飛騨の月 歌詞 原田悠里 ふりがな付

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 原田悠里
  3. 飛騨の月歌詞
よみ:ひだのつき

飛騨の月 歌詞

原田悠里

2010.9.22 リリース
作詞
つじ伸一
作曲
岸本健介
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
そっとえりあし でてゆく
かぜはあなたの 吐息といきでしょうか
中橋はしわたれば 三之町さんのまち
たずねてました いたくて
ずっとわたしひとりでいたと
どうかつたえて… 飛騨ひだつき

よいまつりに ふたりして
かたむすんだ こころこころ
きっとほどけて いないこと
いまでもしんじて いるわたし
江名子えなこかわかんで ふるえてれて
いてくれてる… 飛騨ひだつき

りょうてのひらわせる 白川郷しらかわ
茅葺やねわたしいのりの姿すがた
あなた以外いがいみなど
本当ほんとうなんにも ありません
ゆめきしめ ってることを
どうかつたえて… 飛騨ひだつき

飛騨の月 / 原田悠里 の歌詞へのレビュー

男性

馬骨

2022/06/17 13:37

飛騨高山に結んだ女性の恋心である・・風が襟足撫ぜて行く、中橋渡れば三之町、特に地名を特定する必要はないかもしれないが、神通川に掛かるのが中橋で、そこを渡ると飛騨三ノ町である、わざわざ訪ねて来たと伝えて欲しい飛騨の月・・飛騨江名子川に映る月影も私の心を知って揺れている、二人の約束忘れていないでしょうね・・両手を合わせる姿は飛騨白川郷の屋根の形そのものです、あなた以外に何もいらない私、どうか伝えて飛騨の月・・通じることを祈る・・

みんなのレビューをもっとみる

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:飛騨の月 歌手:原田悠里