1. 歌詞検索UtaTen
  2. 文月海(羽多野渉),霜月隼(木村良平)
  3. 君に花を、君に星を歌詞
よみ:きみにはなを、きみにほしを

「君に花を、君に星を」の歌詞

文月海(羽多野渉),霜月隼(木村良平)
2016.1.1 リリース
作詞
ひとしずく×やま△
作曲
ひとしずく×やま△
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
大切たいせつきみのために
こころめておくるもの

◆「不器用ぶきようおもいを、
きみとどけてくれ」
ねがめ、えらんだ

◆コトバにして きみ
き」とはえない

◆カタチに
してしまったら、
うしなうのがこわいから

◆だからいまは これが
ぼく精一杯せいいっぱいあいだと、
おもめて…

きみに、幾千いくせんはな
そのにいっぱい、おくって

ぼくだけの特別とくべつ
笑顔はなかせたい

大切たいせつで、まもりたくて、
せつないほどいとしくて…

おもいよ、かぜ
きみらせ

大切たいせつきみのために
こころめておくりたい

◇「世界せかいは、きみ
ぼくのためにある」

◇そんなふう
おもえるようなものを…

◇コトバにして きみ
き」とはわない

◇カタチに出来できるほど、
簡単かんたんおもいじゃないから

◇だからいまは これが
ぼく精一杯せいいっぱいあいだと、
おもめて…

きみに、幾千いくせんほし
そのいっぱい、おくって

ぼくだけの、特別とくべつ
笑顔ほしらしたい

かなしみも、くるしみも、
よろこびも、すべてきみ

ってきたいと
いのめて…

ぼくだけのはなを、
ぼくだけのほし

◆ありのまま、
かざらないきみ
もっとせて?

◇たとえきみこころ
ぼくていなくても

◆◇いつか、きっと
おもいがとどくとしんじて…
幾千いくせんはなを、幾千いくせんほし

◆◇このおもい、とどくまで
何度なんどでもおくるよ

◆◇二人ふたりじめ夜空よぞらした
きみとなりわらっている

◆◇かけがえないとき
ねがめて

◆◇コトバは
いらないから…
ただ、きしめた

君に花を、君に星を/文月海(羽多野渉),霜月隼(木村良平)へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:君に花を、君に星を 歌手:文月海(羽多野渉),霜月隼(木村良平)