1. 歌詞検索UtaTen
  2. 菊池章子
  3. 春の舞妓歌詞
よみ:はるのまいこ

「春の舞妓」の歌詞

菊池章子
2008.4.2 リリース
作詞
萩原四朗
作曲
大久保徳二郎
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
十六じゅうろく
むねいたみは 加茂川かもがわ
よもぎこうより るという
ひとはなしに つまされました
はるはじかし きょう舞妓まいこ

おかうえ校舎こうしゃよ、左様さようなら。
なつかしい制服せいふくぎ、クラスメートに
わかれて、あたしはとうとう舞妓まいこになった。
あけて十六じゅうろく。ああ、あたしのむねにも、
そして加茂かも河原かわらにも……ひとはるは、
おとずれてたんだわ。」

顔見世かおみせ
のぼりはためく ゆきあさ
さとしれの小指こゆび ちぎりしを
おもしては きぬれました
とおはかなない ひとかげ

「あのかたことは、もうわすれましょう。
かんがえていると、たまらなくなって
どうせあたしは、ひとのおもちゃの京人形きょうにんぎょう
こいなど出来でき身分みぶんじゃないわ……」

十六じゅうろく
はるるのに におうのに
八坂やさかはとと たわむれて
ゆめはかいなく てさりました
あかいおこぼの 京人形きょうにんぎょう

春の舞妓/菊池章子へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:春の舞妓 歌手:菊池章子