勝鬨 歌詞 古川慎 ふりがな付

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 古川慎
  3. 勝鬨歌詞
よみ:かちどき

勝鬨 歌詞

古川慎

2020.12.23 リリース
作詞
古川慎
作曲
大熊淳生(Arte Refact)
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
うなるようにさわ
歓喜よろこびゆるして
はしつづみおと
無尽むじんうず

そそがれる火炎かえんこえ
ざされたさかずき
わされば夢想むそうかね
まわうれいの

大小だいしょう勘定かんじょう
あきなって
うたがった代償だいしょうなら
(状況じょうきょう上々じょうじょう)
わら
(のたまえ)
いざくは花道はなみち

嗚呼ああ 快刀乱麻かいとうらんまはれ舞台ぶたい
さけいずる意味いみ
不埒ふらちくらいい もう一寸ちょっとだけおどらせて くれ
快刀乱麻かいとうらんま みださわぎ
かざした おのれさが
かがやかす勝鬨かちどき
血潮ちしお途切とぎれるまで

永久とこしえ接吻くちづけて
まれたゆきひなら
刹那せつな流離さすらゆめ
陽炎かげろう

伽藍がらんどうせかけた
唯我ゆいが沙羅双樹さらそうじゅ
まるなら修羅しゅらとなれ
ほこ瞬間いま

相成あいなった哀情あいじょう
たばかって
からまって
うた未来みらい
(状況じょうきょう重畳ちょうじょう)
はら
(あらがえ)
いざのぼあかつき

もう 満身まんしん創痍そうい やぶかぶ
うたあかし
ヤケクソらし たましい脈打みゃくう
いま 快刀乱麻かいとうらんま ぼうそう
まわしたおのれ意思いし
たたきつけてきざ
生命せいめい途切とぎれるまで

相貌そうぼうゆがくも彷徨さまよ
人々ひとびと結構けっこう
くす時代とき狭間はざま
てる

大小だいしょう勘定かんじょう
あきなって
くたばった代償だいしょうなら
(状況じょうきょう上々じょうじょう)
わら
(はいまで)
いざくは花道はなみち

嗚呼ああ 最初さいしょ最後さいごちる
響乱きょうらん 彼方かなた 悲喜ひきのカケラよ
無頼ぶらいなるこえいきげここにさけ

快刀乱麻かいとうらんま みださわぎ
かざした おのれさが
かがやかかす勝鬨かちどき
生命せいめい途切とぎれるまで
はるかにひび

勝鬨 / 古川慎 の歌詞へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:勝鬨 歌手:古川慎