1. 歌詞検索UtaTen
  2. 大塚浩太朗
  3. 裏町未練酒歌詞

2016.1.27 リリース

「裏町未練酒」の歌詞 大塚浩太朗

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
人生じんせいつまずいて 世間せけんかされた
らくらしの ひとつもやれなかった
一度いちどてた ゆめなのに
今更何いまさらなんおも
あかりがれる 酒場さかば片隅かたすみ
ひとり んでる 裏町未練酒うらまちみれんさけ

どんなにつらくとも なみだこらえて
そんな仕草しぐさ気付きづいてつぶれずまい
いまごろだれらしてる
しあわせならば それでいい
背中せなかいて こころでびながら
おとこ 手酌てじゃく裏町未練酒うらまちみれんさけ

小雨こさめくす よくうしかげ
わすれられずに いまでも名残なごりあめ
ころんできて きずついて
運命さだめかぜみる
暖簾のれんをくぐる 馴染なじみのいざからで
ひとり んでる 裏町未練酒うらまちみれんさけ

うらまちみれんさけ/おおつかこうたろう

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:裏町未練酒 歌手:大塚浩太朗

リンクコード:

ブログ用リンク:

大塚浩太朗 人気歌詞ランキング

大塚浩太朗の歌詞一覧を見る