1. 歌詞検索UtaTen
  2. 矢野まき
  3. 夢を見ていた金魚歌詞
よみ:ゆめをみていたきんぎょ

「夢を見ていた金魚」の歌詞

矢野まき
2001.2.9 リリース
作詞
矢野真紀
作曲
矢野真紀
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
はじめてった金魚鉢きんぎょばち
まつりでとれる金魚きんぎょよわいから
すぐんじゃうってだれってた
今朝けさ一匹水面いっぴきみなもいた きながらそっとひらにのせた

大事だいじにしてた 名前なまえけたのに何故なぜかしら? 金魚鉢きんぎょばちのぞくのこわかった
この部屋へや私以外わたしいがいいのち気配けはいをただすこやしたかっただけよ

一度いちど接吻くちづけすることかった
あかくて無力むりょくなあのくちびる

はじめてった金魚鉢きんぎょばち
まつりでとれる金魚きんぎょよわいから
すぐんじゃうってだれってた
今朝けさ一匹水面いっぴきみなもいた きながらそっとひらにのせた


やけにすずしい 夕焼ゆうやけによくかなしいいろひとりの午後ごごにじんだ
この部屋へやにさげすんだ空気くうきだけをのこしてからっぽのはちわたしわら

何度なんど接吻くちづけしておけばよかった
あまりに非力ひりきわたしくちびる

きっとわたしゆめてたの
それはまだりた世界せかい
かんがえてはじっとむねがしてた
ちいさなからだぶつけながら 必死ひっしでそう、およぎさまよって・・・・

はじめてった金魚鉢きんぎょばち
まつりでとれる金魚きんぎょよわいから
すぐんじゃうってだれってた
今朝けさ一匹いっぴき 水面みなもいた きながらそっとひらにのせた・・・・

わたしのこされた最後さいごなつしずかにった
あなたとごした最初さいしょなつしずかにいきめた

夢を見ていた金魚/矢野まきへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:夢を見ていた金魚 歌手:矢野まき