1. 歌詞検索UtaTen
  2. アンティック-珈琲店-
  3. 夏の終わり歌詞
よみ:なつのおわり

「夏の終わり」の歌詞

アンティック-珈琲店-
2012.8.8 リリース
作詞
みく
作曲
takuya
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
最近忙さいきんいそがしいのかな?すれちがいがおお
ベッドでもべつことかんがえているね

笑顔えがおならんだ河川敷かせんしき しあわせがながれてる
くもったキミの横顔よこがおすこしでもれますように

見上みあげる夜空よぞらがる花火はなび
ひかりのシャワーが二人ふたりらす
とどきそうなそのれたい すぐに
じれったい ah
心覗こころのぞきたい キミをかんじたい
あのそらなが何想なにおもってるの?
キレイとおもってる?
いまくらい ひとつがいい

あふれるおもがギュっと むねなみ
おとこえず とおぎていく

どうしてこんなきなのに 「さようなら」はかぶの?
すこしでもとおくをてたくて ちかくのしあわせにねむ

見上みあげる夜空よぞらがる花火はなび
あのそらなが何想なにおもってるの?
キレイとおもってる?
いまくらい ひとつがいい

不意ふいたキミの言葉ことば きたくない みみふさ

見上みあげる夜空よぞらがる花火はなび
ひかりのシャワーが二人ふたりらす
とどきそうなそのとどかない 二度にど
もう二度にどと ah
花火はなびひかりかがやきのように
一瞬いっしゅんにこのおもいもえたら
どんなにらくだろう
いまくらい むねなかで…
いまくらい かせてしい

夏の終わり/アンティック-珈琲店-へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:夏の終わり 歌手:アンティック-珈琲店-