとすこきらいだった
だけどそれをわすれるほど きだった
煙草たばこってもいいかな?」なんて そんなことはじめてったね

ちょっとまえまでたのしかったね
もうあんなふうにはわらえないのかな
こんな5がつ真昼まひるうみ
こいのまっただなかにたかったね をつないで

うつむくのはやめようとすわりなおせば
ぶつけようのない気持きもちがよりかかってくる
くもなつのかたちを まどなかつく

さっきべたランチがむねにつかえている
そとにでてかぜにあたりにいこうと
そっと背中せなかをのばして一人ひとり 砂浜すなはまあるきはじめた

いたいときにえたことって
そんなになかったね 都合つごうばかりてた
アキラメナイデ 気持きもちがさわぐ
あなたのつらそうな ほっとしてるかおのとなりで

ずっとそばにいるとってもそれはいつまで?
こいのために2やすむような そんなあなたじゃない

ちょっとまえまでたのしかったね
もうあんなふうにはわらえないのかな
こんな5がつ真昼まひるうみ
こいのまっただなかにたかったな をつないで