1. 歌詞検索UtaTen
  2. sora tob sakana
  3. ありふれた群青歌詞
よみ:ありふれたぐんじょう

「ありふれた群青」の歌詞

sora tob sakana
2019.3.13 リリース
作詞
照井順政
作曲
照井順政
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ほおつめたいかぜ
季節きせつはとっくにわってるのに
どこにっても なにをしててもはなれない
呪文じゅもんみたいに

これがこいかはからないまま
しまいんでいたドキドキが
ねむれないよる天井てんじょうすみっこでそだっていく

さきわすれたまちなか
あなたの欠片かけらつけたら
不思議ふしぎちから世界せかいさわ
はやづいて

えきのホーム あわただしく
人波ひとなみ ながされていく
どこにっても なにをしててもそれなりに
つづ毎日まいにち

こいというには曖昧あいまいすぎて
しまいんでいた
自分じぶんでもづかなかった
わがままやずるさをかかえてる

うつわる季節きせつ そのはやさに
あなたの言葉ことばかさねたら
不思議ふしぎちからわたしせる
こえかせて

いつからかまっていたわたし時間じかん
もう一度いちどうごした

ねえ、本当ほんとうはどこにいても
あなたの姿すがたさがしてる
魔法まほうはいらない いまならえるかな
すここわいけど
不思議ふしぎちから世界せかい何度なんどでも
はししてく

ありふれた群青/sora tob sakanaへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:ありふれた群青 歌手:sora tob sakana