1. 歌詞検索UtaTen
  2. 22/7
  3. やさしい記憶歌詞

「やさしい記憶」の歌詞 22/7

2018/4/11 リリース
作詞
秋元康
作曲
大塚剛毅
文字サイズ
よみがな
hidden
せま校庭こうていのフェンスのわき
いてたはな名前なまえ なんてったっけ?
みんならなくて調しらべたんだ
ぼく植物しょくぶつ図鑑ずかん 片隅かたすみってた

わすれることって便利べんりだとおも
クラスメイトのだれかまで
どこかにえてしまったよ

やさしい記憶きおくなんて あやふやで
これ以上いじょう ぼくのこときずつけはしない
かなしいことは きっと勘違かんちが
ひといたのをしんんだだけ
わったことなんかわったままでいいよ

なつ教室きょうしつ日差ひざしのなか
窓際まどぎわきみのこと いつもぬす
なにせず あきになって
やがてこころはなれてしまったよ

おぼえてないのはかなしいからだろう
ぎた月日つきひおもいやり
あの自分じぶんきらいだ

ホントの記憶きおく どこかぼんやりと
せつないベールでまもってくれてる
真実しんじつなんてどうだっていいことなのか?
ひとはそう過去かこ美化びかしてしまうよ
未来みらいはいつだって上書うわがきのためにある

やさしい記憶きおくなんて あやふやで
これ以上いじょう ぼくのこときずつけはしない
大事だいじなことは ある けば
ほんの一瞬いっしゅんだけ おもすものさ
どうでもいいことなんかどこにもないとった