1. 歌詞検索UtaTen
  2. 大塚浩太朗
  3. 裏町未練酒歌詞
よみ:うらまちみれんさけ

「裏町未練酒」の歌詞

大塚浩太朗
2016.1.27 リリース
作詞
大久保よしお
作曲
岡千秋
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
人生じんせいつまずいて 世間せけんかされた
らくらしの ひとつもやれなかった
一度いちどてた ゆめなのに
今更何いまさらなんおも
あかりがれる 酒場さかば片隅かたすみ
ひとり んでる 裏町未練酒うらまちみれんさけ

どんなにつらくとも なみだこらえて
そんな仕草しぐさ気付きづいてつぶれずまい
いまごろだれらしてる
しあわせならば それでいい
背中せなかいて こころでびながら
おとこ 手酌てじゃく裏町未練酒うらまちみれんさけ

小雨こさめくす よくうしかげ
わすれられずに いまでも名残なごりあめ
ころんできて きずついて
運命さだめかぜみる
暖簾のれんをくぐる 馴染なじみのいざからで
ひとり んでる 裏町未練酒うらまちみれんさけ

裏町未練酒/大塚浩太朗へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:裏町未練酒 歌手:大塚浩太朗