1. 歌詞検索UtaTen
  2. 初音ミク
  3. 白熱灯と歪曲線歌詞
よみ:はくねつとうとわいきょくせん

「白熱灯と歪曲線」の歌詞

白熱灯と歪曲線 歌詞
初音ミク
2015.3.1 リリース
作詞
蝶々P
作曲
蝶々P
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
れたくない現実げんじつとか
色褪いろあせていくおもとか
心模様こころもようかくれした
ぼくこたえはあののままなんだ

きみらないはなれた場所ばしょ
今日きょういのち消費しょうひするけど
白熱灯はくねつとうらされながら
らめくかげわらいかけるよ

しばけたきみ姿すがた一日中眺いちにちじゅうながめていたい
どんなかおたのまれてもぼくめないけど
その綺麗きれいきみはだけがれたきずをつけてみたい
何処どこてもきみことをいつでもているから

いたらこうなってかた間違まちがって
またぼくあたま混乱こんらん素敵すてき理想りそうまっていく
明日あした天気てんき生憎あいにくあめだって」
かないかおしたきみ

つりげたきみ姿すがた一日中眺いちにちじゅうながめていたい
その行為こういなに意味いみ理由りゆうもないけど
ほそうでくびめてきみなかおぼれていたい
そうじゃないときみことわすれるすべがないから

何度なんどかんがえたよ だけどどうにもならないんだよ
せめて最後さいご言葉ことばだけはつたえておきたかったんだ
何度なんどなやんでたよ やっときみえそうだよ
すべてをかったことにして明日あすそこにくから

そんなかなしそうなかお心配しんぱいしなくてもいいよ
もう僕等ぼくらはあとすこしでらくになれるから
おもいをさとられぬようにぼくいきころして
過去かこきみいまきみげるよ 「さようなら」

あいしていたきみ姿すがた滅茶苦茶めちゃくちゃにしておかないとさ
ぼくなかやさしいきみえてしまうから
だから今日きょう記憶きおくすみきみゆがめてねんげて
きてるけどそんなこと無駄むだだとわかってるから

白熱灯と歪曲線/初音ミクへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:白熱灯と歪曲線 歌手:初音ミク